« 世界遺産は妥協を排せ | トップページ | ijime(いじめ) »

2015年7月 6日 (月)

衆愚政治

 5日に投票が行われたギリシャの国民投票は、半数の投票所の開票が済んだ時点で緊縮策への反対が61%を上回り、アレクシス・チプラス(Alexis Tsipras)首相は勝利を宣言した。(AFP・時事)

 「民主主義」は古代ギリシアのアテネで生まれた。しかしそれし同時に「衆愚政治」という欠陥も生み出すことになった。塾頭は、今回の投票がそれだとは思っているわけではない。ただ言葉を思い出したまでだ。Wikipediaではこう定義する。

 有権者の大半が知的訓練を仮に受けていても適切なリーダーシップが欠けていたり、判断力が乏しい人間に参政権が与えられている状況。その愚かさゆえに互いに譲り合い(互譲)や合意形成ができず、政策が停滞してしまったり、愚かな政策が実行される状況をさす。

 衆愚政治になるかどうかは、その結果により歴史が決めることである。結果がわかるにはそんなに時間がかからないだろう。ギリシアもさることながら、このところの日本が、衆愚政治と言われるような結果にならないことを念ずるばかりである。

|

« 世界遺産は妥協を排せ | トップページ | ijime(いじめ) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

今回の結果は2対1の圧倒的多数がIFM案を否定したが、
事前の世論調査(毎日とかNHK)では逆に賛成が1%の小差だが上回る。
今朝の毎日新聞では、このネタばらしを行ってるのですが、裕福層は賛成で、貧困層では逆に反対だったらしい。
それなら大使館のある地域などで事前に、与論調査すれば、賛否が拮抗するが、
実際の一般の国民投票では当然否決される。
ギリシャですが既に5年間もIMFの指示どうりに緊縮策を行ったが経済が良くなる兆しが一向に見えない。
良くなるどころか、益々加速度的に悪化したのですから、今回の反対多数は、当然な成り行きでしょう。
我が日本国では今でも米国(IMF)の経済政策には絶大な信用が有るが、ギリシャなど世界から見れば例外なのです。
日本アメリカの信用度の高さですが、これは敗戦後の経済成長の成功例の賜物でしょう。
敗戦後の成功体験で、安倍晋三などはアメリカに付いて行きさえすれば成功すると信じているが、
ところが、冷戦崩壊で世界は大きく変わる。
今では25年間も少しずつ日本は死につつあるが、
別に官僚や政治家が日本独自の経済政策行ったからでは無くて、
話は逆でアメリカの指示の通りに必死に日本が経済改革に努力した結果です。
ギリシャ人ですが、5年で真実に気がついたが、日本人は25年も続いているのに真実に気がつかない。

投稿: 宗純 | 2015年7月 6日 (月) 16時21分

宗純 さま
戦後の農地改革、マーシャルプラン、ドッジ勧告などの言葉を思い出しました。

安倍さんは評価したくないでしょうが、労働3法や労働組合の潜在的力も大きかったと思います。

 生産性向上運動には批判的でしたが、生産委員会などで経営者と共通の議題で前向きな議論をしてました。

投稿: ましま | 2015年7月 6日 (月) 18時07分

日本に文化的にも経済的にも政治的にも一番近い国は、距離的に一番近い韓国(多分二番手が中国)なのですが、良いところだけでは無くて、悪いところもそっくり。
ところが日本が長年デフレで経済が衰退する中で韓国や中国は上昇(インフレ)を続けている。
GNPで中国に追い抜かれた原因とはインフレとデフレの差であり、日本の若者たちの右傾化もデフレによる衰退が原因している。
何と、今では世界一の自動車会社であるトヨタよりも韓国のヒュンダイ(現代)自動車の方が給与が年間100万円も高いと朝鮮新報が報じているが、
この日韓の違いの原因ですが、韓国ではストライキを行う戦う労組が健在ですが、今の日本の場合ストなど夢のまた夢。
日本ですが、労務管理が成功しすぎて、それが今のデフレの原因なのだとしたら、
成功こそが大失敗の元だったとの笑えない笑い話になります。

投稿: 宗純 | 2015年7月 7日 (火) 15時54分

日本の労組も、労務管理の片棒を担いでいると言われたものですが、経営者がは利益、組合側は健康・福祉などと立脚点が違うので合わせると立派な結論が得られたと思います。

官僚の方も労働省・厚生省で異なる観点があった。それを同じ官庁にしたため、労組のの後ろ盾がなくなったような気がします。派遣業法など、その影響があるのではないでしょうか。

投稿: ましま | 2015年7月 7日 (火) 18時02分

池上氏の解説によると、今回の反対多数の結果はそうなった場合にギリシャ支援を考えているロシアと中国が喜ぶそうですが・・・
実際はどうなのかを知りたい気がします。

投稿: 玉井人ひろた | 2015年7月 8日 (水) 21時19分

玉井人ひろた さま

私もそう思います。いずれも、ギリシアへの特殊な思い入れ感情があるのでは?。EUもロシアも中国も。

 ヨーロッパ文明生みの親という意味で、こことコネを持ちたいという恋心です。

ロシアはノルマン系で正教会を奉ずる生粋のヨーロッパ人という意識、EUは欧州共同体にいなければおかしいという身内意識、中国は東西をシルクロードで結ぶ起点でギリシアは伝統ある西の玄関という位置づけ。

だから、ほいほいとカネを貸してしまう。返せないとじゃあ私が貸しましょうという言い寄ってくるところがでてくるから、ギリシア人ものんびり海岸でレジャーを楽しんでいられるのでしょう。

 

投稿: ましま | 2015年7月 9日 (木) 07時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/60635809

この記事へのトラックバック一覧です: 衆愚政治:

« 世界遺産は妥協を排せ | トップページ | ijime(いじめ) »