« NHK人事、日本会議は「誤解を受けるから」 | トップページ | 「中国の脅威」の正体 »

2016年7月28日 (木)

無題

 参院は27日、参院選後の各会派の議席を確定した。自民党と公明党、おおさか維新の会、日本のこころを大切にする党の4会派による「改憲勢力」の合計議席は、無所属議員の一部を加えて改憲発議に必要な「3分の2」(162議席)を上回る163議席になった。

  自民は参院選で、神奈川選挙区から無所属で当選した中西健治氏の追加公認を含め56議席を獲得。非改選と合わせ121議席となり、過半数に1議席足りなかったが、直後に新党改革の会派だった平野達男氏を入党させ、27年ぶりに単独過半数を確保。昨年から自民会派入りしている無所属の井上義行氏をあわせ、会派は改選前の116(議長をのぞく)から123に増やした。

公明は改選前の20から25に、おおさか維新の会は7から12にそれぞれ増えた。日本のこころを大切にする党は3議席のままだった。(朝日新聞デジタル

▼--------------------------
 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。(平家物語)
----------------------------

|

« NHK人事、日本会議は「誤解を受けるから」 | トップページ | 「中国の脅威」の正体 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

田中龍作ジャーナル2016年7月28日
アベ官邸が沖縄で緊急事態条項・発動の予行演習

道路封鎖はネズミ一匹通さない厳重さだったが、沖縄で密かに超法規措置が行われているらしいのです。
内閣総理大臣の判断で、『緊急事態が発生したら個人の権利を制限できる』との、自民党憲法草案の緊急事態条項(98条)の先取りですが、
弱小ネットメディアや地元メディアは報じるが、本土のマスコミは沈黙する。
安倍自民党の暴走というよりも、これは安倍自民党とマスコミの二人三脚の出来レース?のように見えます。

投稿: 宗純 | 2016年7月29日 (金) 10時10分

南シナ海でも北朝鮮でも緊張が発生すれば、日米合同訓練とかをやりますね。

こっちにはこんな力があるんだという脅しですね。脅したりすかしいたりのすかしがあまり利かないので脅しだけにしたのか、トランプ出現など、官邸にはあせりも出てきたようです。

投稿: ましま | 2016年7月29日 (金) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/66721533

この記事へのトラックバック一覧です: 無題:

» ‘改憲’の規定に“穴”を発見! [つぶやき古道(コミチ)]
憲法改正の手順と言うのは、報道されているのは本会議の部分と国民投票のことぐらいですが、実際はいくつもの段階が規定されています。1.<原案発議>国会議員の内で、衆議院100人以上、参議院50人以上の賛成により憲法改正案の原案が発議される。 2.<憲法審査会審議>... [続きを読む]

受信: 2016年7月29日 (金) 08時04分

« NHK人事、日本会議は「誤解を受けるから」 | トップページ | 「中国の脅威」の正体 »