« 新学期  | トップページ | 歴史修正主義の本場は中・韓へ »

2015年9月 1日 (火)

メルケルさん偉い!!

 先月29日のエントリーの結論に難民受け入れに前向きなドイツのメルケル首相を「偉い!!」でしめくくったところ、あたかも誤認であるかのようなコメントをいただいた。何が本当かは常識的に判断すればわかるが、そのままにしておくと誤解のもとにもなるので、今配達された毎日新聞・東京の夕刊の記事を(全文を掲載するのは当塾の方針に反するが)以下引用しておく。


 【ブリュッセル斎藤義彦】ドイツからの報道によるとハンガリーに集まっていた約2000人の難民のうち、約800人が8月31日から1日にかけ、ドイツ南部バイエルン州に列車で到着、ミュンヘンなどの施設に収容された。メルケル独首相は31日の記者会見で難民の受け入れと統合策が「国家の中心課題になる」として、定住・就労や独語教育などに取り組むと述べた。
    
 列車でハンガリーからドイツに向かった難民は一時、ハンガリー・オーストリア国境やウィーンに留め置かれた。数百人はオーストリアに残され、残りはドイツに到着した。ミュンヘン駅に到着した難民はドイツに感謝の意を述べた。

 メルケル首相は今年、80万人と予測される難民のうち半分は定住するとの見通しを述べた。ドイツが債務危機を乗り越え、脱原発を実現した実績をあげ、難民の受け入れを「成し遂げる」と決意を語った。一方、難民への攻撃や収容施設への焼き打ちには「国家として厳しく対応する」として「人間の尊厳を傷つけるものは容赦しない」と極右ネオナチなどの難民排除の動きを批判した。

【つけたし】当ブログは、毎月前月分をまとめてCDにバックアップするのを長年の慣習にしている。今日それを試みたらDVDドライブが機能しない。半日苦闘したが、先月7日にウインドウ7を10に無償グレードアップしたせいかも知れないと気が付いた。

 7に戻せるのは1カ月以内だ。危ない危ない。やってみたらやっぱり原因はそれだった。いずれCDもフロッピーと同じ運命をたどるのだろう。バラパゴス化する塾頭である。

|

« 新学期  | トップページ | 歴史修正主義の本場は中・韓へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

記憶媒体は、どうなるか想像がつかないくらい進み続けていますね。

ただ、長期保存に関しては昔の磁気テープやフロッピーの方が未だに実績が有るそうです

投稿: 玉井人ひろた | 2015年9月 1日 (火) 18時53分

音盤、フィルム、磁気テープ、フロッピー、CDからUSB、150年でこれだけと思えば少ないような気もしますが(*^-^)。

投稿: ましま | 2015年9月 1日 (火) 20時32分

偉い!
なんて持ち上げてるけど、
「成し遂げる」と言ったのを
直接本人から聞いたんですか?

投稿: makoto | 2015年9月 2日 (水) 00時48分

斎藤義彦さんに聞いてください。

投稿: ましま | 2015年9月 2日 (水) 10時09分

それにしてもヨーロッパはえらいことになっています。
原因はアメリカが次々と自分の気に入らない政権をぶっ潰すので、
これ等の国々の国民たちが住めなくなったく故郷を捨てて、ドイツなど欧州を目指しているが、そもそもが命がけの脱走なのですから、鉄条網程度では到底防げない。
下手人であるアメリカは離れているので、騒動に巻き込まれずに済んでいる。
ある種の愉快犯。

これはローマ帝国を滅亡させたゲルマン人の民族大移動と同じ種類の話ですよ。
同化政策を受け入れる今までの移民とは性質が違い、彼等は自分たちの文化や宗教を捨てる心算はさらさら無い。
命の危険があるから仕方なく移動しただけで、ドイツなど欧州の文化の優位性を認めたからではないのです。
ですから今までにあった個人の移民とか亡命とは性質が違い、民族集団として移動しているのですから、これは2000年前と同じような欧州全体の大変革に繋がるでしょう。

投稿: 宗純 | 2015年9月 2日 (水) 16時43分

避難民がムスリムであったにしろろ、出身地はばらばらで宗教指導者もいない。当面難民としての保護を受け入れるしかないでしょう。

ドイツなどで一定の教育を受けその先どうなるかです。自然災害でないので加害者は――ということになると、最大公約数は、どうしてもアメリカ、ということになってしまうのではないでしょうか。

これは、ビンラディンと似た位置に立つことを意味します。ドイツなどの教育がうまく機能しないと、大変革を呼び込むことになるかもしれません。

日本の国会の集団的自衛権論争などが児戯レベルの文字通り絵空事であることがわかります。

投稿: ましま | 2015年9月 2日 (水) 19時10分

これまでも英仏などで移民二世の若者たちが暴動やらテロやら、色々な大問題が起きているのですが・・・
親の世代の移民一世は、自分たちを受け入れたイギリスやフランスに感謝しているのですが、
対象的に子世代では感謝どころか、
差別に怒りを募らせる。
暴れる若者たちですが、基本的に仕事が無いので失業中なのです。
暴動は当然であり、サルコジのように力で抑えればもっと過激化してテロに走る。
英仏に比べドイツが比較的良いのは経済が好調で失業率が低いからでしょう。
日本以上に少子高齢化が進む韓国ですが、欧州のように大量の外国人労働者を受け入れているのに、何故か欧州のような問題が起きていないのですが、
この秘密は簡単で、
韓国では昔の南アのアパルトヘイトのように外国人労働者に対して人権とか生活保護が無いかららしい。
今の欧州では建前として人種差別は御法度であり、全ての市民に対して生活を保障しているが、これでは移民の洪水(民族大移動)は必然でしょう。
今まではまがりなりにも、北アフリカとか中東の政府が健在だったから、起きなかっただけなのです。

それを思えば、アメリカの責任はトンデモナク大きい。
過去にはベトナム戦争の敗北でCIAが雇っていたラオスの山岳民族のバンパオ将軍のメオ族特殊部隊を家族と共に5万人アメリカに亡命させているが、アメリカに移り住んでも今までと同じように麻薬の売買などを繰り返し問題化している。

後始末ですが、アメリカが引き受ける気はゼロですよ。

投稿: 宗純 | 2015年9月 3日 (木) 09時18分

宗純さま
コメントありがとうございました。

韓国の実態はもっと知りたいですね。前にも書きましたが他人事のように思えないからです。韓国最大の矛盾は南北問題で多くの日本人はその深層心理を知ろうとしません。日本の安全は安倍さんのようにもっぱら北朝鮮ではなく韓国の安定だと思いますが、そうなるには前途遙遠ですね。

投稿: ましま | 2015年9月 3日 (木) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/61420013

この記事へのトラックバック一覧です: メルケルさん偉い!!:

« 新学期  | トップページ | 歴史修正主義の本場は中・韓へ »