« 囲碁ソフトに勝つ! | トップページ | トランプ旋風の効用 »

2016年3月15日 (火)

「敵」を作る政治

民主党の枝野幸男幹事長は13日、安倍晋三首相が自民党大会で夏の参院選を民共の「無責任勢力」との対決と位置付けたことに対し、「自民党と公明党は憲法観が全然違うのに、選挙のためなら何だってする。そっくりそのままお返ししたい」と反論した。(時事通信3/13)

夏の参院選まであと4か月。衆参同時選挙などと言いはやす向きもあり、にわかに政局づいてきた。安倍首相は、選挙戦を「反共ムード」で敵対意識を高める作戦のようだ。選挙である限り政策論争は自由だが、わかり易い「敵」を仕立て上げる点は、米共和党のトランプ戦術と一脈通じるところがある。

 それは、「宿敵創出政治」とでもいうべき古くから使い古されてきた手で、ヒトラーがユダヤ民族を宿敵と見なし、それを抹殺することを戦争目的としたのが苦い歴史の教訓だ。メキシコとの間に壁を作れ、とかイスラム教徒は入国禁止になど、ヒトラーと50歩100歩の発言を繰り返すトランプ候補に、支持者は危惧の念を持たないのだろうか。

 それと安倍首相を同列に置くのは、木を見て森を知らない過剰反応という人もいるだろう。しかし、これまでの政治姿勢や、国会答弁のはしはしからそれはにじみ出ている。また、「敵を作り、敵と闘う」、それが彼の信条であることは、彼の著書『美しい日本へ』で確かめることができる。

――はじめに
 (前略)時代は変ったが、わたしは政治家を見るときこんな見方をしている。それは「闘う政治家」と「闘わない政治家」である。「闘う政治家」とは、ここ一番、国家のため、国民のためとあれば、批判を恐れず行動する政治家の事である。「闘わない政治家」とは、「あなたのいうことは正しい」と同調はするものの、けっして批判の矢面に立とうとしない政治家だ。

 (中略)初当選して以来、わたしは、つねに「闘う政治家」でありたいと願っている。それは闇雲に闘うことではない。「スピーク・フォー・ジャパン」という国民の声に耳を澄ますことなのである。

 下線は、同じページにあるやや矛盾めいた言い回しだが、まあいい。次の「第一章 わたしの原点」を見よう。

  (20ページ)日米安保を堅持しようとする保守の自民党が悪玉で、安保破棄を主張する革新勢力が善玉という図式だ。マスコミも意図的に、そう演出していた。打倒する相手は、自民党の政治家だったわたしの父や祖父である。とりわけ祖父は国論を二分した一九六〇年の安保騒動のときの首相であり、安保を改定した張本人だったから、かれらにとっては、悪玉どころか極悪人である。

 後段にも触れておこう。25ページに「歴史を単純に善悪二元論でかたずけることができるのか。当時のわたしにとって、それは素朴な疑問だった」とある。さきの大戦の経緯についてであるが、至極まっとうな意見だ。ところが第二章ではこのようにも書いている。

 (46ページ)外務省の一部の人たちは、拉致問題を日朝正常化の障害としかとらえていなかった。相手の作った土俵の上で、相手に気に入られる相撲をとってみせる――従来から変わらぬ外交手法、とりわけ対中、対北朝鮮外交の常道だった。つねに相手のペースをくずさぬように協力して相撲をとれば、それなりの見返りがある。それを成果とするのが戦後の外交であった。

 歴史については、善悪二元論を批判している。ところが対中・北については歴史問題を素通りして、相手の土俵など先方を悪とする二元論に立ってしまっている。この矛盾撞着には、一向に気が付かないようだ。要は、政治に必要なのは「敵」であり、なければ作り出せばいいということだ、

 安倍政治は、それ以上でも以下でもない、反知性政治であるということに尽きる。

|

« 囲碁ソフトに勝つ! | トップページ | トランプ旋風の効用 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

民主党が政権を取ったのは、まさしく「自民以外なら良い」の票で、民主党を評価した有権者がどれだけいたでしょう

選挙制度では「この候補者は認めない」ということを投票用紙に書いても「無効」となるわけですから、どうしても現政権に意義が有る場合は野党に投票するしかありません。それが野合だろうと。

暴論・極論を言わせていただくと、民進党だろうがなんだろうが、私としてはなんでもいいから「反意」を投票できるまとまった数のいる政党が欲しいのです。

投稿: 玉井人ひろた | 2016年3月17日 (木) 08時24分

お説のような考えは、マスコミ世論調査では「支持政党なし」に分類されるのでしょう。支持政党なし党ができれば、政権が取れます。ただし、実際にそう書けば、無効票扱いになります。

政治家はよくよくそこを考えなければflair

投稿: ましま | 2016年3月17日 (木) 09時51分

よく言うよ。
「敵」を作る政治って、まさにいつも共産党がやっていることでしょう。

そしてさらには、左よりの人の常套手段でもある。
常に「敵」がいないと気が済まず、敵を作る。
過去の日本では統治者、
今の日本では自民党、政府、金持ち、企業家。
それらは市民にとっては敵であり、攻撃すべきものであえる。

投稿: makoto | 2016年3月18日 (金) 17時52分

それを言うなら、人民の敵、独占資本家・大地主・帝国主義です。昔は天皇も敵でした。しかし最近は恥ずかしいから共産党も言いませんね。

投稿: ましま | 2016年3月18日 (金) 18時35分

そうですねぇ。
ほんと、共産党って最悪ですよね。
あなたも首相じゃなくて、共産党をこき下ろしたら良いのに。
あーいう政治団体がいるから、日本がだめになるんですよ。

投稿: makoto | 2016年3月19日 (土) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/64466795

この記事へのトラックバック一覧です: 「敵」を作る政治:

« 囲碁ソフトに勝つ! | トップページ | トランプ旋風の効用 »