« 反知性アンケート | トップページ | 大岡裁き »

2015年12月24日 (木)

反戦塾乗15/12/24

 今日は、切り抜き3題である。

アメリカが恥ずかしい「辺野古移転」 

【平安名純代・米国特約記者】映画監督オリバー・ストーン氏や言語学者ノーム・チョムスキー氏ら米国の著名人や識者ら70人は22日、ケネディ駐日米大使が17日の東京での記者会見で米軍普天間飛行場の移設先について「辺野古が最善だ」などと述べたことに抗議する声明を発表した。大使の発言は「法律や環境、選挙結果を恥ずかしげもなく軽視する行為」と非難するとともに、米国を代表するケネディ氏に沖縄の基本的人権の否定をやめるよう米市民の立場から要請している。(共同通信

詳しくなった韓国の日本王(天皇)報道

日本王は、太平洋戦争での民間人犠牲者について、「平和であったならば、社会の様々な分野で有意義な人生を送ったであろう人々が命を失ったわけであり、このことを考えると非常に心が痛みます」とも話した。また、民間人船員の犠牲を例に挙げ、「将来は外国航路の船員になることも夢見た人々が、民間の船を徴用して軍人や軍用物資などをのせる輸送船の船員として働き、敵の攻撃によって命を失いました」とし、「本当に痛ましく思います」と付け加えた。

朝日新聞は、日本王が民間船員の犠牲に言及した際には感極まった様子で言葉を詰まらせたと伝えた。同紙は、「船員の犠牲は6万人を超え、3割は20歳未満の少年だった」と伝えた。

日本王は8月15日に行われた戦没者追悼式で、公式の席上で初めて「深い反省」という表現を使うなど、安倍晋三首相の右傾化を牽制する言動を続けている。(東亜日報

「らしさ」が抜けない共産党新機軸

共産党の志位和夫委員長は24日、大島理森衆院議長と国会内で会い、これまで党として出席を見合わせてきた国会の開会式に来年1月4日召集の通常国会から出席する方針を伝えた。
 同時に、天皇陛下が一段高い席からお言葉を述べる現在の形式は「憲法の主権在民の精神からふさわしくない」として抜本的な改革を求めた。大島氏は「承った」と答えた。
 
  志位氏によると、共産党は1947年に現行憲法下で最初に開会式が行われた際に一部議員が様子を見るために出席したのを除き、一貫して開会式を欠席してきた。安倍政権に対抗して同党が野党に「国民連合政府」構想を呼び掛ける中での今回の方針変更は、共産党の現実路線への転換をアピールする狙いもありそうだ。(時事通信
 

|

« 反知性アンケート | トップページ | 大岡裁き »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/63127858

この記事へのトラックバック一覧です: 反戦塾乗15/12/24:

» 平和とは人権に関する問題byケネディ元米大統領 [Dendrodium]
反戦塾の「反戦塾乗15/12/24」で下記記事を紹介しておられたので、この記事を知った。 「ケネディ大使は父の演説を読み直せ」米著名人ら辺野古発言に抗議 2015年12月24日  【平安名純代・米国特約記者】映画監督オリバー・ストーン氏や言語学者ノーム・チョムスキー氏ら米国の著名人や識者ら70人は22日、ケネディ駐日米大使が17日の東京での記者会見で米軍普天間飛行場の移設先に...... [続きを読む]

受信: 2015年12月24日 (木) 17時17分

« 反知性アンケート | トップページ | 大岡裁き »