« 週刊文春、新潮も安倍離れ | トップページ | 気になる安倍好み »

2015年6月 5日 (金)

法曹界をなめていた

 以下は、朝日新聞・6/5付社説である。産経新聞が「人選の誤り」と記事にやや感情的な見出しをつけているが、ほかは与党推薦の参考人まで集団的自衛権行使を違憲と断じたことを、やや意外性を持たせながら、「さもありなん」といった感じで淡々と事実関係を報道している。

 国会で審議中の安全保障関連法案について、国会に招かれた憲法学者3人がそろって「憲法違反だ」と断じた。

 きのうの衆院憲法審査会。内閣が提出した法案の正当性に、専門家が根本的な疑義を突きつけた異例の質疑だった。

 衆院の特別委員会では、自衛隊の新たなリスクなどが論点となっている。その前に、そもそも一連の法案が憲法に照らして認められるのか、原点の議論を尽くす必要性が改めて明確になった。

 憲法審査会には、与野党の協議によって選ばれた長谷部恭男、笹田栄司の両早大教授と小林節慶大名誉教授が参考人として招かれた。もともとは違うテーマでの質疑が予定されていたが、民主党議員から「安保関連法案は憲法違反ではないか」との質問が出て、それぞれが違憲との見解を示した。

 長谷部氏が問題にしたのは、「集団的自衛権の行使は認められない」という従来の政府の憲法解釈を変更し、行使を認めた昨年7月の閣議決定だ。

 長谷部氏は「従来の政府見解の基本的な論理の枠内では説明がつかない。法的な安定性を大きく揺るがす」と批判。笹田氏もまた「自民党政権と内閣法制局がつくってきた定義を踏み越えてしまっている」との見解を示した。(以下略)

 塾頭は、以前からよほど異端なことをいう人でない限り、法曹界は違憲と判断するのが当たり前、と考えていた。安倍改憲路線への仕掛けであることがバレバレなのだから、当然といえば当然。将来違憲訴訟でもおこれば、敗訴するのを承知の上の提案ではないか、と疑っていたくらいだ。

 そうなるのを待って「それじゃあ9条を変えましょう」と言い出すのではないかと思っていた。ところが、タイミングが早すぎたというか、参考人はそこまで言わないだろうという、たかをくくった傲慢さが逆に出た。

 前回、週刊誌のことを書いたが、安倍首相が考えるほど自民党が支持されているわけではない。風向きの変わり目を自民党はまだ読み切れていないのだろう。

|

« 週刊文春、新潮も安倍離れ | トップページ | 気になる安倍好み »

憲法」カテゴリの記事

コメント

産経新聞の『人選のミス』とのお馬鹿記事ですが、
実は間違いでは無くて『本当』らしいですよ。
自民党が用意していた東大教授ですが、何処かに雲隠れしてしまい、(5月病?での出社拒否と登校拒否?)
仕方なく急遽早稲田大学教授の長谷部恭男を指名するが、国会に出てきた学者の全員が『憲法違反』で意見が一致してしまった。

何れにしろ、風向きは間違いなく変わってきています。

投稿: 宗純 | 2015年6月 5日 (金) 10時25分

参考人とか有識者に指名(特に与党から)されると、小林先生のような人は別として、「箔がつく」と喜ぶ人がいるんでしょう。

だから「次も」を期待してお追従に精出す、自民はそう思ったのではないですか。次は絶対に呼ばれません。

投稿: ましま | 2015年6月 5日 (金) 15時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/60259631

この記事へのトラックバック一覧です: 法曹界をなめていた:

» 集団的自衛権行使「違憲」=憲法学者3氏が表明―衆院審査会 [政治Ⅱ]
違憲とされた法律を今後も継続審議するのは立法府の不作為、怠慢だと思います。 政府による国会軽視も控えて欲しいです。 今回の安全保障法制(戦争法制)、速やかに廃案とされるべきだと思います。 集団的自衛権行使「違憲」=憲法学者3氏が表明―衆院審査会 時事通信 6月4日  衆院憲法審査会は4日午前、憲法学者3氏を参考人として招き、立憲主義などをテーマに意見聴取と質疑を行った。民主党委...... [続きを読む]

受信: 2015年6月 6日 (土) 11時32分

» 「♪分かっちゃいるけど〜」が霞が関で流行る訳? [岩下俊三のブログ]
「わかっちゃいるけどやめられない」のである。 とはいえ、 安倍はなぜか病的に高揚し完全に気が狂っているからもう何を考えているのか分からないし、まともに教育を受けた( ... [続きを読む]

受信: 2015年6月 7日 (日) 11時02分

« 週刊文春、新潮も安倍離れ | トップページ | 気になる安倍好み »