« 戦争仕掛人① | トップページ | 戦争仕掛人② »

2016年6月10日 (金)

慰安婦問題の新史料

 今日の毎日新聞トップ(東京版)は、主見出しが「朝鮮人捕虜」米調書発見、でありサブタイトルを、日本支配の過酷さ記録、と「慰安婦は身売りと認識」の2本を立てている。そしてさらに24面の3分の1強に、この解説と発見された米公文書館資料にある尋問調書の概要が載っている。

 しかし、電子版では主要記事やトップニュースからはずされており、塾頭は記事検索をかけてやっと見つけたくらいだ。多分、日韓問題に妥協の筋道をつけたばかりなのに、「ことを荒立てるな」という半畳がどこからか入ったせいからかも知れない。

 まあそれはいいとして、同証言の中に、当時朝鮮の友達が大勢いた塾頭が「強制連行などしたら朝鮮人が黙って容認するはずがない」、と以前記事にしたことを裏付ける内容だったので、まずその部分を同紙から引用する。

Q 朝鮮人は広く、朝鮮の女性を売春婦にする日本軍による募集を知っているか。この制度に対する平均的な朝鮮人の態度はどのようなものか。この制度から生じた騒乱や衝突を承知しているか。

 A 太平洋で目撃した全ての朝鮮人慰安婦は、志願者か、親に身売りされた者だった。これは朝鮮の考え方にかなうものであり、もしも日本人による直接的な女性の徴集があれば甚だ許しがたい暴挙とみなされ、老人であれ、若者であれ、誰もそれを黙って見過ごすことはないだろう。男たちは、たとえどんな結果が待っていようとも怒り狂って蜂起し、日本人を殺すだろう。 

 塾頭はこれまで11年間に30数回、慰安婦問題に断片的に触れてきた。戦中は子どもだったが、学校で「すべて赤子(天皇の子)」だとし、差別が厳禁されていた。公民化教育が徹底し、徴兵や慰安婦募集まで公平?にした時代である。

 「強制連行」や「性奴隷」などがあれば、もちろん国内法違反であり、日本にしろ朝鮮にしろ風俗に反することである。塾頭は、元慰安婦の証言が全体に及ぶものであるとすれば、明らかに「歴史修正」にあたるものと考えていた。
 
 しかし、塾頭は連行の現場にいたことはないし、元慰安婦の証言をうそだという資格もない。また、前線の慰安所は日本の法律の範囲の外に置かれており、常軌を逸した姓奴隷の実態があったかもしれない。したがって、この問題は深入りできず、河野談話が精いっぱいの歴史認識の線だと思っていた。

 生き証人はだんだん減っていく。わずかの人数の証言だが、こういった文献資料の積み重ねにより、慰安婦問題が日韓を離反させる棘として残るようなことはなくなる、と信じたい。

|

« 戦争仕掛人① | トップページ | 戦争仕掛人② »

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

この毎日新聞(大阪本社版)記事ですが、慰安婦は軍が直接募集したものではなく、『良い仕事がある』と騙されて(就業目的で)本人の意思に反して慰安婦にされた例が多数だったと書いてあったので、これは、日韓両国政府の顔を立てる(それぞれの今までの主張と矛盾しない)情報だと思われる。
記事では続けて日本の植民地支配での朝鮮の貧困こそが原因であると書いていました。

投稿: 宗純 | 2016年6月10日 (金) 16時42分

出来れば、産経新聞社の記者どもに対して、「大勲位中曽根君から、この大日本帝国軍性奴隷制度に関わった自慢話を、幾らでもペラペラと語らせてやり、そのまま記事に書いてきては如何ですか」ということで応えてやりたいところですね。
最も産経新聞社でなくても、読売新聞社であろうが朝日新聞や、毎日新聞であろうと、誰が取材をしても、かまわないし、記者クラブに所属する新聞記者の皆様が、自らが誇りをもって、これを行い、この取材成果をシェアすることで、全ての新聞各社で、これをどんどん記事にすることにでもすれば、日本国民全体としては、新聞購読者の立場としては、こうした記事を目にしたところで、古新聞として、そのまま廃品回収に出してしまうことにすれば、廃品回収業者としては、まとめて中国に輸出して、トイレットペーパーとの交換取引に利用することにすれば、中国にしてみれば、南京大虐殺などの前科を裏付ける証拠と共に、そっと静かにどこかに隠して、大切に保存しておくことにでもすれだけで構いませんから、ということで応えてやれば良いのではないでしょうか?

大勲位中曽根君に対しては、こうした自慢話については、バチカンに行って、ローマ法王の前で、幾らでもペラペラと語って来い、ということで構わないし、ローマ法王に対しては、「まんまと騙されたふりをして、この大勲位中曽根君から、大日本帝国軍性奴隷制度の前科に関わった自慢話を、幾らでも傾聴して頂き、この大勲位中曽根君が、自らこの前科に関わった罪を認め、どんどん涙を流しながら謝罪の言葉を聞き出して貰えましたら、もうこれだけで構いませんから、この大勲位中曽根君の身柄につきましては、ドイツのメルケル首相にでも送り届けて頂いても構いませんし、ロシアのプーチン大統領に送り届けて貰えるのであれば、この大勲位中曽根君が、そっと静かに老後生活を送って貰えるならば、国後島や択捉島に老人介護施設を作って頂くことで、北方領土問題の解決を図るというのは如何でしょうか?

