« 千人針 | トップページ | 安保法制は不安全化法 »

2016年4月 6日 (水)

女性指導者

 このところやや情報量が減ったが、ドイツのメルケル首相など、一国の指導者として女性の活躍が目立つ。大統領の上を行くというビルマのアウンサンスーチーさん、台湾の総選挙で元首の地位を得ることになった民進党の蔡英文主席、アメリカでは、初の女性大統領になれるかどうかのクリントンさん。

 南米ペルーは、日系人のフジモリ元大統領の長女のケイコ・フジモリさんが、4日あとに迫った大統領選で優位に立っているそうだ。そこに国ではないが、国連事務総長候補としてニュージーランド前首相のヘレン・クラークさんが名乗りを上げたというニュース。

 もし彼女に決まれば、女性初の国連事務局トップになる。現・潘基文(パン・ギムン)総長は任期切れとなるが、韓国・朴槿恵大統領の後釜を狙っているといわれる。国連では「無能」と酷評されることもあったようだが、政策の中味はともかく、朴さんのような派手さはないだろう。

 国連事務総長のあとに帰国してトップになるというケースは、オーストリアのヴァルトハイム氏など過去にもあったが、国連での手腕には及ばなかったようだ。 クラーク氏のようにニュージーランド首相を経験したあと国連へ、というのは、実現すれば女性というだけでなく初のケースではないか。

 塾頭は、クラーク氏について詳しく知らないが、クラスター爆弾の禁止など、これまでもニュージーランドが北欧の国々や市民組織などと協力して、安保理常任理事国の厚い壁を突破したことは、本塾でも書いてきた。

 大いに期待したいところだが、「日本では稲田朋美??」。そんな怪談話をする時期には早すぎる。「ゾーッ。やめて~!!」wobbly

|

« 千人針 | トップページ | 安保法制は不安全化法 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

歴史的には、国が乱れたり不安定になったときにトップが女性になることがなぜか多いようですが、世界は不安定になってきている兆しなんでしょうかね?

投稿: 玉井人ひろた | 2016年4月 8日 (金) 17時09分

そう言われればブラジルのルセフ大統領を落としていました。以下はウォーストリートジャーナルからです。

――ルセフ大統領に退陣を求める声が高まっている。今後数カ月間は、同大統領が2018年末までとなる2期目の任期を終えられるかどうかで決定的に重要な時期になる公算が大きい。――

理由は、腐敗・汚職問題です。南米初のオリンピック、開けるのですかねえ。

投稿: ましま | 2016年4月 8日 (金) 18時00分

「日本では稲田朋美??」。そんな怪談話をする時期には早すぎる。「ゾーッ。やめて~!!」

これが主訴であるといったところで、所詮は、安倍首相こそが、使い物にならない間抜け総理に他ならないところは国際社会全体からして、バレバレのことでありお見通しのことだということに築けば、この稲田朋美政調会長もまた、このような使い物にならない間抜け男の性奴隷に他ならないだけのことでしかないのではないかというのが、キャリアコンサルタントから見た、本質的な見立てそのものであり、これをごまかそうとしたところで、この政権与党の官房長官からして、「辺野古基地建設をこのまま進めても問題ない」などという「発言からして、自らが、この自民党そのものが、こうした使い物にならない間抜け男と、これにしがみついて性奴隷として好き勝手に弄ばれるだけの女性議員の寄せ集め集団でしかないということを、ごまかそうとして、これが「お国のため、天皇陛下のため」などといったところで、戦前の日本が仕出かした大日本帝国軍性奴隷問題の前科をごまかして、憲法9条を亡き者にしてでも、これを復活させようというボロこそが、キャリアコンサルタントから見た、この自民党そのものに対する本質的な見立てそのものであることは、もう誰が見ても明らかなことであり、国際社会全体からしても、バレバレのことであることは、当たり前のことだということに気づけば、これを逆手にとるならば、南スーダンでの駆けつけ警護に、フランス軍がイギリスから弾薬1万発を受け取ってから、アメリカ軍と共に、南スーダンでの中国軍の駆けつけ警護に、弾薬1万発を用意してまいりました、ということで応えて頂くなんてことになれば、この稲田朋美政調会長が、自らが性奴隷として、jこの自民党にいる女性議員連中と共に、韓国軍に連れて行ってもらいます、ということで、韓国軍にしてみれば、南スーダンでの駆けつけ警護に、自らの意志で性奴隷になって頂けるという女性たちを引き連れてまいりました、なんてことに利用するくらいのことならば、簡単に出来ることですよね。

