« 金正恩の「兵隊ごっこ」 | トップページ | 「歴史認識」には善悪不要 »

2016年4月16日 (土)

「原発は無理」決まり!!

 「本震は後の方、今朝1時25分の南阿蘇震源地です」=気象庁
 

 「場所は近いが別の断層でした」
 「熊本地震と命名したが、大分にも震源地が複数発生。被害も」
 「まだ発見されていない断層もあります」
 「阿蘇火山が爆発しましたが、関係あるかどうかわかりません」

 「今後、何が起こるかは正直わからない」=川崎一朗・京都大名誉教授(地震学)
 
 原子力規制委員会の決める原発運転再開や立地の検討など、およそいいかげんなことがこれで分かりました。

 政策や公約を変えるなら今がチャンスです。

|

« 金正恩の「兵隊ごっこ」 | トップページ | 「歴史認識」には善悪不要 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

私は、まったく逆のことを頭に浮かべました。

>安倍政権は今回の地震を機に、稼働している川内原発に影響が無かったことをことさらに強調し、全国の原発再稼働が促進されるのではないか?

と言うものです。

投稿: 玉井人ひろた | 2016年4月16日 (土) 19時51分

問題は福井ですよね。A断層は建屋の真下を通るが活断層ではない、とか、並行するB断層は建屋をわずかに外れるとかなどというとか、委員によって意見が違うなどという議論です。

熊本の今度のケースは、そんなこと関係ないよ、と言わんばかりです。

投稿: ましま | 2016年4月16日 (土) 20時44分

稼働している川内原発に影響がなかったから、とか、福井での原発再稼働にしても、そんなこと関係ないよ、などといったところで、福島県民の皆様が、今度はアメリカに対して、脱原発に向かうように、どうぞ強く働きかけて下さい、ということで応えていくことになれば、中曽根大震災の教訓を活かせば、原発再稼働なんか絶対にする必要はないのではないか、なぜ、原発再稼働にこだわり続けるのか、その目的と根拠はどこにあるのか、ということでアメリカから、このような日本政府を容赦なく、どんどん揺さぶっていただきうしかございませんね。

沖縄県民の皆様にしてみれば、普天間基地移設問題で、辺野古移設を速やかにやめて頂くように、中国外務省と共に、アメリカに対して強く働きかけて頂くことで、アメリカもまた、これに応える形で、どんどん日本政府を強く揺さぶって頂くのであれば、北海道をはじめ日本海側の地域の皆様にしてみれば、ロシアと韓国と共に、この日本政府を容赦なくどんどん揺さぶってやることで、日本国民全体としては、アメリカ、中国、ロシア、韓国と共に、日本政府が自らが、誇りをもって、どんどん涙を流し続けながら、憲法9条を亡き者にしてでも戦前の日本を取り戻そうとする安倍首相の愚かな野望こそを、どんどん打ち砕き、核発電推進原理主義組織にまんまと騙されて核開発計画書を作り上げた外務省が、自らこれを白状することで、経済成長のためと言っておきながら、自らの利益のことしか考えない財界を、容赦なく、どんどん痛めつけてやり、どんどん敗北する道を選択して、どんどん涙を流し続けながら、どんどん泣き寝入りする道を選択し、核発電推進原理主義組織に対しては、アメリカやロシアをロールモデルとするならば、どうぞ自らが誇りをもって、どんどん涙を流し続けながら、中曽根大震災の尻拭いをして下さい、これにより、日本経済は、どんどん沈没させることになろうとも惜しくはございませんし、全人類から、日本敗北おめでとうございます、と祝福してこられるならば、これに対しても、日本敗北を祝福して頂きまして誠にありがとうございます。憲法9条にノーベル平和賞のお墨付きを賜りましたことにこそ、誇りをもって、今後はグローバル競争には、どんどん敗北する道を選択して、二度とご迷惑をおかえkすることがないように、そっと静かに幸せに暮らしていくことにより、多極化する国際社会の中で、名誉ある孤立化をして、ひっそりと自立・自律していく道を選択することで、全人類が共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らしていくことが出来るように、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守っていくことを誇りとして、恩返しをしてまいりたいと存じますので、引き続き敗北を祝福してくるならば、これに対しても、喜んで敗北することを誇りとして応えて参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます、ということで構わないのではないでしょうか。
この結果として、もう意欲も熱意も喪失させたところで、日本人として自ら解決すべき課題でもあるのだということにこそ、誇りをもって、この責任を、社会的サポート資源としての役割を、そっと静かに担うことで応えていくことにより、一部の日本人だけが、どんどん涙を流し続けるのを、そっと静かに暖かく見守っていくことで、誰かに助けられることがございました際には、遠慮することなく、涙を流しながらも深く感謝をして応えて頂ければ、もうこれだけで十分ですから、ということで、これもまた、誇りをもって、国際社会に対して良いロールモデルとして、どんどん見せつけていくことでこそ、日本の運命を大きく変えて、「さらば暴政」、「さらば原発」そして「さらば全体主義」ということで、戦前の日本が仕出かした前科に対する罪悪感だけを、そっと静かに歴史の闇のなかに、どんどん葬り捨ててしまうことで、この国家神道なるものを、天皇制と根本的に引き裂き、どんどん泣き寝入りさせることで、歴史の闇のなかに、どんどん葬り捨ててしまうしかございませんね。

