« 《危》、天皇はずし | トップページ | 変な歴史認識 »

2017年1月17日 (火)

官営「明治150年祭」

 「明治150年」関連施策各府省庁連絡会議というのが内閣官房「明治150年」関連施策推進室にできる。

 

 平成30年(2018年)は、明治元年(1868年)から起算して満150年の年に当たります。
 明治150年をきっかけとして、明治以降の歩みを次世代に遺すことや、明治の精神に学び、日本の強みを再認識することは、大変重要なことです。
 このため、「明治150年」に向けた関連施策を推進することとなりました。

 

 だとさ。まあ、年を区切って歴史を考え研究する、大いに結構なことだ。だけどお役所がしようとしていることは、記念事業として箱ものづくりとかイベントとかを通じた選挙活動のようなことをしようとするたくらみだろう。

 

 大いにくさしてやろうと思ったが、「明治100年」に際し、歴史学者・色川大吉が自著『明治の精神』の中で、すでに講演でのべたことを書いている。まずそれを紹介しておこう。

 

私は明治維新をまず考えます場合に、のっぺらぼうに百年が連続したという考え方、これは歴史的なものではないと思います。先ごろ佐藤首相が自分の選挙地盤である山口県に遊説にまいりましたときに、選挙民に対して、

 「自分は明治百年の記念の準備をやっている責任者である。わが山口県、長州は偉大な明治の指導者を生み出し、日本の近代史の成功のために非常な恩恵をもたらした郷土である。たとえば高杉晋作は多くの明治の指導者を鍛えたではないか。しかし昔は昔、今は今、昔晋作、今栄作()、栄作の世代が晋作の世代をたたえるときがきた。土地をあげて喜ぶべきではないか」

 「今晋三」にしてもこんな程度だろう。色川は経済の発展や近代化を祝いことほぐ前に、維新は戊辰戦争をはじめ西南戦争で日本人同士が殺し殺される中で生まれ、アジアを舞台に日清・日露・第一次大戦・満州事変・支那事変・太平洋戦争と悲惨な戦争の歴史を繰り返してきた歴史がなかったような扱いにしてしまうお祭り騒ぎを嘆いているのだ。

|

« 《危》、天皇はずし | トップページ | 変な歴史認識 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/69280558

この記事へのトラックバック一覧です: 官営「明治150年祭」:

« 《危》、天皇はずし | トップページ | 変な歴史認識 »