« ここが違うよ!日本の新聞 | トップページ | 安倍だから危ない »

2016年3月28日 (月)

「孤立寸前」(その3 )、金正恩

 このシリーズは、前々回(その2)まで書けば次は北朝鮮・金正恩ということになるが、孤立が寸前ではなく、終わっているので書きようがない。そこでアメリカのトランプとも考えたが、これも変動要素が多く、まとまらない。

 ところが、両人には共通点があった。国外では評判が悪く孤立しているようなのだが、国内では熱狂的に迎える人たちがいる点だ。もちろん、つくられたものと自然発生的という違いがあるものの、奇妙な一致点である。

 さらに、昨日の報道によると、トランプ氏は軍事費をもっと負担しなければ在日韓米軍を撤退するとか、核保有を容認するどと言いはじめた。核兵器不拡散条約(NPT)は、国によって異論があっても国連で決めたことだ。

 米・中などもこの条約に参加している。日韓がアメリカの核の傘を捨てて自前のものを持つことは、トランプ氏が認めても世界は認めない。ことに中国は、北朝鮮・韓国・日本が核武装競争をするようなことになれば、日本はもとより、中国の安全も危機にさらされる。

 そうなる前に、中国は中朝国境を越えて軍事行動に出る可能性さえある。トランプ氏は日米安保廃棄も視野に入れている。民主党政権成立当初考えられていた「東アジア共同体構想」が、違う意味で再検討されることになるだろう。

 そして、アメリカの太平洋・アジア地区への軍事戦略シフトは意味をなさなくなり、アメリカの孤立はますます深まるだろう。その時、朝鮮半島と金正恩氏がどうなっているか、全く想像がつかない。一方、トランプが大統領になり、以上のような結果になる可能性は99%ない、と塾頭は考える。

|

« ここが違うよ!日本の新聞 | トップページ | 安倍だから危ない »

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

NPT脱退すればいいだけの話だけど。

中国の安全が気になるみたいね。

投稿: makoto | 2016年3月28日 (月) 17時18分

北朝鮮の真似をするわけですね。

投稿: ましま | 2016年3月28日 (月) 17時46分

日・韓、特に日本の米軍への負担金は、大げさに言えばアメリカの国家予算に影響を与える金額ですからね。
アメリカの財務担当者は、トランプ氏の無知さに呆れかえっていることでしょう

投稿: 玉井人ひろた | 2016年3月28日 (月) 21時56分

出た、このパターン。
何かと言うと、北朝鮮と同じだと揶揄する。
よくありますね。

クソむかつくアメリカ軍には日本から出てもらって、自国の防衛は自国で担う。
普通の考えだと思いますけど。

投稿: makoto | 2016年3月29日 (火) 01時37分

玉井人ひろた さま

モンロー主義復活――というのなら耳を傾けるのですが、不動産屋の銭勘定のようではどうもwobbly

makoto さま

揶揄なんてとんでもない。WikipediaにNPT脱退したのは北朝鮮だけと書いてありました。

自国の防衛は自国で担う。これは当塾でいつも言っています。ただし、国がどこであろうがむかつくのは健康上よくないな。

投稿: ましま | 2016年3月29日 (火) 07時18分

北朝鮮がNPTを脱退したのは知っています。
あなたの議論の仕方に、
「北朝鮮と同じです」
みたいな言葉がよく出てくるので、それを指したのです。

むかつくのは健康上良くない?
よく言いますね。
安倍総理に、いつもむかついているあなたが。

投稿: makoto | 2016年3月29日 (火) 15時50分

不思議ですねえ。安倍首相にむかつくと健康にいいのです。その結果戦争の病原菌が吹っ飛んでくれると、もういうことありません。

投稿: ましま | 2016年3月29日 (火) 16時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/64690281

この記事へのトラックバック一覧です: 「孤立寸前」(その3 )、金正恩:

« ここが違うよ!日本の新聞 | トップページ | 安倍だから危ない »