南スーダンの中国軍にしてみれば、そっと静かに腹の底であざ笑いながら、韓国軍が連れてきてくれた女性たちのために、反乱軍兵士と好き勝手に弄んで頂くための慰安所を作ってやり、反乱軍兵士の皆さまに対しては、どうぞストレス解消のために、この慰安所の女性たちと好き勝手に弄んでください、と同時に、女性たちに対しても、どうぞこの慰安所で、反乱軍兵士の皆さまに好き勝手に弄ばれながら泣き寝入りすることもまた後方支援の一つとして、誇りをもって貢献してください、なんていうことで応えてもらうしかございませんね。

これがクリミア自治共和国で、これと同じことをするならば、ロシアのプーチン大統領にしてみれば、これが後方支援といったところで、大日本帝国軍性奴隷問題の前科をごまかそうとしているに過ぎないのだということくらいのことは、もうお見通しのことだし、戦前の日本をナチスドイツに置き換えれば、それこそ国連安全保障理事会で旧敵国条項に基づき制裁決議の発動要件を、この自民党からして自ら招き入れようとしているに過ぎないのだということくらいのことも当たり前のことだし、安全保障法案の重要影響事態を、自ら招き入れようとしているに過ぎないところは、このような法案そのものが、憲法違反どころの騒ぎではないことは当たり前のこtろだということを見破れば、これはもう税人類と共に、どうぞこの日本国を容赦なく、どんどんコケにして頂く分は構いませんから、この自民党に対しては、安倍首相が、自らどんどん涙を流しながらq、容赦なく、国際社会から、どんどん馬鹿にされることになろうとも、これにしがみつくだけの連中だけを道連れに、どうぞ心置きなく、どんどん涙を流し続けながら、どんどん敗北する道を選択して、どんどん歴史の闇のなかで、ひっそりと泣き寝入りをしながら幸せに暮らして頂く道を選択するのであれば、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守っていくことを誇りとして、全人類が共に支えあい、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らしていくことが出来るように、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守っていくことこそを、私たち日本人にとっての究極の自己実現につながる目標として、これこそを国際社会に、良いロールモデルとしてどんどん見せwつけていくことを誇りとして参りますので、これに対しては、どうぞどんどん涙を流し通d家ながらも深く感謝をして応えて頂ければ、もうこれだけで十分ですから、心置きなく、どんどん歴史の闇のなかで泣き寝入りをしながら、そのままひっそりと消えて下さい、ということで突き放しながらも、暖かく見守り寄り添いながら、国際社会全体の多極化の流れの中で、そっと静かに、名誉ある孤立化をして、ひっそりと自立・自律していく道を選択してまいりましょう。

投稿: asa | 2016年4月10日 (日) 19時45分

長いコメントありがとうございました。南スーダンやクリミアなどでてきたけど、世界中しっちゃかめっちゃかの様相。きもいです。

投稿: ましま | 2016年4月10日 (日) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/64836092

この記事へのトラックバック一覧です: 女性指導者:

» 遠くの国の話し・・ではなくなった [つぶやき古道(コミチ)]
南米のペルーでは今月、4月10日に大統領選の投開票に行われます。 現段階で、1990年代に日系人で初めて政権を率いたアルベルト・フジモリ元大統領(77)の長女である40歳のケイコ・フジモリ氏(藤森恵子)が36%の支持率を獲得し、2位を争う候補者に約20ポイント... [続きを読む]

受信: 2016年4月 6日 (水) 22時54分

« 千人針 | トップページ | 安保法制は不安全化法 »