« 判決3題 | トップページ | ネトウヨ・B層・反知性 »

2015年12月18日 (金)

韓国の裁判、画期的か

 前回の題は「判決3題」であったが、今度は韓国の判決である。 産経新聞前ソウル支局長の名誉毀損訴訟で無罪判決が出た背景には、今回の事件が「言論の自由」の侵害だと国内外から強い批判を浴びていたことや、日韓関係に与える影響を裁判所側が考慮したという見方が多い。

 日韓双方で、よくて刑期が短い執行猶予付き判決か「宣告猶予」を予想していた向きも多かったようだ。塾頭は、これまで韓国については「書きづらい」などと何度も言ってきた。それは小学生時代、金君や李君など友達が大勢いたことや、長い朝鮮の歴史が周辺からの圧迫など、屈辱に満ちたもので、その痛みがよくわかるからである。

 また、70年にわたり南北に分断され互いに張り合わなければならない情けない運命のもとにあるということもある。北朝鮮は、美女合唱団を北京に派遣し、共産党や国家首脳を招いて公演する予定だったのを急遽中止し、そのままの帰国の途に就いたというニュースがあった。

 理由は、北京当局が、あまりにの金正恩礼賛の曲ばかりなので変更するよう申し出たのに、断って帰ったということらしい。違う次元の話だが、どうしても朴槿恵大統領のゴシップ関係判決と並べて考えてしまう。

 韓国に関して言えば、歴代、先軍主義をとなえ、ミサイルや水爆実験で大国を認めさせたい北に対し、自由と民主主義国を指向し、経済成長を成し遂げ、さらに一段と高い水準に達するためには三権分立や言論の自由などのレベルを高め、国際的認知を高めることが、有力な対抗手段ということになる。

 そこで、日韓の連携が強固になれば、安全保障面で米軍の存在に新たな意味が出てくると同時に、米中への発言力も高くなる。日本でも、日韓併合前後に生じた朝鮮人蔑視や、大戦で受けた大きな民族的被害や、国家分裂の原因などに目を覆ってはならない。

 民主主義や言論の自由などと共に、大局的な歴史認識の共有は避けて通れない。韓国の裁判が、その一里塚というには、まだまだほど遠いものがあるだろう。それより、日本国内にその方向付けに目をそむけ、逆行を意図する傾向すら一部にあるということに、もっと警戒の目を向けなければならない。

|

« 判決3題 | トップページ | ネトウヨ・B層・反知性 »

東アジア共同体」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

朴槿恵大統領の男性関係をネット上で公開したした産経新聞の加藤達也ソウル支局長ですが、
名誉毀損の無罪判決は「予想外だった」と、本人が正直に語っている。
確かに一般人とは違い公人である政治家。それもトップの大統領である朴くね氏なら、マスコミの監視は当然であり、また報道の自由は民主主義の根幹部分。今のような名誉棄損での起訴の連発は、韓国にとって非常に危険である。
ただ、産経記事ですが、あれは日本国内のお馬鹿なネットウヨのご機嫌取りのお馬鹿記事。
私人相手なら、間違いなく名誉棄損で敗訴する悪質極まるセクハラ行為で間違いない。
産経記事が事実ではないデマだったことは加藤記者自身が裁判の過程で認めているのです。
それでは何故予想外の無罪になったかですが、外務省が日韓関係の悪化を懸念して圧力を加えたから。裁判所が政府の意向で判決を捻じ曲げるのは何も日本だけの特徴ではない。
今回、韓国政府(外務省)の圧力を不満に思った裁判所としては、判決公判での異例の外務省書簡の公開(暴露)で、欝憤晴らし(仕返しを行ったのでしょう。)

