« 本当はこわい韓国の危機 | トップページ | 天変地異とカルト »

2016年11月22日 (火)

足るを知る

  禍莫大於不知足――「禍(わざわ)いは、足(た)るを知らざるより大なる莫(な)く」と読む。中国の古典『老子』の中の一節である。西欧では、16日の記事「かけつけ警護、やっと社説に」で、クラウゼビッツの「戦争論」がナポレオンの時代から、戦争の実態・本質をついた名著として読み継がれているということを書いた。

 ところが中国では、何と紀元前5~6世紀頃に現代でも通用する兵書を孫子が書いており、上の老子も戦国春秋時代を背景に、鋭い観察眼で戦争の実態を明らかにする戦争論というべき文章を残している。江戸時代の武士は論語など「四書五経」を教養の糧とした。

 しかし、現代では軍事をつかさどる政治家には全く通用しない。これは、日本の安倍首相や稲田朋美防衛相もさることながら、中国の習金平主席でさえ心得ているかどうかはなはだ心もとないと言わざるを得ない。老子については、4年前に本塾で「老子の訓え」を書いているので、参考までにリンクしておく。

 冒頭の文意は、既に足りているのにそれを知らず、欲張って身の丈以上のことを成し遂げようとすると必ず失敗するということである。囲碁の金言「むさぼるなかれ」と同じ意味だ。同文の前後を含め、金谷治『老子』講談社学術文庫では、こう解説する。

 世界じゅうに道理が行われて平和であるときは、早馬は追いやられて畑の耕作に使われるが、世界じゅうに道理がなくなって乱れたときには、軍馬の活動が都の近くでも起こるようになる。

 戦争のもとはといえば、それは諸侯たちの私的な欲望だ。欲望をたくましくするのが、最大の罪悪であり、満足を知らないのが最大の災禍であり、物をむさぼりつづけるのが、最もいたましい罪過(あやまち)である。だから、満足を知るというその満足こそは、永遠に変わらない誠の満足なのだ。

 日本は日清戦争に勝ち、日露戦争に勝った。両戦争とも「自衛のため」という理屈は、苦しいながらも立たないわけでもない。しかし、第一次大戦で敵ではない中国の山東半島のドイツ租借地を攻撃、青島を占領して日本の利権獲得を目指す「対華21カ条要求」を中国につきつけた。

 それでは足りず、満州で鉄道爆破という自作自演のもと満州事変を起こして傀儡政権・満州国を作り、事実上日本の版図にしてしまった。その結果が第2次大戦の敗北につながっていく。まさに「足るを知らなかった」のである。

 ソ連は、アフガニスタンで手痛い失敗をし、崩壊に導かれた。アメリカは、オバマになってそれに気が付き始めているが、トランプに変るとどうなるか。日本はとっくに「足るを知る」境地になくてはならないが、大国主義で中国と張り合って真の満足から遠ざかり、痛ましい罪過の繰り返しになるこ知らないでいる人が多すぎる。

 どうだろう。中国古典に親しみのある日中韓で、「老子研究会」でも開催したら――。
 

|

« 本当はこわい韓国の危機 | トップページ | 天変地異とカルト »

東アジア共同体」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

釈迦の遺言のお経「仏遺教経」の中に、「知足の者は賎(いや)しとも雖(いえど)も富めり」「不知足の者は富めりと雖(いえど)も賎(いや)し」と言うのが有ります。

孔子のお言葉に「足ること知るものは心安らかなり」と教えています。

どちらも「足るを知る」の語源となっているようで、
ですから人によっては「禅(仏教)」の言葉とする場合と「論語」だとする場合がでるようです。

いずれにしても、頭の良い人は同じことを考えるのだと感心します。

ちなみに最も年上(早く生まれた)の釈迦のようです。

投稿: 玉井人ひろた | 2016年11月28日 (月) 08時30分

皆同じ頃の人のようですが、実在したかどうかには諸説があってわからない。しかし確実なのは文献に残されていたことでしょう。お経も日本に伝わってきたのは漢文でした。

「不知足研究会」として日中韓のほかインドも加えた方がいいですね。儒教の北朝鮮も希望すれば歓迎。

投稿: ましま | 2016年11月28日 (月) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/68540401

この記事へのトラックバック一覧です: 足るを知る:

« 本当はこわい韓国の危機 | トップページ | 天変地異とカルト »