« 10万人集会 | トップページ | メルケルさん偉い!! »

2015年8月31日 (月)

新学期 

 今日は8月最後の日。最近は夏休みを終え新学期が近づくと中学生の自殺が増えるそうだ。宿題ができていない?、いじめが気になる?――、そんなことが引き金になるのだろか。塾頭はその時代、生まれてこのかた絶えることのなかった戦争が終わり、兵隊にとられたり、志願したりで死ぬこともなくなったのだ。

 折から新聞に連載された小説「青い山脈」をむさぼるように読んだ。初めて手に入れた言論の自由、青春の自由を謳歌するのに精いっぱい。やっと与えられたこの先の人生を断つことなど、考えられなかった。

 自殺したのは、すこし年上になるが東大生でアプレ(戦後)エリートを演じた『二十歳のエチュード』の著者・詩人の原口統三や、闇金融「光クラブ」を操った成金・山崎晃嗣などがいる。だが、戦争の影響があったにしても彼らとは次元が違う。

 給食制度などなかった時代、米の作柄がどうなるかが最大の関心事だった。「クリスマス用豆電球の輸出が活況を呈している」などというニュースが報じられると、「これて小麦などが買えれば配給が多くなる」と喜んだものだ。

 しかしこの季節、なんとなく落ち込む気分になるのはわかる。輝く太陽のもと、どう有意義な夏休みを過ごすか、それなりに希望を膨らませる。その夏が過ぎて秋風になく虫の声は、子供の心にもなんとなくものさびしいものだ。

 まさかそんなことではねー。深刻な心の葛藤を救うのは親なのか先生なのか友達なのか、塾頭にはわからない。受験戦争がからんでいるとすれば、教育行政にかかわりがあるのかも……。ブログを操っていても、スマホ全盛時代を理解するには程遠い。

|

« 10万人集会 | トップページ | メルケルさん偉い!! »

ニュース」カテゴリの記事

戦中・戦後」カテゴリの記事

コメント

私の地域の隣接する本宮市では昔、「こころの山脈(やまなみ)」という、小学校に赴任してきた若い女性教師と子供たちの交流を描いた「山岡久乃さん」主演の映画が作製されました。
http://fukushima-net.com/sites/content/1230

ただ、「青い山脈」の映画の知名度が高く、いまでも「こころの‘やまなみ’」を「こころの“さんみゃく”」と勘違いしている人が少なくないです。

投稿: 玉井人ひろた | 2015年9月 1日 (火) 09時12分

小学校に赴任してきた若い女性教師で思い出すのは壺井栄の『二十四の瞳』です。
主人公の大石先生が生きておられたら100何歳になるでしょう?。

この小説は永遠に生きてほしいものです。

投稿: ましま | 2015年9月 1日 (火) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/61403428

この記事へのトラックバック一覧です: 新学期 :

« 10万人集会 | トップページ | メルケルさん偉い!! »