« お粗末過ぎる女性大臣 | トップページ | 鉄道と戦争 »

2016年2月11日 (木)

♪金鵄輝くニッポンの

 今日は建国記念日。昔は紀元節といった。学校で歌う歌は、♪雲に聳ゆる高千穂の……でタイトルの歌とは別。今から76年前、紀元2600年(昭和15年)奉祝歌で、年間を通じてのお祝いに、国家的規模で流行らせた歌だ。

 祝典は11月10日から14日まで行われた。ちょうちん行列・旗行列・音楽行進が街を練り歩き、昼酒許可、赤飯用もち米特配など、普段は見られない奇妙なイベントだった。

 父が割り当てられたのか買ってきたのかわからないが、奉祝歌のはいったレコードを持ち帰ってきた。この年は、2月2日に斎藤隆夫衆院議員が反軍演説をして問題になったが、新体制運動がスタート、7月には全政党が解党し10月に大政翼賛会が誕生した。また、全国に「隣組」が組織化された年である。

 11月15日、「祝ひ終わった。さあ働こう」と政府声明が発せられ、戦時体制(支那事変)にはっぱがかかった。米英との戦争になったのはそれから1年と13日目である。そもそも、文字も暦もない時代の2600年前の今日、日本が建国したなどと決めたのは誰か。

 『日本書紀』に、神武天皇が九州からやってきて奈良の樫原で即位した日が書いてある。文献はもとより、その裏付けとなるような考古学的遺構、データは一切ない。 

このタイトルに関連した古い記事(09/3/16)に「倭、やまと、日本」がある。それとダブル部分があるが、気が向いたのであらためて書いてみたい。

 かつては、「日本」をつけているのが右も左も大はやりだったが、今残っているのは「日本共産党」だけかな、と思ったら「日本を元気にする会」と「日本の心を大切にする会」という、生まれたての党があった。

 共産党は、他国の共産党と区別するために「日本」が必要なのだろうが、その他は国粋主義や右翼の先生たちが好んで使う傾向がある。安倍内閣の閣僚も多く参加する国粋主義の総本山も、日本会議と名付けられている。

 ところが、そういった人たちは、「日本」、特に「ニッポン」の発音が中国語由来だということを気にしていないのは奇妙な現象である。さきほどあげた『日本書紀』の「日本」は、中国の制度を参考にした律令制度が完成に近づく天武天皇のころに準備されたものだ。

 それが国際的に認められたのは、702年、中国に派遣された使者が「倭国」に換えて「日本国」とするという意向が認められてからである。「日本」の由来は、聖徳太子が遣隋使に持たせた「日出ずる国の天使、日没する国の天子に書を致す、つつがなきや」の手紙にあるとし、中国から見た位置関係を国名に選んだという説が有力である。

 塾頭は、ほかに原始時代からの太陽信仰もあると思うが、それなら「ひのもと国」にするか、以前と同じ「わ国」とし、「倭」の文字がいやらら「和」か「大和」と変えてもらった方がまだよかった。

 それはともかく、神武即位の年月や日まで特定した『日本書紀』は、当時の中国伝来の暦で好日を選び出した。同書は漢文で書かれ、有力筆者のうち二人は中国人だという。保守政治家が渇望する”美しい日本”や”道徳”も、多くは論語など中国古典の精神を引き継いだ儒教精神である。

 国家神道と言えば、天皇を中心に置いて明治初頭には「廃仏毀釈」に猛威を振るい、戦中は靖国神社信仰にも大きな影響をもたらした。その源泉が水戸学である。その中であった議論に、会津藩士佐藤忠満の一奇談という史料がある。(網野善彦『「日本」とは何か』所載)

「日本の号ハ唐人より呼候を、其まゝ此方にて唐人へ対候て称する所のみ」と主張する佐藤が「国号を申候事、大嫌之様子」

 さて、国粋主義・右翼方面の方は、「中国」と聞いただけで拒否反応を示し、アメリカと組んで影響を排除したいと考える向きが多いようだ。しかし、ニッポンも日の丸も佐藤藩士のように「大嫌之様子」ではなく「大好之様子」。さて、どうしましょう?。

 残念ながら、歴史は「中国あっての日本」なのである。

|

« お粗末過ぎる女性大臣 | トップページ | 鉄道と戦争 »

戦中・戦後」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

2月11日ですが、中国とか香港台湾などは旧正月の祝祭日なので、証券取引所が休日で閉まっていた。
もちろん日本も『建国の記念日』の祝日で閉まっていた。
日本の場合成り立ちそのものが『旧正月』の意味であり。具体的な『建国』を意識していなかった。
そして祝日明けの今日の株価とか為替ですが、…日銀のマイナス金利が吹っ飛んだ暴落後、どうなっているのでしょうか。
何やら1991年のバブル崩壊時の株価の動きから、多少上下しながら、地獄にまっさかさまに転落すると予想されます。

投稿: 宗純 | 2016年2月12日 (金) 10時22分

まさにそんな感じですね。
今日の財務相や黒田日銀総裁のコメントの空々しいこと。
普通の神経の持ち主なら、地獄の底に突き落とされた気分だと思うんですが。
アベノミクス、ご本人はまだ何とかなると高をくくっていそうです。

投稿: ましま | 2016年2月12日 (金) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/63897414

この記事へのトラックバック一覧です: ♪金鵄輝くニッポンの:

» 「日本」←の文字をどう読みますか?正しく読むと・・ [つぶやき古道(コミチ)]
北京オリピックの聖火騒動など毎日ニュースで流れないことは無いですね。日本でもどうなるか想像がつきませんが平穏にやって欲しいものです、平和の祭典なんですから、 さて、上記の全文を読んだ際に「日本」の文字なんと読みましたか?多分「ニッポン」と読んだ人と「にほん」と... [続きを読む]

受信: 2016年2月13日 (土) 08時28分

« お粗末過ぎる女性大臣 | トップページ | 鉄道と戦争 »