« 寒桜 | トップページ | 『帝国の慰安婦』裁判 »

2017年1月25日 (水)

明治と軍歌

117日付の、官営「150年祭」、同20日付の「変な歴史認識」に続く安倍内閣の底流にある明治回帰をさぐる3回目の投稿である。自民党改憲案、天皇退位問題、中韓への対立意識など日本会議の思想的背景にもつながるように思える。

 

 以下は、維新にはじまり、明治から昭和にかけて普及した軍歌2題である。兵卒が整列行進する際に斉唱し、塾頭も小学生のころ陣取り合戦などの遊びでよく歌ったものだ。だから歌詞は今でもそらんじている。

 

戦争に駆り立て鼓舞することを目的とした歌詞である。そこに共通しているのが善悪二元論、戦争の正当性(正義)、権威づけ、そして必勝を信じ込ませる楽観視である。

 

     -------------------------

 戊辰戦争で官軍が使った。明治天皇はまだ幼少で政治的・軍事的判断を下したわけではない。薩長土を主体とする東征が朝命であると権威づけたもの。「宮さん」は有栖川宮熾仁親王で東征大総督をいう。

 

宮さん宮さん お馬の前に
ひらひらするのは何じゃいな
トコトンヤレトンヤレナ
あれは朝敵征伐せよとの
錦の御旗じゃ知らないか
トコトンヤレトンヤレナ

 

 作詞されたのは日清・日露戦争より前だが、後世、日露戦争を想起して歌われることが多かった。特に第2次大戦で、放送などで日本の不利な情勢をかくす役割が大きかったとみられる。

 

敵は幾万ありとても 
すべて烏合(うごう)の勢なるぞ 
烏合の勢にあらずとも 
味方に正しき道理あり 
邪(じゃ)はそれ正に勝ちがたく 
直(ちょく)は曲(きょく)にぞ勝栗の 
堅き心の一徹は 
石に矢の立つためしあり 
石に立つ矢のためしあり  
などて恐るる事やある 
などてたゆとう事やある
--------------------------

 国会答弁のペーパに「云々」と書いてあるのを「でんでん」と読み違えてしまう首相にとって、この歌詞はちょっと難しいかもしれない。

|

« 寒桜 | トップページ | 『帝国の慰安婦』裁判 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

政界を中心に、これほどよく使われる「云々」の読み違いは、笑っちゃいました。

ただ、その場にいた他の議員のほとんどがその読み違いに気づかなかったのは、さらに驚きでした

投稿: 玉井人ひろた | 2017年1月25日 (水) 21時00分

あまりひどいせいか、遠慮しているのか?、大手マスコミは伝えませんね。

投稿: ましま | 2017年1月26日 (木) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/69371125

この記事へのトラックバック一覧です: 明治と軍歌:

« 寒桜 | トップページ | 『帝国の慰安婦』裁判 »