« 国際法違反、天皇は承知 | トップページ | 「アホ」、「バカ」 »

2016年4月25日 (月)

野党共闘失敗

 衆院補選が昨日行われた。ここでは、来る参院選の前哨戦とされている北海道5区だけを取り上げる。注目点は、野党第一党の民進党と共産党を含む野党統一候補・池田氏と故町村信孝・前衆院議長の弔い合戦を標榜する和田氏の戦いだ。

 塾頭は、接戦になるという評判にもかかわらず、野党共闘はよほどの事ことがない限り失敗するのではないか、という感触があった。遅きに失しているものの、なんとか野党の気勢挽回を、と思って書いたのが、前々回の「もうあかん!民進党」や、11日付の「拝啓、岡田克也さま」である。

 結果は、野党共闘のインパクトがまったく利かず、維新との合併・党名変更は無関係、対抗する政策で新鮮味を訴えることもできなかった。前回と投票数を比べてみよう。

 「なんの変化もなかった」という結果は、不思議なほどである。

         
           14年衆院選  16年同補選                    
自民 町村信孝  13万1000   13万6000(自公・和田)
民主・共産合計  12万6000   12万4000(野党共闘)

|

« 国際法違反、天皇は承知 | トップページ | 「アホ」、「バカ」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

福島県でも参院選の候補者の話題が新聞をにぎわし始めています。
その話題は、何と言っても次の2つです。

一つは、福島県の参議院の定数が2⇒1に減らされたことにより、最低でも現職の2人(民進党=1、自民党=1)のどちらかが落選するということです。

二つ目は、民進党と共産党の共闘です。
共産党は、民進党の要請があれば候補者を取り下げることをすでに表明しているのに対し、民進党側が未だに‘共産不信’の思いが強い現状を打破できていないのです。

賛否は有りましょうが、共産党のほうが潔い覚悟に見えてしまいますよね

投稿: 玉井人ひろた | 2016年4月25日 (月) 19時42分

「共産党不信」というより「共産党嫌い」でしょうね。

排他意識、仲間中心、組織・信条優先、団結信仰、言葉は適切でないかも知れませんが、体質的に合わないというか……。

そんな点、公明党(創価学会)も共通します。しかし合うはずのない自民が硬い盟約、民進党には真似できない芸当です。

投稿: ましま | 2016年4月25日 (月) 20時16分

今回の結果ですが、町村の弔い合戦なので、負けるなど論外で本来ならダブルスコアだと言われていた。
野党の追い上げですが、統一候補が効果ありとの結論の方が正しいでしょう。
小選挙区制で、今まで自民党は連勝していたのです。
1回だけ例外的に負けたのは、民主党が大勝したあの政権選択選挙だけ。
しかも公職選挙法の改正で、自民党は政見放送が出来るが、無所属の野党は無し、選挙カーなどの大きく制限されていた。
無所属なので選挙活動が大きく制限されているのです。
それでも自民党が勝っているのは自衛隊の町である千歳と恵庭の両市での得票だけだった。っこで大きくリードして逃げ込んだが、
逆にその他の地域では野党統一候補が勝っているのですよ。
今回ですが、憲法どころか違法な、自衛隊の組織選挙を行っていた疑いが濃厚なのです。

投稿: 宗純 | 2016年4月26日 (火) 15時53分

宗純 さま
コメントありがとうございました。

選挙は勝たなければ意味ありません。野党合同は勝つことを目的として成立したものと思います。

それが前回より票を減らしているのでは何を言っても弁解に過ぎないとととられそうです。

投稿: ましま | 2016年4月26日 (火) 17時38分

今回ですが、憲法どころか違法な、自衛隊の組織選挙を行っていた疑いが濃厚なのです。

これが事実かどうかは別にしても、ムサシという会社による集計システムそのものにも重大な疑いがあるのではないかということも言われていますよね。

この疑いがあるとするならば、このムサシによるシステムそのものを、選挙管理員会自らが、排除して手作業による集計に変えることで、結果が出るのは翌日になっても構わないのではないでしょうか。

最後の手段としては、今度の国政選挙に、国連からの選挙監視団を、総務省が自ら受け入れるのならば、構いませんので、ということで応えていくこともまた大いに結構なことではないでしょうか。

投稿: asa | 2016年4月29日 (金) 11時35分

最近は、「選管発表」最終数字がマスコミに出るのかどうか。見たことがありません。

投稿: ましま | 2016年4月29日 (金) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/65156813

この記事へのトラックバック一覧です: 野党共闘失敗:

» 野党共闘の成否は [虎哲徒然日記]
衆院補選が24日投開票され、北海道5区では新顔で自民公認の和田義明氏(44)が、無所属の野党統一候補、池田真紀氏(43)を破り初当選した。与野党は夏の参院選に向けた前 ... [続きを読む]

受信: 2016年4月25日 (月) 19時22分

« 国際法違反、天皇は承知 | トップページ | 「アホ」、「バカ」 »