« 大英帝国の夢 | トップページ | 信じられない!2題 »

2016年6月28日 (火)

統一候補の約束無視

 17日に「民進党の辺野古隠し」という記事を書いた。その中で、民進、共産、社民、生活の野党4党が「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」との間で7日に締結した協定内容には「辺野古新基地建設の中止」があることを指摘した。

 ところが、民進党の公約には、「及び腰」どころか辺野古の「辺」の字さえでてこないという矛盾がある。1人区の統一候補に民進党公認候補がどういう姿勢をとるのか、党の姿勢を尊重するのか政策協定を守るのか、いずれにしても選挙民を「愚弄する」結果にならないかを塾頭は懸念していた。

 塾頭の懸念はずばり当たった。塾頭の地元千葉選挙区の候補者は次の通りである。
  
  浅野 史子45 共新
  元栄太一郎40 自新
  小西 洋之44 民現
  猪口 邦子64 自現
  古川 裕三34 諸新
  高橋 正夫85 無新
  水野 賢一49 民現
  香取 成知65 こ新

 定員は3人で、自・民・民の現職が再び挑む。最近の政党支持率から見て、民2というのは相当困難だろう。そこで、ネットにある「毎日エラボート2016」で、項目ごとの候補者アンケートを確かめた。

 民進の2人は、普天間の移転先をはっきり「辺野古」と回答している。塾頭のように、沖縄県民の意向を尊重し国政に反映させたいと思えば、共産党という選択肢がまだある。そこで、一人区で、岡田代表がもし議席を得られなければ代表を辞任すると言っている三重選挙区を見た。

  芝  博一 66 民現 
  野原 典子 59 幸福実現新
  山本 知子 48 自新

 かつて日本会議に籍をおいたことのある芝氏は、やはり「辺野古」の回答だ。完全かつ明白に協定無視ではないか。しかも、沖縄の望みに寄り添う候補はいない。塾頭がここに住んでいれば棄権するしかないのだ。岡田代表はどうこれを埋め合わす気か。

 共産党も予定していた候補を降ろすべきではなかった。国民は完全に愚弄されている。安倍首相のいう「野合」批判は、残念ながら当たっているとしかいいようがない。

|

« 大英帝国の夢 | トップページ | 信じられない!2題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

民進党の岡田代表としては、民主党内にしがみついている松下政経塾をはじめ、隠れ自民党支持議員連中を、民進党から追い出して頂くしかないのでは?

これは維新の党にしてみれば、橋下徹と運命を共にする政治家連中を、維新の党から追い出して、大阪維新の会に追い出したことでこそ、民主党と合流し、民進党の結成に繋がったことを、ロールモデルとして示して頂くことで、隠れ自民党支持の政治家連中については、この大阪維新の会と運命を共にするならば、今度は自民党にしがみつくだけの、「間抜けの党」として、どんどん無視されることを具体的目標に置くことで、自民党と運命を共にして、どうぞ心置きなく、どんどん涙を流し続けながら、多極化の捨て石となって、泣き寝入りをしながら、そのまま心置きなく、歴史の闇の中に、とっとと消えて下さい、ということで、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守りながら、応えて参りましょうか?

投稿: asa | 2016年6月29日 (水) 10時37分

なるほど――。

投稿: ましま | 2016年6月29日 (水) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/66249640

この記事へのトラックバック一覧です: 統一候補の約束無視:

« 大英帝国の夢 | トップページ | 信じられない!2題 »