« 美化された神武東遷 | トップページ | ジャーナリズムの死滅 »

2015年5月14日 (木)

わかりにくければ悪法

 法律というのは、難しいですよね。だけど弁護士さんや裁判官など司法試験に受かった人で首をかしげるようでは困ります。見ていたTV番組で、安保法制化について専門家の先生も「これから勉強してみます」と、苦笑いしてました。

 今日、安倍首相が会見して閣議決定した中味を、会見で説明することになっていました。それで「わかった」という人がいれば、超能力者か、うそをついているかのどっちかでしょう。よい法律とは、スラスラと誰の頭にも抵抗なく入って行くような法律です。よい法律は音律にかなっており、読んでも気持がいいものです。

 その意味で、現行憲法もよい法律といえましょう。アメリカから強制されて翻訳調という人がいますが、当時の案文作りのベテラン、法制局第一部長佐藤達夫氏などが渾身の努力をもってGHQと掛け合って仕上げたものです。

 だから、これほど長く国民に親しまれてきたのです。誰でもわかる法律はみんな守ります。そうでない分かりにくい法律は、勝手な解釈がまかり通って守られず、国民がさんざんな目にあいます。ドイツには、ワイマール憲法という民主主義を基本とした世界の模範となるような立派な憲法がありました。

 ところが、議会で多数を得たナチス・ドイツは、憲法はそのままにしておいて「全権委任法」という法律を作り、ヒトラーの暴走を許してしまうのです。つまり、その時点で国民の意に反し、憲法は踏みにじられてしまうのです。

 日本帝国憲法も、伊藤博文など元勲と言われる人たちがイギリスなどの優れた議会制度を取り入れて、当時としては理想的な憲法を作りました。そういった元勲たちが一線からいなくなると、軍部の意に沿った勢力が憲法の条文の一部を拡張解釈し、「統帥権干犯」と称して議会や政府を牛耳るようになったのです。

 こういったことが、悲劇的結果を招いたことを忘れてはなりません。憲法と、安倍政権がねらう集団的自衛権、さらにそれにともなう安保関連新法案に大きな矛盾があるのを隠そうとするから「わかりにくい」法律になるのです。憲法どころか、首相の祖父・岸内閣による「日米安保条約」とも明らかに整合性がなく、日本の法体系がむちゃくちゃになるともいえます。

 塾頭は、法律については素人です。しかし、戦争体験者としてこれだけは言わねばならない。国民は、「わかりにくい」という理由だけで、これらの法案に反対できるのです。いや、反対しなければならない義務があるとさえ言えるでしょう。

|

« 美化された神武東遷 | トップページ | ジャーナリズムの死滅 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/59993634

この記事へのトラックバック一覧です: わかりにくければ悪法:

» 判ったような、そうでないような・・・ [つぶやき古道(コミチ)]
集団的自衛の範囲拡大が閣議決定されました。 その記者会見を視聴していましたが、どういうことなのか安倍総理の説明で判った人はどのくらいいたでしょう? 決まった内容と、自衛隊の行動範囲との矛盾ばかりが際立って、まったくわたしには理解しがたいものでした。 あの説明で... [続きを読む]

受信: 2015年5月15日 (金) 20時03分

» 安倍政権を倒そう!集会&デモ [政治Ⅱ]
国民生活をしめつけながら富裕層中心の経済発展・・・ そして、戦争の準備。全く、いつか来た道です。 5月16日(土) 女たち・いのちの大行進in京都 2015(京都府京都市) 戦争立法ストップ!集会&パレード(茨城県つくば市) 5月17日(日) もう黙っとれん 5.17パレード@ぎふ(岐阜県岐阜市) 沖縄連帯☆辺野古新基地建設許すな!(京都府京都市) 戦...... [続きを読む]

受信: 2015年5月16日 (土) 06時40分

« 美化された神武東遷 | トップページ | ジャーナリズムの死滅 »