« 合流注意 | トップページ | 「価値観」革命 »

2016年5月17日 (火)

大手を振るう怪しいカネ

 ブログをやっていても、喜怒哀楽に関わるものは、記事にしやすい。一番気分が悪いのは、「見苦しい言い逃れ」であり、どう書いても後味が悪い。オリンピック招致のために、日本の招致委員会が(堂々と)使った2億3千万円と、すでに書いた、舛添知事のはした金濫費僻である。

 ことの真相は、周辺情報だけですでに素人でも自明の理として結論がでている。ただ、マスコミは、「法」の判断がないと断定しないという習慣があるので、なにか「後味の悪さ」だけが後を引きずっている。

 舛添の方は、異様ともいえるバッシングに都議会自民党の右派がかかわり、朝鮮人学校の敷地斡旋に動いている知事を追放を謀っているという噂を前回書いたが、中国に関しても『孫文』に関する著書を持っているなど、中国をシナと呼ぶ元・石原知事とはま反対の舛添だ。その点が追求されることは、今後もあり得ないだろう。

 オリンピック招致の方は、昨16日、衆院予算委員会で招致委理事長だった竹田恒和・日本オリンピック委員会(JOC)会長が弁明した。その金の振込先や、関連しそうな人脈など各紙が絵解きで解説しているので、ここで触れない。

 要は、得体がはっきりしない企業に、コンサルタント料として支払い、その費用は開催地決定権のある国際委員会(IOC)へのロビー活動であるとしている。IOC委員は115人だから、一人当たりでは、ピッタリ200万円となる。

 もちろん全員がロビー活動の対象ではなく、特定の委員か有力者が対照だろうから、それを説得費に充てたというとすると、額は膨大となり、コンサルタント社の取り分をひいても飲食費では多すぎる。何に使われたとしても買収、贈収賄以外に説明がつかない。

 そんな怪しいカネと支払先にJOCが、疑いもせずにどうして振り込んだかというと、電通のリコメンドがあったからだという。ウーン――、天下の電通がここでもからんでいたか……。こうやって、フェアープレーが金科玉条のスポーツがカネまみれになる。

 もうオリンピックは、毎回ギリシャだけで開催することにするしかない。

|

« 合流注意 | トップページ | 「価値観」革命 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

何というか、簡単に言うと“交渉ブローカー”みたいな企業なんでしょうね。
テロリストの人質交渉なども、こういう専門の交渉企業が存在していることは知られていますし、各国がそれを利用しているのは公然の事実です。

大金の動く国際交渉には、かならず仲介しているんだと考えるのが普通でしょうね。

今回は、たまたまどこかで漏れたんでしょう。

投稿: 玉井人ひろた | 2016年5月17日 (火) 21時29分

パナマ文書により、日本の大企業が、多額のお金を租税回避地に流れていたという証拠が、全世界に明るみに出ることにより、世界中の富裕層が、自ら、どんどん増税し、社会保険料をどんどん徴収して頂ければ、租税回避地に疎開していたお金を、全て差し出しますので、どうぞ困っている人たちに、全てを回して下さい、ということで誇りを持って応えることで、日本の財界に対しても、これをロールモデルとして、どんどん敗北して頂ければ、それだけで構いませんから、ということで応えて貰うことになれば、この政権与党にしてみれば、どのように応えるのか、楽しみですね。

アメリカがこれを逆手に取るならば、日本の財界から租税回避地に持ち込まれたお金を、全額没収することで、これをアメリカ国債の返済に充てて貰うことで、日本に対して、自らの国債と相殺することに致しましょう、ということで揺さぶって貰うということになれば、財界にしてみれば、自らが誇りを持って、どうぞもっともっとどんどん増税し、どんどん社会保険料を徴収し、電力料金も、どんどん値上げをして頂いて構いませんから、この見返りとして、日本の株式市場を、奈落のどん底に突き落として貰うならば、為替については、どんどん円高に戻すことで、グローバル競争には、どんどん敗北する道を選択して参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます、どんどん涙を流しながら、応えさせてやりましょうか?

国際社会全体からすれば、日本の財界に対して、敗北おめでとうございます。どうぞ誇りを持って、どんどん敗北することを誇りとして、応えて下さい、ということで応えてくるならば、日本の99%が、これに応えて、財界に置かれましては、今後とも、どんどん税金や社会保険料をたくさん払い続けることを誇りとして、国際社会にどんどん見せつけて頂ければ、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守りながら、少しでも利益に貢献して参りますので、どうぞ、心置きなく、どんどん敗北し続け、どんどん涙を流し続けながら、どんどん泣き寝入りすることもまた誇りとして、深く感謝をして応えてくだされば、もうこれだけで十分ですから、ということで、そっと静かに応えてやりましょうか?

これに対して、憲法9条を亡き者にしようとする日本会議が激怒することになれば、強欲な富裕層と共に、「大日本帝国の馬鹿野郎!」という無念の怒りだけを、容赦なくどんどんぶつけさせてやることで、全体主義そのものを、根本的にぶち壊すことで、どんどん涙を流し続けながら、戦前の日本が仕出かした前科に対する罪悪感だけを、どんどん歴史の闇の中に、葬り捨ててしまうことで、物凄い恨みや憎しみを勝手に分かち合い、物凄い苦しみや深い悲しみを勝手に分かち合いながら、どんどん涙を流し続けながら、どんどん堕ちるところまで落ちていくのを、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守って参りましょうか?

投稿: asa | 2016年5月18日 (水) 11時06分

玉井人 ひろた さま
報道によると、金を受け取ったのは、企業というよりダミーですね。
人質交渉なら身代金ですが、スポーツイベントならなんというのでしょうか。
人質は、人命かかかっているので許される面が無きにしも非ずですが、スポーツイベントでは、ドーピングと比べてどうでしょうか。

asa さま
コメントは、本文に関係あることに限り、内容は簡潔に願います。

投稿: ましま | 2016年5月18日 (水) 13時01分

今回以外でもソルトレーク冬季五輪とか長野五輪でも裏金での買収が明らかになるが、
何れも開かれた後ですよ。
今回だけは開かれる前。この違いはトンデモナク大きいでしょう。
長野の場合は関係書類を焼却するという荒業で切り抜けたが、今回は無理。

4年もあるのですから帳簿類どころか、日本自体が火だるま状態になるのは決定的です。

関係するのか無いのかは不明だが、東京で行われたタイとのバレーボール試合での、まさかの大逆転勝利での審判の不正判定でネットが炎上しているとか、・・・

投稿: 宗純 | 2016年5月20日 (金) 09時05分

宗純さま 

今相撲をやっているので八百長という言葉を思い出しました。IOCが絡む事件は、政治がらみもあり、そんな牧歌的な話ではない。

捜査はフランスの検察がやっているようですが、日本と違って民間同士でも贈収賄罪が問われるようなので、お目こぼしでは済まないでしょうね。

投稿: ましま | 2016年5月20日 (金) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/65528916

この記事へのトラックバック一覧です: 大手を振るう怪しいカネ:

» 突然噴出した異様な舛添バッシングと「電通」 [逝きし世の面影]
『第一次自民党改憲案の策定責任者だった舛添要一に対する自民党改憲派の逆恨み』 自民党は結党50年を迎える2005年の第一次憲法改正草案では『土人女を集めて慰安所を作って将兵に喜ばれた』と著書で自慢する破廉恥な中曽根康弘などの時代錯誤の靖国派の右翼議員ら...... [続きを読む]

受信: 2016年5月17日 (火) 15時36分

« 合流注意 | トップページ | 「価値観」革命 »