« 逆シビリアンコントロール | トップページ | 寒桜 »

2017年1月23日 (月)

19年ぶりに日本人横綱?

実現すれば19歳の人にとって、生まれて初めての日本人横綱になる。相撲が「国技」だといわれても土俵入りをするのは外国人。これまで、「なんで?」という感じだっただろう。

 

外国人力士が現れたのは1967年、ハワイ生まれの米国人・高見山の十両入りに始まる。もう50年もたったのかという気がするが、国際化は最近の相撲人気をむしろ高めている。

 

高見山が優勝した際は、大統領から祝電が届いた。明るい性格で日本人からも愛されがトランプさんのように高い税金などかけなかった。アメリカ人はいなくなったものの、横綱を独占するモンゴルをはじめ、エジプト、ロシア、ジョージア、ブルガリア、メキシコなどにぎやかだ。

 

その中で幕内下位にいた蒼国来は、内蒙古出身といっても中国に入る。今場所星をかさねて前頭筆頭まで上がりそうだ。いずれは、中国場所復活が話題になるような活躍を期待したい。

 

今回優勝した稀勢の里は、いい意味でも悪い意味でも日本人らしいところが人気のもとであったかもしれない。稀勢の里が尊敬する力士は、と問われて朝青龍と答えた。いやがらずに稽古の相手をしてくれたからだという。

 

その朝青龍。かつて同じ質問に対し魁皇と答えた。理由は、けんか相手の力士と仲直りをするよう風呂の中でこんこんと諭されたこと、だとか。いずれにしても力士の間には国境はない。

|

« 逆シビリアンコントロール | トップページ | 寒桜 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

蒼国来は一人で必死に中国国内での巡業を計画し運動を行っている力士ですが、実現せず何度も涙を流しています。
私の好きな関取の1人です

投稿: 玉井人ひろた | 2017年1月23日 (月) 18時35分

<一人で必死に中国国内での巡業を計画

それは知らなかった。少数民族扱いされているのでなければいいんですが。日本人の応援も必要ですね。

投稿: ましま | 2017年1月23日 (月) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/69345773

この記事へのトラックバック一覧です: 19年ぶりに日本人横綱?:

» 変革できない奴らを放逐しろ! [岩下俊三のブログ]
明治天皇が「神?」と誓約された御誓文に「上下心ヲ一ニシテ盛ニ経綸ヲ行フヘシ」と国家の進むべき途をしめしてあるのを皆忘れているのだろうか。 ちなみに この国会では今上天皇 ...... [続きを読む]

受信: 2017年1月24日 (火) 11時49分

« 逆シビリアンコントロール | トップページ | 寒桜 »