投稿: asa | 2016年4月17日 (日) 13時49分

コメントありがとうございました。
 
 強がりだけでは幸せになれませんね。

投稿: ましま | 2016年4月17日 (日) 16時07分

強がりだけでは幸せになれませんね。

確かにその通りですが、これも発想の転換により「押してダメなら引いてみな」ということわざもありますし、「損して得取れ」ということもありますよね。

時代劇では、確か「三方一両損」による大岡裁きというのもあった記憶にあるのですが。

これらもすべては教訓とするならば、例えば「三方一両損」により損したものを、「三方一両得」により、お互いにとって損得なしとなって、涙を流しながらも深く感謝をして、お互いに納得し合うということを、これからのビジネス展開に役立て、これを外交カードに利用していくだけでも、例えば領土問題であれば、簡単に円満解決できる可能性が見えてきますよね。

少なくとも独島(竹島)は別としても、尖閣諸島と北方領土問題であれば、棚上げ合意ということを、合理的推論に基づく解決目標として共有することにすれば、北方領土問題であれば、歯舞諸島と色丹島については速やかに返還してもらうことは確実のことだし、千島列島については、樺太千島交換条約による合意文書を尊重するならば、この付近の安全保障の担保を取ることを目的とするならば、北太平洋上における安全保障の担保を取ることで、お互いにとってのメリットに繋がる根拠として、カナダやメキシコなどと共に、北太平洋安全保障条約により担保を取ることで、そっと静かに安定した海域として維持管理してまいりましょう。これにより、アメリカとの日米安全保障条約そのものについても、この北q太平洋安全保障条約にそっくりそのまま移行させることで、アメリカとの合意が出来れば、尖閣諸島についても、中国との棚上げ合意という現状変更することなく、日米安全保障条約から、この北太平洋安全保障条約により担保をとることにより、中国にとっての核心的利益につながることになると同時に、mアメリカにとってのメリットにもつながり、日本全体にとってのメリットにもつながることで、東アジアの平和と安定につながる第一歩とするきっかけとなれば、これこそが「三方一両得」というものを、脱ニッポン型思考の中でのビスマルク外交を、アメリカと中国を相手に活かしていくことになることは間違いありませんね。
豪州とASEAN諸国が、これに参加することになれば、南シナ海や南沙諸島のりゅうっ権問題も、簡単に円満解決することに繋がると同時に、中国が主張する第2列島線から第1列島線の間の海域が、この北太平洋安全保障条約による緩衝海域として担保がとれる状態となれば、これはもう豪州のみならず、アジア太平洋地域全体のメリットに繋がって、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来るようになって、平和と安定につながる結果を齎すことになるのならば、これほど素晴らしいことはどこにもないのではないでしょうか?

投稿: asa | 2016年4月18日 (月) 16時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/65005400

この記事へのトラックバック一覧です: 「原発は無理」決まり!!:

» TPP秘密交渉(守秘義務設定)は憲法違反 [dendrodium]
熊本県で今朝未明震度は6強と、震度7強だった最初の地震よりは幾分弱いが、マグニチュウド7.3で本震より強く、阪神大震災並みのマグニチュウドの地震が起きたそうである。( ... [続きを読む]

受信: 2016年4月16日 (土) 16時25分

« 金正恩の「兵隊ごっこ」 | トップページ | 「歴史認識」には善悪不要 »