« ヘイトスピーチ抑止条例の愚 | トップページ | Do you know 安保② »

2016年1月18日 (月)

Do you know 安保①

 「アンポ反対!」と言って祖父・岸信介にたしなめられた幼児・安倍晋三くんが、総理大臣となり、突然「集団的自衛権行使は合憲」と言いだして騒ぎになったのが去年の1年だった。

 幼児・晋三くんは「安保」の何たるかを知らないで言ったのだ。それなら現在の大人なら知っているかと言えば、塾頭を含めはなはだ心もとない。今年は宜野湾市長選が来週24日にあり、夏には参院選挙がある。遅きに失した感はあるが、最低限度の勉強はしておこう。

日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約
 占領を終えたあと、冷戦の影響もあって占領軍の撤兵が遅れ、期限の定めのないいわゆる旧安保があった。これを、期限を10年とし今の条約に改訂したのが、岸・元首相の先導による、いわゆる「60年安保」である。

 あまり知られていないが、この条約には「集団的自衛権」という言葉がちゃんと入っている。そのくだりを「前文」から抜粋する。

 国際連合憲章の目的及び原則に対する信念並びにすべての国民およびすべての政府とともに平和のうちに生きようとする願望を再確認し、

 両国が国際連合憲章に定める個別的又は集団的自衛の固有の権利を有していることを確認し、
 
 両国が極東における国際の平和及び安全の維持に共通の関心を有することを考慮し、(以下略)

 この、自衛または集団的自衛権を行使できる範囲が、その後段ではっきりとしばられており、続く第3条、第4条、第5条で憲法順守義務とともに繰り返し出てくるのである。地球の裏側へ行ったり、ホルムズ海峡の機雷除去や遠くで戦争をしている米軍の兵站や輸送に当たってもいいとはどこにも書いてない。

 左翼政党の中には、安保条約、自衛隊の存在自体が違憲だとする議論がある。ともかくここまで55年間改訂されずに続いてきた条約である。地域限定のいわゆる「極東条項」あればこそ、ぎりきりセーフとしてきたのだ。

 歴代法制局長官が「集団的自衛権の権利はあるが行使はできない」としてきた解釈がある。それを「あるのを使えないという理屈はおかしい」と言って、閣議決定でひっくり返し、法改正にまで及んだことについて、政府推薦の学者を含む大部分の専門家が、憲法違反とした理由はここにある。

第三条 締結国は、個別的に及び相互に協力して、継続的かつ効果的な自助及び相互援助より、武力攻撃に抵抗するそれぞれの能力を、憲法上の規定に従うことを条件として、維持し発展させる。

第四条 締結国は、この条約の実施に関して、随時協議し、また、日本国の安全又は極東における国際の平和及び安全に対する脅威が生じたときは、いずれか一方の締結国の要請により協議する。

第五条 各締結国は、日本国の施政下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであるこしを認め、自国の憲法上の規定及び手続きに従って共通の危険に対処するように行動することを宣言する。

 第三条「武力攻撃に抵抗するそれぞれの能力」は、日本にとっては自衛能力であり、自衛隊がそれを担う。第4条に「極東」、第五条には「日本国の施政下にある領域」という地理的概念が現れる。

 第五条は、日本の領土・領海・領空であり範囲がはっきりしている。ここには米国人がたくさん住んでおり、米軍基地もある。従って「集団的自衛権」の発動は、当然と言えば当然となる。

 第四条の「極東」は、日本以外の地域における「国際の平和」が含まれる。政府の統一見解は、極東の範囲を「大体において、フィリピン以北並びに日本及びその周辺の地域であって、韓国及び中華民国の支配下にある地域もこれに含まれている」とした。

 「中華民国の支配下」というのは台湾を指しており、これが、在日米軍の行動範囲と読めないこともない。しかし、その行動は「事前協議」の対象となるが、極東ではないペルシャ湾に米軍が出撃しても、「所属部隊の通常の移動」としてしまえばそれまでである。これまで協議をしたということを聞いたことがない。

 それでは、自衛隊のイラク派遣や空輸協力など、安保とかけ離れたことがどうして実施可能になったか、在日米軍基地に付随する地位協定などは、次の課題としたい。

|

« ヘイトスピーチ抑止条例の愚 | トップページ | Do you know 安保② »

安保」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/63525297

この記事へのトラックバック一覧です: Do you know 安保①:

« ヘイトスピーチ抑止条例の愚 | トップページ | Do you know 安保② »