« 「世界異常事態宣言」だよ! | トップページ | 日本→電通、韓国→サムスン »

2016年11月 6日 (日)

小泉と菅が組めば

 「変り映えしない」というのは民進党のためにある言葉のようだ。前回、世界の政治が前例を見ないほど激変をしていることを書いたが、選挙民が思い切った変化を期待し、候補者も善悪は別としてそれに何とか答えようと懸命になっている姿はうかがえる。

 小池百合子の対抗馬として、蓮舫も目覚ましい変身ぶりを見せるかと期待したが、民主党を崩壊に導いた野田を幹事長に据えたことで、「こりゃあいかん」とさじを投げた。本年度中に解散総選挙という噂は半ば真実味を帯びている。

 それは、安倍首相の任期延長と改憲にめどをつけるためだ。自民党にははっきりした目標がある。しかし、最大野党には、それに匹敵する政治目標や対抗軸が見えない。意地悪い見方をすれば、安倍独走に手を貸しているのかとさえ思う。

 最近、野田元首相と、党名を「生活」から以前の「自由」に戻した小沢一郎が会談したという話がある。小沢の手腕にまだ未練を残しているのである。民主党を崩壊させた元凶が両人である。小沢が装いを新たにしたからといって、賞味期限が延びるとも思えない。

 前原誠司も代表選前に小沢と会っていたようだが、共に全盛期の小沢を知っているとはいえ、そんな古株に頼るという魂胆が情けない。同じ古株なら、小泉と菅元総理というのはどうだろう。新党の起爆剤になるかも知れない。

 以下、菅氏のホームページ(2016-11-05)よ り。

「民進党が政権につけば、全ての原発を停止させ、順次廃炉する」を次期総選挙の公約とすべきだ。

これまで民進党は2030年代原発ゼロを公約してきたが、これでは再稼働をいつまで認めるのか不明確であった。福島原発事故から5年半以上経過し、原発が1基も稼働しなくても電力は不足しないことが証明された。しかも原発は放射能汚染の危険があり、コストも高いことも証明された。次期総選挙では即「原発ゼロ」を公約に掲げるべきだ。

小泉元総理は民進党が即「原発ゼロ」を掲げれば自民党も変わらざるを得なくなると見通しを述べている。この問題はイデオロギーの問題ではない。自民党にも経済界にも原発ゼロの考えを持つ人はいる。原発を続けることは子や孫の世代に放射能の危険と経済負担を残すことになることは誰の目にも明らかになってきたからだ。政治家は国民全体の利益を考えるべきで、一部の業界の目先の利益を優先して、後世に禍根を残すべきでない。

  産経新聞 2016.11.4
 小泉純一郎元首相は4日、新潟市のりゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館で開かれた市民団体主催のシンポジウムで「日本の歩むべき道」をテーマに講演した。詳報は次の通り。

まさか米山(隆一)さんが(新潟県)知事選に当選するとは思わなかった。選挙が始まる直前まで、自民党と公明党と連合が応援する候補者でないと勝てないという見方が中央政界で圧倒的だったんですよ。鹿児島県では現職を新人の三反園(訓)さんが破り、保守系が強い新潟でもパッと出た米山さんが勝った。

 米山さんへの批判と同じように、(私も)首相を辞めたとたんに「原発ゼロは無責任」と言われたが、福島第1原発事故の現実を見て変わった。米山さんは、この決意をしっかりと胸に秘め、新潟から原発政策を変えるんだ、原発ゼロにするんだという主張を強めてほしい。(次期衆院選への)影響は大きく、野党が候補を一本化し、原発ゼロを争点にしたら、与党は負けますよ。

 (高レベル放射性廃棄物の最終処分場の建設が進む)フィンランドの「オンカロ」を視察した。岩盤でできた島の地下約400メートルに埋設するところで、2キロ四方の広場を作って廃棄物を埋め、10万年近く人の体に触れずに保管しなければならない。原発2基分の核のゴミしか埋める容量はない。他の国で受け入れるのは不可能だ。

|

« 「世界異常事態宣言」だよ! | トップページ | 日本→電通、韓国→サムスン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

小沢、鳩山と並ぶ民主3大戦犯の菅など持ってきてどうするのですか。
国民的嫌悪感では小沢と並び、無能さでは鳩山といい勝負。今じゃ元の無責任な市民活動家ぶりを全開させてます。
あと小泉はもう自民内ではまったく相手にされていません。影響力もありません。反原発に染まったため今じゃ元の変人に逆戻り。民進に移ったとしても付いていく人は誰もいません、進二郎も行ったら終了。

投稿: ミスター珍 | 2016年11月 6日 (日) 21時07分

民主党には足を引っ張ることだけが得意な人が多く、安倍周辺と全く逆でした。今考えると鳩山・菅の方向付けが正しかったこと思えることがたくさんあります。

菅・小泉コンビができるとは思いませんが、そのくらい意表を突く政治家がいないということです。

投稿: ましま | 2016年11月 7日 (月) 08時30分

以前の自民党には派閥争いと言う形で、党内与野党争いみたいなものが存在していましたが、その反発勢力が独立して党をつくったことで今の様な反対派が無い自民党が出来上がった気がします。

その派閥の力を弱めた人こそ小泉氏と当時のマスメディアだった気がしますが、違いますかね?

いずれにしても、“面白い政治家”が居なくなりました。

投稿: 玉井人ひろた | 2016年11月 7日 (月) 08時43分

「その派閥の力を弱めた人こそ小泉氏と当時のマスメディア」、その通りですね。今、派閥領袖といってもすぐ顔と名前が出てこない。

昔の人を買っているわけではないが、政治「家」として存在感のある人がいなくなったことだけは間違いなさそうです。

投稿: ましま | 2016年11月 7日 (月) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/68283437

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉と菅が組めば:

« 「世界異常事態宣言」だよ! | トップページ | 日本→電通、韓国→サムスン »