« さすがフランス! | トップページ | 判決3題 »

2015年12月15日 (火)

けったいな都構想

 先月23日に「けったいな大阪地方選」という記事を書いた。かつて大阪市の隣に住んでいた塾頭だが、大阪都構想とか、大阪維新の会というのがどうもよくわからない。だいたい大阪の人は「維新」とか、日本にひとつしかない「都」のことをよう知ってはるのやろうか。

 憲法改正で安倍自民党と相乗りできるというけど、95条の[特別法の住民投票]というのが都構想の邪魔をしているから改正したいというのだろうか。関係ないところに住む国民から見ると、勝手で迷惑でしかない。

 「明治維新」それは、後で権力側のだれかがつけた新造語で、当時の庶民は「ご一新」と言っていたというようなことを以前書いた。薩長土肥ならともかく、大阪にふさわしい名とも思えない。さて、その頃始めて市制を敷いた東京市はどうだったか。

 品川・大崎・渋谷・原宿・千駄ヶ谷・大久保・早稲田・高田・巣鴨・駒込・谷中・金杉・三ノ輪・押上・亀戸の諸村は入っていない。若者の町から、都の西北である早稲田、お年寄りの町巣鴨も東京スカイツリーも郊外の府下だったのだ。

 それが、区部や市域がけた外れに膨張し、水源地奥多摩から小笠原諸島までを管轄する「都」とした。大坂とはまるで規模やいきさつが全く違う。背伸びばかりせす、もっと別の知恵がないものか。なにか、それだけにこだわるから「けったい」に見えるのだ。

|

« さすがフランス! | トップページ | 判決3題 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

私も「都OO」という呼称は理解しにくい気がしています。
ただ、橋下氏がいう「大阪府と大阪市が別になっているのは変だ」という思いは解る気がします。

大阪府の面積は福島県の7分の1ほどしかありません。

乱暴な言い方ですが、福島県に住む私としてはそのくらいの面積の中で府だの市だのと分けていることは無駄な気がするんです。

投稿: 玉井人ひろた | 2015年12月16日 (水) 16時58分

昔調べたんですが市で日本一広いのがいわき市、2番目が横浜市でした。今は変わっているかも知れません。

ちなみに大阪との比較では、大阪府がいわき市の1,231.13km²の1.5倍。
いわき市は、大阪市が5.4個も入る広さです。

投稿: ましま | 2015年12月16日 (水) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/62980307

この記事へのトラックバック一覧です: けったいな都構想:

« さすがフランス! | トップページ | 判決3題 »