« 続・軍事衝突の火種 | トップページ | 退位に慎重だった皇后 »

2016年10月19日 (水)

差別語「土人」

 「琉球新報」(10/19電子版)によると、沖縄のヘリパッド建設現場でフェンスにつかまり抗議している市民に対し、規制にあたっている機動隊員が、「どこつかんどんじゃ、ぼけ。土人が」と発言、これを市民が記録していた動画で取材記者が確認した。

Photo  「土人……」(どじん)、いや、懐かしい言葉を聞くものだ。識者らが差別発言と批判しているというが、記者も辞書をひいて確かめたらしい。戦時中は、主に腰みのひとつで暮らす南洋諸島の原住民をさしていった。悪意はなくとも明らかな差別語である。

 当時の人気漫画主人公「冒険だん吉」少年も、腰みのをつけて王冠をかぶり、南洋小島の王さまになる、そしてて住民に愛され親しまれるという筋だ。本土から応援にきたらしい巻き舌ぎみの機動隊員は、まさかそのマンガは見てないだろうが……。

|

« 続・軍事衝突の火種 | トップページ | 退位に慎重だった皇后 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

冒険だん吉のこの一コマは私も実際に見た覚えがあります。カルピスの旧ロゴが廃止になったころから
聞かなくなった言葉のように思えます。

確認しましたが、大阪府警からの派遣隊員のようで、これだけハッキリと言葉と顔を流されては反論の余地がないでしょう。

これに対し、国や直属の大阪府はどんな態度に出るのでしょうか?

投稿: 玉井人ひろた | 2016年10月19日 (水) 14時52分

そういえばカルピスがポスターにも使ってましたね。広告に悪意はないのでしょうが、大阪から沖縄へ行って「ボケ」とか「土人」といった心の底が問題です。

官製ヘイトスピーチに当たりますね。

投稿: ましま | 2016年10月19日 (水) 20時18分

ちびくろサンボやカルピスや漫画の土人は、使った方は、知らないだけで、悪意はなかったのだろうと思います。
一方、昨晩のニュースで見た、20代の大阪府警の機動隊員が使った「土人」には、明らかに差別や嫌悪の気持ちが含まれていたので、見ていて、こちらも気分が悪くなりました。
ヘイトスピーチは、ヘイトクライムにつながります。
大阪の松井知事は、悪意の芽を摘むように、より厳しい態度で望むべきなのに、「出張ご苦労様」などと、ねぎらっているのですから、あきれます。

投稿: 金木犀 | 2016年10月20日 (木) 11時56分

そういえば「ダッコちゃん」というグッズもありました。

「土人」とは全く別の世界です。

投稿: ましま | 2016年10月20日 (木) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/68018681

この記事へのトラックバック一覧です: 差別語「土人」:

« 続・軍事衝突の火種 | トップページ | 退位に慎重だった皇后 »