« 日教組 | トップページ | 象徴天皇③ »

2016年8月13日 (土)

ここまで堕ちたNHK

稲田大臣は例年、終戦の日の8月15日に靖国神社に参拝していますが、ことしは外国訪問中となることから、終戦の日の靖国神社参拝は行われないことになりました。

 これは、今朝のNHKニュースそのままである。外国訪問というのは、13日から16日までの4日間の日程で、ソマリア沖の海賊対策のために派遣されている海上自衛隊の部隊を視察するためである。

 「外交関係」ととられやすいが「外国訪問中」という言葉でごまかしている。これは自衛隊視察という、防衛大臣の権限内のことではないか。そこまでして取り繕う大臣に、ネトウヨが黙っているのがおかしい。

 内閣改造で防衛大臣になったばかりの稲田が、恒例にしている靖国参拝をやめることは近隣諸国の反発を招くとという理由でストップすることは、すでにや多くのメディアで報じられていた。NHKの言い回しは、戦中、太平洋諸島から米軍の猛攻で退却し続けたことを「転進」と表現した大本営発表と本質的には全く同じ。

 つまり、権力の体面をつくろうため、公器を利用して「ウソ」を平然とつくようになった、ということである。NHKは、ここに来て「堕ちた」というより、「そら恐ろしい」段階に達していると塾頭は断言する。

 かつては、民放を見ていても、正午や午後7時には必ずNHKにチャンネルを切り替えた。腕時計の針を時報に合わせることと、政治や社会、世界の動きなど大ニュースを、項目として見逃さないためである。

 つまり、新聞の1面の役割があったし、民放より正確だという感触があった。それが、最近は事故とか殺人だとか地方版ネタを思わせるニュースがトップで、政治関係は他紙で扱っている記者発表ものでさえ省略する。

 受信料負担に不満があっても不払い運動なんかに加担する気はしなかったが、最近は、娯楽番組の内容は民放なみ、報道や天気予報の量質とも民放が上で、受信料を払う理由が全くなくなった。

 政府自民党の中には、受信料を下げて支払いを義務化、つまり税金化しようという動きがある。「安くなるのなら」とこの案に飛びつくレベルの低い国民はいない、と信じたい。

 だが、自民党に過半数以上を与えると、こんな心配もしなくてはならなくなる!。

|

« 日教組 | トップページ | 象徴天皇③ »

マスコミ」カテゴリの記事

コメント

日本放送協会とは、確かに総務省が所管する放送事業特殊法人という公のものですが、メディアの規範となる立場でもあろうと思います。

そこが、お役所の広報になってるようじゃ、民報だってレベルが下がるだけだと思います

投稿: 玉井人ひろた | 2016年8月16日 (火) 17時53分

予算と人事を政府が握ってしまう仕組みができてしまっているようです。
昔の政治家はこんなはしたないことはしなかった。angry

投稿: ましま | 2016年8月16日 (火) 18時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/66976705

この記事へのトラックバック一覧です: ここまで堕ちたNHK:

» 前代未聞のNHK緊急速報 [つぶやき古道(コミチ)]
きょうの昼ちかく、NHKのオリンピックライブ放送中に、緊急速報を知らせるチャイムが鳴りました。 何事かと、まただれか有名人が亡くなったか、金メダルの話しか?と興味津々で視ていたら、そこに流れた緊急速報の内容は・・・ ことし4月から6月までのGDP(=国内総生産... [続きを読む]

受信: 2016年8月16日 (火) 17時47分

« 日教組 | トップページ | 象徴天皇③ »