« 猫「亡くなりました」→NHK | トップページ | 自衛隊機が沖縄爆撃? »

2015年6月27日 (土)

言論統制体質

 自民党の若手議員が作家・百田尚樹を招いた勉強会とやらで、マスコミの言論を広告費で締め上げろといったり、百田氏が沖縄県紙2紙がつぶれるといいなどと言ったことが国会で追及された。

 読売新聞が社説でとりあげるなど、産経新聞を除く各マスコミは一斉に強く反発し、また自民党内からも批判が続出している。本来であれば、首相が真っ先に立って批判の先頭に立たなければならないのに、そういった姿勢が取れない。

 百田氏の著作に感激したり、同氏との対談が出版されたということは知られている。首相の「お友達」に数えられるひとりだ。どうしても歯切れが悪くなる。正直と言えば正直、悪いけど底が見えてしまうのである。今は閣僚になった稲田朋美議員が、かつて「靖国」をテーマにした映画を試写、事前検閲だと騒がれたのを思い出した。この件で、予定していた上映を自主的にやめたところが出てきたのである。

 自民党では、会を主催した木原稔青年局長を更迭するという。木原議員に何の罪もない。やることなすこと、すべてこの調子、すなわち直情径行型なのだ。だから、安保法案で「歯止めがある」といっても疑いの目で見られる。日本国民もさることながら、海外からも疑いの目で見られている。早く首相に降りてもらうしかない。

|

« 猫「亡くなりました」→NHK | トップページ | 自衛隊機が沖縄爆撃? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

自民党に左翼に乗っ取られていると名指しされた沖縄の二紙ですが、
地方紙なので、地元に関連する話が詳しいことは事実だが、到底左翼とは呼べない。
辺野古以外では論調は他の地方紙と同じなのです。
韓国の主要紙は与党セヌリ党寄りなのでが、朝鮮日報は
『「言論の自由がある」日本、沖縄紙潰せ発言にメディア沈黙』
とのタイトルで日本のメディア以上に詳しく論じている。
沖縄の二紙は当事者なので詳しく報じているが、本土の毎日などは朝鮮日報の指摘の通りで極簡単にしか報じない。
朝鮮日報記事によると、
菅官房長官ですが、なんと、個人の自由だとか、百田氏にも表現の自由があるとか、と安倍内閣の責任を逃げまくり。
当該記事では結論として、
『菅官房長官はこの日「日本には言論の自由がある」と述べるにとどまった。』と書いてある。
今の日本ですが、あべこべで
戦争まっしぐらの平和法案とか、言論弾圧の言論の自由とか、
面白いものが花盛りです。

投稿: 宗純 | 2015年6月27日 (土) 14時49分

末期的症状とはこのことを言うのですが、首相は気が付いていない。というのは、お友達に囲まれてるせいもあるが、自民党はじめ各野党も選挙に勝てないので人任せのワンちゃん程度だから安心している。

国民が「喝」を入れるしかないがその材料は安倍さん側からボロボロ出てくる。残念ながらそれに期待するしかないのが実態です。

投稿: ましま | 2015年6月27日 (土) 15時35分

政権末期には里心がつくので『首相がお国入りする』のは任期中に1回限りとのジンクスがあるのですが
なんと第二次安倍内閣だけは例外で、半年毎にお国入りしている。
これ、吉田松陰などの家が世界遺産に登録した動きと連動していて、NHK大河ドラマ『花燃ゆ』の番組宣伝だといわれているのですが、
ドラマのハイライトである長州藩の外国船の砲撃場面が、米国商船からフランス軍艦に書き換えられていた。
脚本家は史実の通りにアメリカ商船と書いていたのですが、何故か直前にNHKがフランスに台詞を勝手に書き換えたらしいのです。

自民党の勉強会での百田ですが、
地元紙によると、普天間は誰もいない田んぼの中に作ったもので民家は後か。地主は地代で大金持ちになり六本木ヒルズに住んでいる。米兵ようりも沖縄県人の強姦の方が多いなど、言いたい放題だったが全部嘘。

百田の創作なのです。
400万部を売った永遠のゼロでは、何時も死にたくないと言うゼロ戦パイロットの話なのですが、
これ六本木ヒルズに住む普天間の地主の話と同じで、
『あり得ないが、現実に存在すれば面白い』が、現実は、もしも現実に存在すれば真っ先に一番危険な戦場に送られるので必ず死にます。
現実と創作の区別が曖昧で、巧妙に使い分けて善良な読者を騙しているのです。

投稿: 宗純 | 2015年6月28日 (日) 10時17分

宗純さま コメントありがとうございました。

続けて「自衛隊機が沖縄を爆撃?」を書きました。栗栖氏、忘れかけた名前ですが生粋な軍人だからこそ、あり得る話だなという印象を強く持ちました。

今の安倍政権が「これはまずい」と途中で気がついても、今度の「勉強会」のように手が施せなくなるのです。

自壊するなら早く自壊してもらいたいものです。

投稿: ましま | 2015年6月28日 (日) 11時06分

百田氏「冗談で・・・」とか言っていましたが、こんどは28日の別な集まりで「本気でつぶしたいと思った」とか「2社より朝日、毎日などを先に潰さなければならない」というようなことを講演したらしく、これからもっと問題になることでしょう

投稿: 玉井人ひろた | 2015年6月29日 (月) 19時48分

百田さん、あれはいったいなんでしょう。作家?、ものを書くということはあとを残すということです。

したがってあとで恥をかいたり謝ったりしないよう「ことば」には細心の注意を払います。

小説家?。小説はもっと難しい。多くの読者の心を揺り動かすデリカシーな感性がなくてはならない。

そのどっちでもないということは、なんでしょう。太鼓持ちでも人に不快を与えるようなことは決して言いません。

投稿: ましま | 2015年6月29日 (月) 20時31分

関西以外の人はあまり知らないのですが、
百田尚樹は、大阪では大人気の『探偵ナイトスクープ』の放送作家を25年も続けていた実力者。
この番組は素人が出演しているドキュメントとの触れ込みなのですが、
吉本新喜劇のコメディアンが探偵役を演じる罪の無い笑いを取る、キワモノの娯楽番組なのです。
大人である視聴者は、誰もインチキ臭い『探偵ナイトすプープ』の内容をヤラセだとは突っ込まない常識が有る。
お笑いの娯楽番組ならヤラセとか仕込みは当然ですが、
百田ですが、今でも以前と同じで世間をあっと言わせて笑いを取る心算なのですよ。多分。
ただ、天下の自民党が大阪ローカルの罪の無いインチキな吉本風のヤラセの探偵ナイトスクープの真似をしたから、
今のように日本人全員が白けているのです。

投稿: 宗純 | 2015年7月 1日 (水) 15時01分

宗純 さま

関西に住んでいたのは大昔。エンタツ・アチャコ、関東でもエノケン、ロッパの時代が懐かしい。いつも庶民の側にいました。

大阪の右傾化、権力志向。どうしてこうなったのでしょう。

投稿: ましま | 2015年7月 1日 (水) 17時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/60529843

この記事へのトラックバック一覧です: 言論統制体質:

» 自民党若手の劣化〜「勉強会」の波紋〜 [虎哲徒然日記]
自民党は27日、安倍晋三首相に近い議員でつくる勉強会「文化芸術懇話会」で、沖縄の地元紙をはじめ報道機関を威圧するなどの発言が出た問題に関連し、懇話会代表の木原稔・党青 ... [続きを読む]

受信: 2015年6月27日 (土) 19時45分

« 猫「亡くなりました」→NHK | トップページ | 自衛隊機が沖縄爆撃? »