« 「敵」を作る政治 | トップページ | 海底資源大国「日本」 »

2016年3月17日 (木)

トランプ旋風の効用

 前回のエントリーは、「敵」を作る政治、だった。この中で、米共和党の大統領候補・トランプ氏の名を上げたが、狙いは、言わずと知れたわが安倍首相。このところ、新聞もテレビも米大統領予備選関連の記事満載だ。

 各州での選挙では、共和党はトランプ、民主党のクリントンでほぼ決まり、といった内容や、その生い立ちなどという記事が多いのだが、党の顔としてそれが決まるのが7月、日本の参院選、ことによると衆参同時選の時期とほぼ重なる。

 ところが、「米大統領が誰になったら日本の選挙ににどういう影響があるのか、ないのか」という記事はほとんど見かけない。「日本がアメリカの一州になったら」という、丸山和也自民党参院議員発言があるぐらいだ。もっとその点をしっかり取り上げてもいいのではないか。

 塾頭の希望は、トランプ氏が高支持率をそのまま維持できるよう、過激発言を次々と爆裂させて本選に向かうことだ。日本国民は、いかに安保条約抑止論を持ち出しても、もっとカネを出さなければ守ってやらないなどという彼でいいのか。

 集団的自衛権とか、切れ目のない共同作戦で遠く離れた外地の敵に、好戦的なアメリカと一緒に戦争をする、そういった場面が増えてきたらどうするのか――。

 トランプ氏は、それを問い直すチャンスを作ってくれる。その結果は、アメリカの本選にもすくなかからず影響するだろう。アメリカの一州以上の効果があるかもしれない。そして、日米友好に、これまでにない新時代が訪れれば最高なのだが。

|

« 「敵」を作る政治 | トップページ | 海底資源大国「日本」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/64501856

この記事へのトラックバック一覧です: トランプ旋風の効用:

« 「敵」を作る政治 | トップページ | 海底資源大国「日本」 »