« 慰安婦問題とオリンピック | トップページ | AI、やっとベスト10入り »

2016年8月26日 (金)

民進党が見えない

 佐藤千矢子毎日新聞論説委員は、26日付同紙のコラムで普天間基地の辺野古移転について、与党内からも移転先について「考え直さなければ」という意見が出始めた、と書いている。

 本塾は6日付で「蓮舫氏に期待する条件」、16日付で「安倍首相の変身があるか?」を上げた。いずれも民進党に向けたものだ。

 「安倍首相の変身があるか?」は、核兵器廃絶の機運が、国内外に高まってきた背景のもと、それに乗るのが安倍延命策に有利と見れば、「核の傘論」に固執せず変身するかも知れない、そうすれば、民進は遅れをとって自・公の後塵を浴びることになる、という内容だった。

 冒頭の、与党内における辺野古移転断念論は、どういう筋の誰が行っているのかわからないが、アメリカが辺野古移転しかないように言っているのは、米軍の都合というより日本政府による強硬姿勢の足をすくうようなことはできない、という底流を知っているからに違いない。

 民進党も、民主党時代の鳩山首相失脚トラウマもあって、辺野古移転反対を公約できず、「賛成」のままだ。与党が先に方向変換したらもうだめだ。安倍延命の思惑通りになり、政権交代はなしになる。

 自民の新・二階幹事長は、安倍人事では考えられなかった親中・親韓を建て前とする議員の起用だ。女性天皇容認を説き、天皇生前退位の意向にそえる皇室典範改正にも積極的な発言もしている。

 そんな時に、「岡田さんは好きだけど、つまらない男」発言はないだろう。国民は、民進党に怒っているのを忘れてないか。蓮舫さんは、期待しているだけにがっかりだ。

|

« 慰安婦問題とオリンピック | トップページ | AI、やっとベスト10入り »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

生真面目すぎてつまらない男、というの、わかります。
その前に、「岡田代表が大好き」って言っているのに、言葉って難しい。
私も、実はジョークとして同じ意見だし、ご本人も気にしてないといっているのに、「つまらない」が独り歩きしてしまったのかな。
高倉健さんの「不器用な男」同様の、褒め言葉と思ってましたが(笑)

他にもたくさん話した中で、ちょっとしたジョークが、そこだけ取り上げられてしまったのではないかと、少しお気の毒ですが、
「二位じゃダメですか」みたいに、気持ちと口に出てくる言葉が、誤解を受けやすいようなので、そこだけは気をつけてほしいなと思いました。

投稿: 金木犀 | 2016年8月27日 (土) 13時13分

しっかりしたパンチの利いた政策を表明上でのジョークだとよかったんでしょうが、民進党は票読みでは生き返れないところまで落ち込んでいるということを自覚しいほしかったのです。

投稿: ましま | 2016年8月27日 (土) 16時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/67191466

この記事へのトラックバック一覧です: 民進党が見えない:

» 民進党はどこへ行く [飯大蔵の言いたい事]
 政権交代を果たしたのは民主党だが、民進党も同じ事を目指すという。その路線が国民の支持を得ていない、と言うか徹底的に嫌われていることは明白なのだが、民進党の幹部たちは意識していないのだろうか?... [続きを読む]

受信: 2016年8月27日 (土) 01時34分

« 慰安婦問題とオリンピック | トップページ | AI、やっとベスト10入り »