« 漢字文化 | トップページ | 安倍嫌い・増殖中 »

2016年9月30日 (金)

司法権と<大津事件>

 福岡高裁那覇支部は、沖縄県知事が行った辺野古沖の埋め立て承認取り消しについて、それを違法とする国の主張を受け入れた。県は、判決理由が一方的に国の主張そのままをコピーしたもので、県民が何度も確認し合った民意が公益に反するというのは納得できない、と上告する。
 
 もう一つ、菅直人・元首相が、安倍首相が発信したメルマガに「やっと始まった海水注入を止めたのは、なんと菅総理その人だったのです」というニセ情報を流した件で同首相を相手に起こしていた名誉棄損訴訟である。裁判所は、その事実を認めながら訴えを退ける判決を下した。

 菅元首相は、焦点をずらしたおかしな判決だとしてこれも上告して最高裁にいくことになった。塾頭は、残念ながら双方ともこういう結果を予想していた。内閣の指名で天皇が任命する最高裁長官や、その長官の指名する名簿に基づいて内閣が任命するその他の裁判官。お友達中心人事がすっかり根付いた安倍人事のもと、反抗できる役人はいなくなったようだ。

 現行憲法は《司法権の独立》を司法条項のまっさきにかかげている。しかし、政治に任免権をにぎられ、その意に添うような仕事をするようでは、絵に描いた餅にすぎなくなる。明治憲法には任命に関してこまかい規定はないが、「司法権ハ天皇ノ名ニ於テ法律ニヨリ裁判所之ヲ行フ」とある。

 明治憲法でも使っているこの司法権、「天皇の名」から「独立」に変ったが、その伝統は生きているものと思っていた。その伝統というのは「大津事件」である。

 塾頭は、これを取り上げてみようと思った。しかしまてよ、大津事件はだれでも歴史の時間で習っているだろうし、テーマにはならないな、と考えた。

 ところが、戦後の日本史ブームのきっかけを作った中央公論の『日本の歴史』全26巻で、その時代を担当した有名な史家・色川大吉氏の「近代国家の出発」には載っていない。目を皿にして見たが目次にも索引にもない。

 さらに、書棚にあった高校の副読本『資料日本史』だが、これにもない。司法の独立を語る時、必ず語られる史実がなぜか全く抜け落ちているのだ。すると、本塾の教科からは落とせないな、ということになった次第。

----------------
 大津事件(おおつじけん)は、1891年(明治24年)5月11日に日本を訪問中のロシア帝国皇太子・ニコライ(後のニコライ2世)が、滋賀県滋賀郡大津町(現大津市)で警備にあたっていた警察官・津田三蔵に突然斬りつけられ負傷した暗殺未遂事件である。当時の列強の1つであるロシア帝国の艦隊が神戸港にいる中で事件が発生した。

 小国であった日本が大国ロシアの皇太子を負傷させたとして、「事件の報復にロシアが日本に攻めてくる」、と日本国中に大激震が走った。明治天皇は、急遽勅使を派遣、追うように京都の病床に皇太子を見舞うため下向した。

 学校は謹慎の意を表して休校となり、神社や寺院や教会では、皇太子平癒の祈祷が行われた。ニコライの元に届けられた見舞い電報は1万通を超える。

 日本政府は、事件を所轄する裁判官に対し、旧刑法116条に規定する天皇や皇族に対して危害を与えたものに適用すべき大逆罪によって死刑を類推適用するよう働きかけた。伊藤博文は死刑に反対する意見がある場合、戒厳令を発してでも断行すべきであると主張した。

 これに対し、時の大審院院長(現在の最高裁判所長官)の児島惟謙は「法治国家として法は遵守されなければならない」とする立場から、「刑法に外国皇族に関する規定はない」として政府の圧力に反発し、普通謀殺未遂を適用、無期徒刑の判決を下させた。

 日本政府内では外務大臣・青木周蔵と内務大臣・西郷従道が責任を負って辞職し、6月には司法大臣・山田顕義が病気を理由に辞任した。また、一般市民の中で死を以って詫びるとし京都府庁の前で剃刀で喉を突いて自殺したものまででた。

 一方、この事件で津田を取り押さえるという功績を挙げた人力車夫、向畑治三郎と北賀市市太郎の二人は、事件後18日夜にロシア軍艦に招待された。この際、ニコライの要望により、正装ではなく、あえて人力車夫の服装のままで来るように要請された。