投稿: asa | 2016年6月11日 (土) 10時54分

宗純 さま

毎日新聞の証言で前半部分は日本の法律に沿っておこなわれその通りだとおもいます。募集にあたって詐欺まがいのことがあれば、当然民間業者が法を犯すことになります。

だまされた、と知った本人には、廃業の自由があったわけですが、その権利行使ができなかったとすれば、戦時下の警察の目の届かないところ(前線)でなされたんでしょう。

また「貧困」ですが、日本にも程度の違いがあったでしょうが恐慌後の貧困による身売りが続出しました。

樺太に送られた朝鮮人が多くいて、帰国がままならなかったことなど、まだまだ戦争による犠牲者の調査は続けなければならないでしょう。

投稿: ましま | 2016年6月11日 (土) 12時55分

asa さま
 中曽根の言った詳しいことは知りません。海軍主計下士官だったかのようなのであまりあてにならないでしょう。

お話は仮定が多すぎてどこに的を絞ったら?

投稿: ましま | 2016年6月11日 (土) 13時04分

小さなことを言うようで恐縮ですが、たしかに朝鮮人の日本軍士官はいましたが、全て志願兵だったはずです。

私の知っている限りでは、当時日本だった朝鮮や台湾では徴兵は無かったと思います。

ただ敗戦が濃厚となり日本人の若者が減った昭和20年の終戦まじかに法改正になり、朝鮮と台湾にも徴兵制ができ、台湾の一部の若者が徴兵されましたが、朝鮮では敗戦になったため徴兵は免れたと記憶しています。

投稿: 玉井人ひろた | 2016年6月11日 (土) 14時14分

玉井人 ひろた さま
徴兵制施行は何かで読んだので書きましたが、実際には間に合わなかったのですか。そこまでは調べていませんでした。

投稿: ましま | 2016年6月11日 (土) 17時48分

 中曽根の言った詳しいことは知りません。海軍主計下士官だったかのようなのであまりあてにならないでしょう。

お話は仮定が多すぎてどこに的を絞ったら?

確かに、もう本人は忘れているのかも知れませんし、海軍主計将校として、どのように関わってきたのか、ということに焦点を絞って、覚えていることを、どんどんペラペラと語って貰うしかないのかも知れませんね。

これにより、自らが何か後ろめたい感情がこみ上げてきて、謝罪の言葉を口に出すことが出来れば、これこそが、自らが犯罪者として加担したという生き証人であることを自白したまでのことだと見破れば、これこそが正しく「語るに落ちる」ということで、この大勲位中曽根君につきましては、戦後70年を過ぎて生き延びたことにこそ、誇りをもって、後は、どうぞ責めてもの罪滅ぼしとして、この罪悪感だけを、そっと静かに歴史の闇の中に葬り捨ててしまうことで、そのまま、誰にもご迷惑をお掛けすることもなく、安心して末永く老後生活を送って下さい、ということで、暖かく見守っていくようにするというのは如何でしょうか。

これならば、あの石原慎太郎と一緒に、尖閣諸島にでも老人介護施設を作って、そっと静かに老後生活を送って貰うのと同じことだし、沖縄県民の皆様にしてみれば、辺野古基地建設の白紙撤回の見返りに、例えばベトナム村にでもご老害の慰安所と称して、老人介護施設を作り、そっと静かに老後生活を送ってもらう様にするということならば、簡単に出来ることなのでは?

北方領土でこれと同じことをするならば、安倍首相をはじめとするご老害連中のための慰安所と称して、老人介護施設を作り、どうぞ、末永く、そっと静かに老後生活を送って下さい、ということで抑留してもらうことにでもすれば、領土問題についても、簡単に円満解決することが出来るし、日米安全保障条約そのものも、北太平洋安全保障条約に、そっくりそのまま移行させてしまうことで、これを南シナ海や南沙諸島における安全保障の担保とするならば、豪州がオランダやイタリア、スペインをロールモデルとするならば、独仏を日仏に置き換えれば、中国による第2列島線から第1列島線までの海域が、この北太平洋安全保障条約により担保が取れた緩衝海域となることで、中国にとっての核心的利益に繋がると同時に、アメリカにとってのメリットにもなり、日本全体にとってのメリットにもなるばかりでなく、アジア太平洋地域全体のメリットにもなるとしたら、どうでしょうか?

投稿: asa | 2016年6月12日 (日) 11時41分

従軍慰安婦って、名称自体おかしい。
ただの追軍売春婦でしょうよ。

日本が韓国に謝る必要なんか、これっぽっちもない。
しかも、日韓基本条約で、「完全かつ最終的に」解決しているんだから。

朝日や毎日、共産党などの左翼勢力が日本にいる限り、日本はいつまで経っても韓国中国に謝罪をし続けなければいけないんだろうな。

投稿: makoto | 2016年6月13日 (月) 14時27分

「慰安所」にいた「公娼」であり「売春婦」とは違います。

投稿: ましま | 2016年6月13日 (月) 18時57分

公娼って、売春婦でしょ

投稿: makoto | 2016年6月14日 (火) 03時53分

違います。くわしくは辞書などで調べてください。

投稿: ましま | 2016年6月14日 (火) 09時30分

いいえ、あなたが間違っている。
手元の辞書で、ネットで、調べてごらんなさい。

って、まあ、どっちでも良いでしょ。
いくら新史料が出てこようが、韓国の国内問題であって、日本は一切関係ないのだから。

投稿: makoto | 2016年6月14日 (火) 16時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/65941576

この記事へのトラックバック一覧です: 慰安婦問題の新史料:

« 戦争仕掛人① | トップページ | 戦争仕掛人② »