« トランプの打算 | トップページ | 墜落か不時着か »

2016年12月13日 (火)

世間の目

大阪市浪速区のJR新今宮駅のホームで11日に女性2人が突き飛ばされ、1人が線路に転落した事件で、大阪府警は13日、大津市の無職の男(28)を殺人未遂容疑で逮捕し、発表した。「女性の背中か腕を力を込めて触ったらホームに落ちた。殺そうなんて気持ちはない。逮捕されると思い、必死で逃げた」と供述しているという。(朝日新聞デジタル)

 何とも奇怪な事件である。かつて同じようなことがあったかどうか、新聞では報じていないが塾頭は聞いたことがない。動機もなければ説明もできない。「誰でもよかった」「むしゃくしゃして」などという殺人あるいは未遂の理由、塾頭が子供の頃は聞いたことがなかった。

 天下を震撼させるような猟奇事件は確かにあった。しかし無差別殺人といったことは戦争以外にはないと思う。なぜだろう?。

 「世間の目」が機能していたのではないか。向三軒両隣にはじまり、部落・町内でプライバシーより安寧秩序が優先されていたからのように思う。精神疾患のあるような人もそれなりに保護され、注意もゆきとどいていて孤立するようなことはなかった。

 特高刑事などというのも、アカ摘発でそれを巧みに利用していた。その頃と今とでは、どっちがいいだろう。二者択一なら塾頭は迷わず今をとる。

 ただし、テレビ画面で何でもかんでも顔に網をかけたり塗りつぶした○で覆って隠す。この人権侵害の方が気になってしょうがない。

  ****************************
 ★続報で、容疑者は朝鮮籍とのこと。記事は削除しないものの前提が崩れたので全文撤回します。なお、NHKTV・読売新聞等はこの事実を明白にしていますが毎日新聞では日本名のみを発表しており、それだけならこの記事で通ることになります。ただし、報道の在り方として不正確のそしりはさけられず、このような誤解のもとになります。 塾頭 \(*`∧´)/
  ****************************

|

« トランプの打算 | トップページ | 墜落か不時着か »

ニュース」カテゴリの記事

マスコミ」カテゴリの記事

コメント

死者30にも出した「津山事件」(昭和13年)を越える無差別大量殺人は、国内では未だに無いそうですが、人間の精神状態はときに理解不能な行動をするようです。

投稿: 玉井人ひろた | 2016年12月13日 (火) 17時29分

津山事件というのはよく知りませんが、理由もあり予測もできた、むしろ「猟奇事件」というべきで、最近の誰も予測できないような突発的殺人とは、ちょっと違うような気がします。

そういえば「帝銀事件」、これは予測不能の大量殺人です。やっぱり一種の猟奇事件ですね。

投稿: ましま | 2016年12月13日 (火) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/68823895

この記事へのトラックバック一覧です: 世間の目:

« トランプの打算 | トップページ | 墜落か不時着か »