« テロの根源に変化 | トップページ | けったいな大阪地方選 »

2015年11月21日 (土)

権限移譲×、委譲○

 おたくのワープロソフトで「けんげんいじょう」と入れ、漢字転換するとどうなります?。塾頭のは「権限移譲」と出ます。どうやら安物を買ってしまったらしい。「委譲」が正しいようです。

 いや、機械のせいにしてはいけない。塾頭の作文で「権限移譲」となっていても、多分誤植に気付かずそのまま見過ごしたに違いありません。同志社大学の浜矩子先生が、毎日新聞(11/21)のコラムで次のように書いておられます(抜粋)。

基地問題を巡って、沖縄県と国が真っ向から対立している。事態はついに法廷闘争の領域に踏み込んでしまった。

(中略)法手続きとしては、国の行動に問題があるとはいえないのだろう。だが、ルール違反でなければ、何をやってもいいというわけではない。こんなことを、国の政治と行政に向かって言わなければならないとは、いかにも情けない。

一連の展開をみながら、頭に浮かぶのがサブシディアリティー(subsidiarity)という言葉だ。これに対応する日本語は「権限委譲」だ。

 この言葉が、しばしば誤解される。字も誤って書かれる場合がある。時として「委譲」の「委」が「移」になっていたりする。そして、意味するところは、中央から地方に権限の一部を「移す」ことで、地方自治を推進することだと理解されたりしている。

 これは違う。権限は中央から地方に移転されるのではない。地方が中央に委託するのである。主体はあくまでも地方である。地域社会を構成する市民たちだ。その市民たちが、自治を展開する中で、自らの権限の一部を中央政府に委ねる。それが合理的だと市民たちが判断するから、そのように動くのである。

 今回の訴訟にいたる過程で、政府は、外交安全保障政策は国の専管事項だという発想に立脚してきたのだろう。現状における仕組みとしては、確かにその通りだ。

 だが、そのような仕組みになっているのは、日本の市民たちが外交安全保障の領域を国に委ねたからにほかならない。あくまでも、市民たちの意思でそうなっている。何も、神様がその権限を国にプレゼントしたわけではない。

 安倍首相は、多分浜先生の意見にご不満でしょう。国会討論で質問者が、集団的自衛権などで法制局長官に質問した時、手を挙げて自ら答えようとしました。これに対して質問者が「首相ではない。長官に答えてほしい」と繰り返し要請したのに対し「私が答える。私の方が上なんだから(議事録を見てないので正確ではない)」といった光景を見たことがあります。

 一番偉いのは「国民」。質問した議員は、その国民に代わって質問をしたはずです。憲法は国民が国をしばるもの。首相が勝手に解釈していいわけがありません。こういった「誤植」が政治や役所で堂々とまかり通る。

 すくなくても、10何年前にはそうではなかったのです。憲法には、前文を含め「国民主権」を至る所で宣言しています。自戒も含めて、みんなでこれをもとに戻そうではありませんか。

|

« テロの根源に変化 | トップページ | けったいな大阪地方選 »

憲法」カテゴリの記事

コメント

私のパソコンも「権限移譲」に変換されますし、それが正しいと思います。

なぜなら・・
同志社大学の浜矩子氏の考え方は理解できましたが、「委」と「移」に関しての話しは同氏の誤解(大間違い)ですからです。

「権限委譲」と「権限移譲」の違いはこうです。

・権限移譲
⇒‘対等’な立場の者や組織同士による権限などを‘譲り移す’こと。

・権限委譲
⇒上位の(強い)立場に在る者や組織が、‘下位’に在る立場の者や組織に権限を委ねること。

つまり、弱い立場の地方自治体が、強い立場の国へ権限を譲る行為は「権限返上・放棄」、または国による「権限剥奪」というような言葉になるのかもしれません。

投稿: 玉井人ひろた | 2015年11月23日 (月) 19時16分

浜先生のは、民主制の発生元、欧文から解釈したもので、日本語では音が同じ「委」と「移」双方とも正しいと思います。

よく考えると、その双方にそれほどの違いはないのではないか、という気もしてきました。

投稿: ましま | 2015年11月23日 (月) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/62617514

この記事へのトラックバック一覧です: 権限移譲×、委譲○:

« テロの根源に変化 | トップページ | けったいな大阪地方選 »