« 続・中東の「迷子」アメリカ | トップページ | 邪馬台国前史が始まる »

2015年5月31日 (日)

地震雲??

 5/30。横浜市で孫の運動会。

Dscf2373

 快晴の空に異様な巻雲。尻尾のさらにうしろには、真っ直ぐ3本の雲が南西方向に延びている。

 地震・噴火・安保法制国会、このところ何か不安な世相続き。

 何かの予兆かな……。

 この直前のお弁当時間に小さなつむじ風が起き、せっかくの心づくしのお弁当が砂まみれ。しかしこれは雲に関係なさそう。

 ところが、帰りの電車が夜8時半頃、到着駅寸前でストップ。 

小笠原沖で30日に発生したマグニチュード(M)8.5の巨大地震。2011年3月の東日本大震災(M9.0)以降、最大規模となる地震は、東京−青森の距 離にも匹敵する深さ590キロという極めて深い場所で起きた。最大震度5強。

 それは、後で知ったこと。くわしい情報のないまま、約1時間車内缶詰。終バスにタッチの差で乗り遅れ、タクシー代負担の実損被害を被る。

 これだ!!。

|

« 続・中東の「迷子」アメリカ | トップページ | 邪馬台国前史が始まる »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

情報無しで1時間は・・・ちょっとひどくないですか?

投稿: 玉井人ひろた | 2015年6月 1日 (月) 19時00分

「震度5強の地震があったので線路点検中、終わり次第発車します」だけで、震源地やマグニチュードなどは携帯電話をかけて知ったのです。

車内電光掲示版は乗車中の総武快速線については一切触れず、限られた他線の情報を繰り返すだけ。

役に立ったとと思われる情報は「トイレは何号車と何号車にあります」程度でした。

投稿: ましま | 2015年6月 1日 (月) 20時15分

関西地方で、31日の夕方5時過ぎなのですが、
この記事を読んだ直後に空を見上げると、東西に全天を横切る、今まで見たことも無いような巨大な飛行機雲が浮かんでいた。
まさかとは思うが、地震雲の話に、余りにもピッタリなのです。

地球の地殻は陸地部分では30キロだが平らな海底部分では6キロ程度の厚みしかない。
今回の地殻の100倍ものマントル層での地震発生ですが、これは矢張り異常事態で間違いないでしょう。

投稿: 宗純 | 2015年6月 2日 (火) 10時32分

宗純さま
「逝きし世の面影」の影響かも知れませんが、チャイナシンドロームを思い出してしまいました。

UFOのような渦巻が先頭にあるのも気になります。

投稿: ましま | 2015年6月 2日 (火) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/60199575

この記事へのトラックバック一覧です: 地震雲??:

« 続・中東の「迷子」アメリカ | トップページ | 邪馬台国前史が始まる »