« 千載に悔いを残さぬよう | トップページ | 戦争は70年前ではない »

2015年8月27日 (木)

「在日」

 以前、ネトウヨなどが、社会党の土井たか子さんを「在日」とはやしたてたのを書いたことがある。気に入らない意見に反論できないと誰彼となく「在日」にされてしまう。

 一時はやったへイトスピーチと同根であるが、塾頭はこれを規制しようとか、法的にどうのというのは、賛成しかねる。というのは、「在日」であることは多分正しいからである。日本人のおそらく大半は、天皇家をを含め朝鮮や中国にそのルーツがあるからだ。

 特に韓国については、慰安婦問題、歴史問題など、どう書くにしてもわが身にはねかえってくるような気がして書きにくい。かの国のおばさんにも困ったものだが、ヘイトスピーチを法律で、というのも、恥ずかしい話で、常識的な世論で十分抑え込むことが可能であろう。

 歴史問題でもそうだ。本来はよく知り合っている同士なのだから話は合うはずだ。ただ、そこへ国が入ればまとまるものもまとまらなくなる。NGOで気長にやるしかない。ベースになるのは相手に対する尊敬の念である。

 塾頭はかつて、小学生時代同級生に尊敬すべき朝鮮人の友人がいたことを書いた。しかし、反対に一般的には朝鮮人を蔑視する風潮があり、親の口真似をしてからかう怪しからん奴が同級生にいたことも事実だ。

 「チョーセン、チョーセンと言ってパカにするな。おなチ飯食うトこ、ちカう」朝鮮人は濁音が苦手でそれをからかうのだ。当時、同じ飯というのは米飯のことだとばかり思っていたが、イスラム関連の本を読んでいて、ちょっと違うかな、と感じたことを書いておく。

 「汝より前にわし(神)が世に遣わした使徒たちも、みなめしを食い、市場を歩き回っていたものだ」(コーラン25章、22節)

 神は唯一神のアッラーで、使徒とはアブラハムとかキリスト、そしてムハンマドなどをいう。朝鮮人はムスリムではないが、神のもと、すべての人間に差別はないのだ、という人種差別を超えた理念からきているのかもしれない。これを理解できないということは、へートスピーチ規制同様、やはり恥ずかしい話だ。

|

« 千載に悔いを残さぬよう | トップページ | 戦争は70年前ではない »

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

今年、ドイツリーグから「名古屋グランパスエイト」の所属になり、久しぶりにJリーグに戻ってきた「チョン・テセ選手」は在日コリアン3世です

その選手が以前自叙伝的な本を出版しているのですが、そのタイトルが「在日」というものです。

わたしはそれを買って読み、難しい問題と複雑な在日の方々の思いの一端をその本で感じ取った思いがしました

投稿: 玉井人ひろた | 2015年8月27日 (木) 20時56分

玉井人ひろた さま

マスコミの露出度が高い姜 尚中さんも同名の著書がありますね。

我が家には韓国人の著作、4,5冊ありましたが「在日」はありませんでした。

投稿: ましま | 2015年8月28日 (金) 07時37分

1923年1月生まれなので92歳の李登輝元総統ですが、中曽根元首相よりも元気で色々発言して物議をかもしているが、
いわく、
「第2次世界大戦期間の台湾人は「日本人として祖国のために戦った」と発言するとともに、
「70年前は台湾と日本は同じ国だった。同じ国なのだから、台湾が日本に対して抗戦することは当然事実ではない」と主張。
台湾の現在の馬総統は対日戦勝70周年を祝っているのですが、ある種の歴史の偽造であることは間違いないでしょう。

この李登輝元総統ですが台湾も領有権を主張する尖閣諸島についても、
「釣魚台列島が台湾と日本どちらのものか、米国人に聞いてみればいい」
と言い切った。
言いたいほうだいのロシアのジリノフスキー自由民主党党首やアメリカのトランプ氏のようで、何とも愉快ですね。

投稿: 宗純 | 2015年8月28日 (金) 14時05分

歴史を知らない今の御バカなネットウョがいう『在日』ですが、
70年前は全員が日本人だったのですね。
ところが、日本の敗戦した途端に何の相談もなく勝手に、在日朝鮮人だと身分が大きく変化して現在に至っている。
それなら、我々の様な一般の日本人は全部、在日日本人なのですから、
日本中、みんな仲良く全員が『在日』なのです。

投稿: 宗純 | 2015年8月28日 (金) 14時16分

宗純 さま
コメントありがとうございました。

歴史を直視するということは、朝鮮・台湾が植民地というのは間違い。朝鮮を日本にしてしまったわけですが植民地としての経済的メリットより李王朝の外債肩代わりやインフラ投資の負担が大きかった。ロシアの「朝鮮を南北に分けてそれぞれの勢力範囲にしよう」という野望を日本が砕いた功績はあると思います。
しかし、日本が大戦に負けて結局分断国家になったのは歴史の皮肉であり、日本の責任と言えましょう。


日本から朝鮮に売れたものは綿製品ぐらいでしょうか。台湾も市場としてのメリットがなく、欧米基準の植民地ではありません。満州だけは大勢の開拓農民を送り込んだことから植民地支配と言えるでしょう。

しかし、アメリカ大陸やオーストラリアなどには遠く及びません。

投稿: ましま | 2015年8月28日 (金) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/61347927

この記事へのトラックバック一覧です: 「在日」:

« 千載に悔いを残さぬよう | トップページ | 戦争は70年前ではない »