« 脱北事情に異変 | トップページ | 「原発は無理」決まり!! »

2016年4月14日 (木)

金正恩の「兵隊ごっこ」

 元海軍軍人で日露戦争に参戦し、後、第一次世界大戦後のヨーロッパ各地を視察、多くの著述を残している水野広徳はこのように言っている。

強大な軍隊と精鋭な兵器を手にした軍人は、空砲を打つだけでは満足できなくなり、敵を求めて実弾を撃ってみたくなる。(中略)軍人が政治の実権を握る国は常に戦争の危険がある。(木村久邇典『帝国軍人の反戦』朝日文庫、所載)

 これまでたびたび伝えられる金正恩の軍事視察、自身は金日成は大学で砲術を学んだとされるが、ミサイルの発射立ち会い、性能向上の燃焼実験その他矢継ぎ早だ。今度は、パレードなどに出てくるムカデのような大型タイヤのトラックで運ばれる中距離弾道弾ムスダンを、車載のまま発射するとのことだ。

 国内向けの権威向上パフォーマンスという評論が圧倒的だが、水野の指摘は的を射ている。あれだけのものを持ちながら、一度も撃ったことがないとすれば、誰しもためしに撃ってみたくなるだろう。問題は、正恩が「軍人」かどうかである。

 彼の祖父・金日成はソ連の、朴槿恵韓国大統領の父は日本の軍人だった。日本では総理大臣・東条英機が好んで軍服を着ていたが、正恩の軍服姿は見たことがない。もっともあの体型では似合うはずがない。

 水野流に言えば、もし軍人なら、実戦に使ってみたくなる。しかし、父・正日が選び抜いた後継者だ。すぐれた政治家ならそんな馬鹿なことをするはずはない。すると、戦争ごっこ大好きな「お坊ちゃん」のまま育ってしまった、というべきか。人騒がせのことだ。

【追而】元・軍人もどきの田母神(たもがみ)俊雄は逮捕されてしまった。

【追而2】北朝鮮は、元山付近の日本海沿岸から15日午前5時半頃、ムスダンを発射したようだが失敗したようだ(時事通信ほか)。金日成誕生日祝いにはならなかった。「坊や、お菓子食べたら寝なさい」。

|

« 脱北事情に異変 | トップページ | 「原発は無理」決まり!! »

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

ほんとうに計り知れない者が、国を動かしていること自体が疑問です。
近い将来にクーデターなどが起る気がするんですが、起きないですかね?

投稿: 玉井人ひろた | 2016年4月14日 (木) 17時44分

その可能性を書こうと思ったのですが、中国も韓国ももっとも避けたいのが内戦です。難民がわっと押し寄せられたら大変ですから。

も一つのタブーは後方支援です。誇り高き「主体(チュチェ)思想」の国です。儒教思想が残っているから、正日の長男か次男に交代という線もありますがちょっと難しいでしょうね。

投稿: ましま | 2016年4月14日 (木) 18時09分

中国にしてみれば、このような戦争ごっこそのものが迷惑極まりない行為であることは言うまでもないことは、アメリカにせよロシアにとっても、日本にとっても、韓国にとっても同じ思いであることは、当たり前のことですよね。

ましてや、この北朝鮮がシリアに置き換えれば、日本がトルコの立場に置き換えれば、ロシア軍機が、北朝鮮に空爆しようとしたところで、誤って日本の領空に入り込んでしまったために、自衛隊機がスクランブル発進する事態となって、速やかに日本の領空から出て、ロシアに引き返して、日本に謝罪をした、ということになるのならば、変なとばっちりを受けることがないように、そっと静かにいないふりをすることこそが最善の策でもあることは、日本にとってもロシアにとっても、同じものであることにこそ、大いに共感できることは言うまでもありませんね。

後は、中国と韓国に任せることで、アメリカに対して、日本は、ロシアと共に、そっと静かにいないふりを致しますので、北朝鮮のことは、どうぞ中国と韓国と協力しながら、円満解決できるように、そっと静かに暖かく見守って参りたいと存じますので、どうぞよろしくお願い申し上げます、ということで応えていくことにすれば、これだけで構わないのではないでしょうか。

投稿: asa | 2016年4月15日 (金) 16時16分

日韓併合前の王朝李氏は李成桂という軍人のクーデターでできた国です。儒教を導入して500年以上続いてきました。

今、北でクーデターを起こしてもとってかわれる為政者はいません。韓国と中国に挟まれたまま動きが取れないでしょう。

すると金日成の血脈で正恩の替りを立て、内戦を防ぎ、シリアのように米・ロが間に立って平和路線をさぐるという線が出てきます。

しかし中国がどう出て来るかわかりません。それなら、日・韓もいれて久々の6か国協議ですね。

投稿: ましま | 2016年4月15日 (金) 16時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/64970426

この記事へのトラックバック一覧です: 金正恩の「兵隊ごっこ」:

« 脱北事情に異変 | トップページ | 「原発は無理」決まり!! »