« 沖縄をめぐる大きな誤解 | トップページ | 必要な軍事研究 »

2016年6月 1日 (水)

在日米軍駐留経費

(前回5/31記事の付録)

米軍駐留国における経費負担
            日本  韓国  ドイツ  イタリア
――――――――――――――――――――――
米軍施設整備費 分担  分担    米負担  米負担
従業員労務費  分担  分担   米負担 米負担   
光熱水費     分担  米負担 米負担 米負担 
負担割合     約75% 約40%  約30%   約40%

以上のほか土地返還・騒音軽減・辺野古移転・海兵隊のグアム移転など米軍再編費用・軍用地借り上げ料・基地周辺対策費などを合計すると2015年度で約7250億円。16年度の米側在日米軍予算は55億ドル(約6000億円)で日本の方が多い。
(財務省財政制度等審議会提出資料・毎日新聞16/5/30より作成)

|

« 沖縄をめぐる大きな誤解 | トップページ | 必要な軍事研究 »

安保」カテゴリの記事

コメント

現在アメリカ政府が支払っている金額は、ほぼ在日米軍兵士の給料程度だと言われています。

イタリアのニッコロ・マキャヴェッリは君主論で、もしもの緊急時に、外国軍とか傭兵は当てにならない。なぜなら自分の命を捨てても見合うほどの高給を払っていないので危なくなると誰よりも真っ先に逃げる。
外国軍とか傭兵に国防を頼っていたら必ず国を滅ぼすと説いているのですが、
もしも日本が100%負担すると、なんとアメリカ兵が日本政府の傭兵だとの摩訶不思議なことが起きてしまう。

投稿: 宗純 | 2016年6月 1日 (水) 15時37分

オバマが帰りをいそいだのは、まごまごしていると隙をついて安倍首相がすり寄ってくるのを避けたかったのでしょう。

国際的な”ウザイ”存在になってしまいました。

投稿: ましま | 2016年6月 1日 (水) 18時22分

中曽根前総理の「日本列島不沈空母」の発言がアメリカを自由にさせている最大の要因かもしれません。

投稿: 玉井人ひろた | 2016年6月 1日 (水) 19時04分

玉井人 ひろたさま
「在日米軍は第7艦隊があれば十分」といった小沢さんの発言も思い出します。

投稿: ましま | 2016年6月 1日 (水) 19時20分

G7では共同宣言が一応出されているのに、記者会見したのは安倍さん一人。
とうとう共同記者会見は開かれなかった。
伊勢志摩サミット終了で、大急ぎで帰ったのはオバマさん一人ではなくてC7の首脳全員ですね。
G7首脳や海外のメディアですが、安倍さんのリーマンショック発言に対してボロクソにけなしているのに、
情けないことに国内メディアは、その外国報道を引用する形でしか言及しない腰抜けぶり。
マスコミを完全にアンダーコントロールしているのです。

投稿: 宗純 | 2016年6月 2日 (木) 08時43分

宗純さま

オバマの広島行きだけが目立った。洞爺湖や、沖縄とちがって賢島で何をどうしたか全く見えませんね。リーマンショック目前論や、日米同盟強化論など、共感が得られると思っていたのでしょうか?

投稿: ましま | 2016年6月 2日 (木) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/65784433

この記事へのトラックバック一覧です: 在日米軍駐留経費:

« 沖縄をめぐる大きな誤解 | トップページ | 必要な軍事研究 »