« 古墳発見発表のウソ | トップページ | 反戦塾乗15/9/11 »

2015年9月 9日 (水)

法的安定性、戦前は?

 礒崎陽輔首相補佐官が、ある集会で「法的安定性は関係ない」と発言し、国会の参考人に呼ばれたことは、本塾7月31日付で書いています。そこでも言いましたが、この言葉を最初に聞いた時、すぐピンとはきませんでした。

 国会議員も、エリート官僚出身者か弁護士など法律専門家の経験がある人以外は、多分同じだったのではないかと思います。しかし、塾頭は「これは大変なことを言っているのではないか」と思うようになりました。

 磯崎補佐官は、国会で発言を取り消し陳謝しましたが、それ以上追及されることもなく、補佐官を更迭されたり、議員を辞職したりすることもないままです。この発言は「早く質問しろよ」の野次や、うっかり発言とは違います。東大法学部出身で自治省に任官し、著書もある同氏の「確信犯的」発言で、安倍首相の真意を別な表現を用いて説明したつもりなのかも知れません。

 戦前、日本が軍国主義に走り、軍部が超法規的行動を繰り返したのは、まさにこの「法的安定性」を欠いた状況を利用したとしか思えないのです。当塾ではこれまでも個々の事例として取り上げてきましたが、「法的安定性」でくくったことはありませんでした。

 その最大のものは「統帥権」問題です。まず、「日本帝国憲法」を見ておきましょう。

第一章 天皇
第五条 天皇ハ帝国議会ノ協賛ヲ以テ立法権ヲ行フ
第十一条 天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス
第十二条  天皇ハ陸海軍ノ編制及常備兵額ヲ定ム

第六章 会計
第六十四条 国家ノ歳出歳入ハ毎年予算ヲ以テ帝国議会ノ協賛ヲ経ヘシ

 以上の各条項のうち天皇と議会にそれぞれ権能があるように読めるところがあります。これらは、まさに「法的安定性」に問題があったのではないでしょうか。以下、『日本近代史小辞典』角川書店から抜粋します。

(前略)このため軍の編成をめぐり内閣と対立するケースが起り、たとえば、一九三〇年(昭和五)ロンドン海軍軍縮条約批准をめぐって統帥権干犯問題をひき起こし、これをきっかけに軍部や右翼はファシズムの道を切り開いた。

 次に掲げるものは「陣中要務令」といって、1924年(大正13)8月に出されたものです。これは、軍隊独自で軍人向けに出されたもので、法律に準ずる政令に当たります。

 その中には、戦では何が起こるかわからない、命令通りにできないときは「独断専行」でチャンスを失ってはならない(下記三)とあり、四では、典則は臨機応変に運用し、七は、遅疑逡巡するより、たとえ方法を誤まっても断行して軍隊を危機におとさないようにせよ、とあります。

 なんと、法を安定させてはならない、という法なのです。以下、資料として関連項目の原文(当用漢字使用)を載せておきましょう。

 三 命令ノ実施ニハ独断ヲ要スル場合尠ナカラス蓋シ兵戦ノ事タルソノ変遷測リ難ク命令ノ指示情況ノ変化ニ伴ハサルコトアリ此ノ如キ場合ニ於テハ受令者自ラ其目的ヲ達し得ヘキ方法ヲ採リ独断専行以テ機会ニ投セラル可カラス然レトモ独断専行ハ応変ノ道ニシテ常経ニ非サルナリ漫ニ発令者ノ意図以外ニ逸脱ス可カラス

 四 典則ハ運用ヲ待ツテ始メテ光彩ヲ発揮ス而シテ運用ノ妙ハ人ニ存ス人々宜ク身ヲ以テ責ニ任シ機宜ニ応シ之ヲ活用スヘシ固ヨリ濫ニ典則ニ乖ク可カラス又之ニ拘泥シテ実効ヲ誤ル可カラス

 七 為ササルト遅疑スルトハ指揮官ノ最モ戒ムヘキ所ト為ス苟モ之ヲ為シ之ヲ断行セハ縦ヒ其方法ヲ誤ルモ尚為ササルト遅疑スルト寧ロ方法ヲ誤ルヨリモ甚シキモノアレハナリ 

|

« 古墳発見発表のウソ | トップページ | 反戦塾乗15/9/11 »

戦中・戦後」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

特例処置枠を増やしておけば、政府や官僚は「臨機応変」などと大義名分を作っての行政がやりやすいですからね。

投稿: 玉井人ひろた | 2015年9月12日 (土) 18時55分

そういう人に限って「自由と法の支配という共通の価値観」などということをよく言います。「よくいうよ」というのはここから来たのでしょうか?。(笑)

投稿: ましま | 2015年9月12日 (土) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/61535150

この記事へのトラックバック一覧です: 法的安定性、戦前は?:

» 9月14日(月)18時半~ 「 NO WAR 14日決戦 目指せ国会正門前!! 」 [政治Ⅱ]
8月30日を超える規模で強行採決を阻止、戦争法案を廃案にしましょう。 今回は全員国会正門前に集合です。 詳細はリンク先にお願いします。 戦争法案に反対する国会正門前抗議 http://got.angry.jp/0914/                             日時:9月14日(月) 18時30分~ 場所:国会正門前 安倍政権を倒そう!集会&デモ...... [続きを読む]

受信: 2015年9月10日 (木) 23時11分

« 古墳発見発表のウソ | トップページ | 反戦塾乗15/9/11 »