 そこでロシア軍水兵からの大歓迎を受けた。そしてニコライから直接聖アンナ勲章を授与され、当時の金額で2500円(現代の貨幣価値換算でおおよそ1000万円前後)の報奨金と1000円の終身年金が与えられた。日本政府からも勲八等白色桐葉章と年金36円が与えられた。
-----(参照・Wikipedia、『日本現代史小辞典』ほか)

|

« 漢字文化 | トップページ | 安倍嫌い・増殖中 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

那覇支部ですが、政治判断をしているのですから裁判官としは失格というか、明らかな越権行為。

津田ですがWikipediaではサーベルで切り付けたとあるが日本刀の間違い。
当時の警察官はサーベルを持っていたが武器としては警棒よりも貧弱で、奪い取って膝を使って簡単にへし折れるとは、私の父の経験談。
津田は西南戦争に従軍していた元軍曹で、日本刀の扱いには慣れていたのでしょう。
司法の独立ですが、津田は収監されてすぐに病死しているが、・・・超法規的な殺害であった可能性もあります。何しろ、100年以上も昔なので今の日本の常識が通じません。
フィリピンの今の大統領ですが、自国の300万人の麻薬常習者を全員殺すと言っていましたよ。

投稿: 宗純 | 2016年10月 1日 (土) 11時58分

津田がサーベルでというのは明らかに間違いでしょうね。

子供の頃ですが、巡査とか退役軍人の准尉などサーベルを持っていました。さやから抜かない方が防具や杖のように使えた。

現役将校は日本刀です。威張っていました。戦後、警官が警棒を持つようになって、みすぼらしい感じがぬぐえませんでした。

投稿: ましま | 2016年10月 1日 (土) 12時43分

歴史を読むと、明治維新以降に、軍人や警官に帯刀が許され、その当時は西洋式サーベルを義務付けたようですが、あまりに薄っぺらのため日本刀をサーベルにしたもの、つまり「日本刀仕込みのサーベル」が主流となったようですね。
ただ、所持できるのは軍隊では原則として将校以上(少尉以上)だったようです。ちなみに軍刀がサーベル形式じゃなくなったのは昭和10年以降だそうです。

津田三蔵の場合、軍曹だったので軍刀を持っていたかどうかは不明ですが、少なくても明治18年に不祥事をお越し警察を免職になった人物で、復職したときは下っ端の巡査だったので日本刀仕込みのサーベルの所持は許可される階級じゃなく、「官給サーベル」しか所持できなかったはずですので、切りつけたのは安物支給品のサーベルの可能性が高いと思います。

事件そのものも切りつけたのではなく、サーベルを向けただけだったという記述もありました。

投稿: 玉井人ひろた | 2016年10月 2日 (日) 19時03分

向けただけで「無期徒刑」、これもおかしな話で、真相は闇の中。だから権威ある歴史書や教科書に載っていないのでしょうか。

日本刀、サーベルはどちらでも負傷を負わすことができるのでその違いは本筋を左右する程ではないが、負傷してないというのは、歴史ねつ造になりますね。

なお、家には権威ある年表が3冊ほどありますが全部「負傷」と出ています。

投稿: ましま | 2016年10月 2日 (日) 20時10分

そのころの国際状況から言えば、日本にとってロシアは、雲の上の大国ですから、サーベルを抜こうとしただけでも大きな国家問題になったことは間違いないとおもいます。
ただ、国内的にはそれでは(攘夷派残党)不満が残りますから大げさにした可能性が高い気がします。

その内、竜馬暗殺のように、ケネディー暗殺のように、また新事実が出てくるのでしょう。

いずれにしても政治がらみの歴史は、捏造が当たり前と考えたほうが良いようです。

投稿: 玉井人ひろた | 2016年10月 3日 (月) 08時54分

私は明治21年創業の社史を書いたことがあります。この頃は今以上に地方メディアが活発で、日記・手紙その他古い土蔵などから発見されたりする資料は少なくありません。

細かくはともかく、人目にさらされる社会問題を大筋でねつ造することなど不可能だと断定します。

歴史は多角的に多くの史料を照らし合わせながら作るものです。そうでないのを「陰謀論」といいます。

投稿: ましま | 2016年10月 3日 (月) 09時35分

またまた 玉井人ひろた紙が怪しい俗説を吹聴しているのですが、テロに使われた凶器は日本刀であったことは史実として明らかです。サーベルは不適当。使い物になりません。

自衛隊の新しく作ったエンブレムが、なんと抜身の日本刀と鞘が交差した禍々しい代物だったが、
その事実を記事に書いた私のブログ記事に対して低能ネットウヨが『よその国でも剣が描かれている』とのお馬鹿コメントを送っていたが、
欧州など歴史がある国では軍の象徴としてサーベル等が描かれているが、日本とは大きく意味が違っている。
サーベルの意味ですが、これは武器ではなくて単なる『飾り』なのですよ。
そして昔の警察官がサーベルを持っていたのも全く同じ意味。
これは江戸時代の十手と同じで、武器として持っていたわけではないのです。
話は逆で、日本国では昔から現場の警察官から武器を奪っていたとも解釈できるのですから面白い。