投稿: 宗純 | 2015年12月18日 (金) 15時02分

早く仏像返せよ。

投稿: makoto | 2015年12月18日 (金) 16時41分

韓国外務省の書簡は公表されることを前提に、また裁判所も圧力に屈したという批判を承知の上で読み上げたようです。

どういう計算があったにしろ、砂川判決のように、裁判長がアメリカ側とこっそり会っていたのが日本です。

権力が闇から闇へ都合のいい方に捻じ曲げるよりは、あっけらかんとしていていいんじゃないのではないでしょうか。

しかし、楽観にはまだ時間がかかるでしょう。

投稿: ましま | 2015年12月18日 (金) 20時19分

makoto さま

過去に略取したり強制徴用された方も全部お返ししたらどうでしょうか。

投稿: ましま | 2015年12月20日 (日) 10時24分

出た。
この考え方。
とにかく、過去の日本が悪かったと決めつけるこの思考。

彼らは、帰ろうと思えばいつでも帰れるんですよ。
帰ればいいじゃん。

強制徴用については、反論するにも値しないので、ウィキをつけておきます。

以下、ウィキより引用

1910年の韓国併合以降、渡航する朝鮮人は急増し、内務省警保局統計によれば1920年に約3万人、1930年には約30万人の朝鮮人が在留していた[12]。併合当初に移入した朝鮮人は土建現場・鉱山・工場などにおける下層労働者で[13]、単身者が多くを占める出稼ぎの形態をとっていたが、次第に家族を呼び寄せたり家庭を持つなどして、日本に生活の拠点を置き、永住化もしくは半永住化を志向する人々が増えた[12]。河宗文によれば、「日本政府は朝鮮人の渡航を抑制したり受容したりしながら、朝鮮人労働者を日本資本の差別的構造の中に編入させて行った」とする[14][15]。当時、日本での朝鮮人の生活は劣悪なもので川辺や湿地帯に集落を造り、賃金も日本人の約半分であったとされる[16]。然しながら当時の朝鮮人の朝鮮国内の賃金と比較すると破格の高収入だった。朝鮮人の朴代議士によると1933年当時、年間約5万人の朝鮮人が日本で増加して問題になっていた。[17]
移入制限と解除[編集]
1919年4月には朝鮮総督府警務総監令第三号「朝鮮人旅行取締ニ関スル件」により日本への移民が制限され、1925年10月にも渡航制限を実施したが、1928年には移民数が増加した。朝鮮で1929年から続いた水害や干害によって、国外に移住を余儀なくさせられる者が増えた[18][19]。
1934年10月30日、岡田内閣は「朝鮮人移住対策ノ件」を閣議決定し、朝鮮人の移入を阻止するために朝鮮、満洲の開発と密航の取り締まりを強化する。


投稿: makoto | 2015年12月20日 (日) 16時30分

「過去に略取」って、それ、法律違反?
どんな国際法に抵触してるの?

だいたい、その当時、朝鮮は日本だったんじゃないの?
日本のものを持ってきて、なんの国際法、または国内法に触れるの?

それに、万万が一、それが国際法に抵触していると言っても、「日韓基本条約」にて、
「完全かつ最終的な解決」と書いてありますが、それでも返す必要があるの?

だったら、朝鮮に置いてきた日本の財産も返してもらう必要がありますね。

なんで「略取」なんて言葉を使いますかね。
本当に過去の日本がやったことがとことん許せないんですね。

投稿: makoto | 2015年12月20日 (日) 20時12分

××だねえ。相手の口調をそのまま逆手にとってからかっている冗談も読み切れないようでは……。
(。>0<。)

投稿: ましま | 2015年12月21日 (月) 08時57分

反論できないとき、そうやって茶化して逃げるのは悪い癖ですよ。

投稿: makoto | 2015年12月21日 (月) 09時15分

あのねえ、盗んだ仏像は過去日本が略奪した文化財だから返さない、と言っている先方の主張を知っているでしょう。

「知らない?」――、それでは話が分からないわけだ。

投稿: ましま | 2015年12月21日 (月) 12時54分

「相手」って韓国のことだったんですね。
では、納得。
失礼しました。

投稿: makoto | 2015年12月21日 (月) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/63026640

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の裁判、画期的か:

« 判決3題 | トップページ | ネトウヨ・B層・反知性 »