サーベルは武器ではないが、ところが日本刀の場合には話が違う。
日本国に限っては何と第二次世界大戦時でも白兵突撃などでは立派な武器として使っていたのですから無茶苦茶。
西南戦争では薩摩の西郷軍からの日本刀による切り込み対策として警視庁などが元会津藩士などからなる抜刀隊を編成して対抗していた。

投稿: 宗純 | 2016年10月 3日 (月) 10時30分

第二次世界大戦時の突撃などは、歩兵銃の先に装着した銃剣を使っていました。その訓練は中学生でもやっています。

サーベルは退役准尉が持っていましたが、指揮棒とか敬礼の答礼用に使っていました。

下士官までは、軍服で正装する場合ベルトをつけますが、銃剣が装着されるようになっています。

投稿: ましま | 2016年10月 3日 (月) 13時05分

戦場での兵隊の様子は塾頭の仰る通りでございますし、私も承知しております。

私は単に(明治23年に警察の階級制度が改変された)明治24年というときの、最下位階級巡査であった津田巡査の事だけについてのコメントだったのですが、話が発展してしまいました。(happy01

国家を揺るがす大事件であり、複数の目撃があったので塾頭の仰る通り忠実に記禄だと思いますので、記述通りサーベルだったのでしょうと思った次第です。あしからず。

投稿: 玉井人ひろた | 2016年10月 3日 (月) 20時03分

本来ならこれはブログ管理者の仕事なのですが、・・・
常識ある大人の知識人であるましまさんには、
そのまともな常識が逆に邪魔をしてしまい、荷が重いようなので、僭越ながら、

HN玉井人ひろたなる不愉快な人物のコメントは到底見過ごしには出来ないでしょう。
>『話が発展してしまいました。(happy01)』
は、事実とは違いすぎる。
そもそもサーベルなど、この投稿記事内には1言も無いのですから、
記事に対してコメントしてのではなくて、これは私のコメントへの言及であり。
それならこの投稿: 玉井人ひろた | 2016年10月 3日 (月) 20時03分
は私のコメント宛だったと解釈できる。
それなら>『あしからず。』と言葉は失礼すぎるでしょう。
この人物は、自分の発言の信憑性が無いことを、
最初から知っていたのですよ。
ところが何度もコメントして読者を間違いに誘導しているのですから、とんでもなく悪質である。
過失や誤解なら、『悪しからず』でも構わないだろうが、
故意犯(愉快犯)なのですから、自分の悪事が暴かれたときは『すいません』とか「申し訳ございません』であろう。
『悪しからず』ではなくて『悪かった』である。
『国家を揺るがす大事件』の場合には多くの怪しい伝説が生まれるのは当然であり、ネットウヨの同類項のお馬鹿な田母神のようなヨタ話説も当然生まれるのだが、それを吹聴するなど恥以外の何物でもない。
しかし頭が空っぽで目が節穴の可哀そうなネットウヨとか田母神の場合には自分で『正しい』と頭から信じていたから主張しているのだが、
玉井人ひろた2016年10月 3日 (月)は『間違い』だと知っていて主張していたのですから、別次元。
悪質な印象操作というや低級なプロパガンダというか。到底許される限度を超えている。

投稿: 宗純 | 2016年10月10日 (月) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/67738783

この記事へのトラックバック一覧です: 司法権と<大津事件>:

» それでも“有罪” [つぶやき古道(コミチ)]
前福島県知事氏(前全国県知事会会長)が木戸ダム工事での汚職問題で逮捕され事件は東京地裁で二審の結果も有罪の判決が出てしまいました。しかし、前回の一審の内容と大きく変わったところが有ります<前回一審の判決での報道> 検察側は、「知事の職務権限を悪用し、県民の犠牲... [続きを読む]

受信: 2016年10月 1日 (土) 22時20分

» このお話、どう思いますか?(知事抹殺) [つぶやき古道(コミチ)]
昨年の12月、福島県の会津若松市で行われた「会津のつどい」という、前佐藤栄佐久福島県知事の著書「知事抹殺」という本の出版記念の集会が行われました。 前佐藤栄佐久知事はダム建設においての収賄容疑で一審判決は有罪。しかし、そのときマスコミなどでも大々的に解説報道さ... [続きを読む]

受信: 2016年10月 2日 (日) 19時10分

« 漢字文化 | トップページ | 安倍嫌い・増殖中 »