« 日米ガイドラインが曲者 | トップページ | 大平洋のない日本史② »

2015年4月25日 (土)

太平洋のない日本史①

 本塾恒例の、戦時歌謡からテーマに入る。

♪海の民なら 男なら
みんな一度は あこがれた太平洋の 黒潮を
共に勇んで 行ける日が
来たぞ歓喜の 血がもえる
(太平洋行進曲・昭和14年)

 「のらくろ」より古い「冒険ダン吉」という人気マンガもあった。小学生そこそこのダン吉が海の冒険で、南の島に漂着、王様になるという筋だ。腰みのひとつの裸で、王冠をかぶった可愛い姿で活躍する。

 日本人を海洋民族と定義し、海洋資源の宝庫に囲まれなどという概念は、開発利益獲得を追い求める当時の民間人が主導したものだ。明治中ごろから昭和にかけて、まさに冒険ダン吉の夢の時代が存在したのである。

 最近、中国が尖閣列島をうかがい、海軍が海峡を抜けて太平洋で訓練し、漁民は大挙して小笠原近海まで来てサンゴを密漁する。日本にとっては、なにか庭先を荒らされたような気がするだろうが、抜け落ちた太平洋の日本史をしっかり持っておく必要があるのではないか。

 塾頭は、日本史は先史時代から現代までなじんできたつもりだが、海外といえば東の方ばかりで太平洋がすっぽり抜け落ちている。その面で啓発を受けたのが、最近刊行された平岡昭利『アホウドリを追った日本人』岩波新書(2015/3/20)からである。その中から知らなかった史実も含め書き進めてみたい。

 日本史上太平洋関連の大事件はペルーの艦隊来航・開国要求が最初で、開国後になって冒険ダン吉の時代、第一次大戦後の南洋委任統治、日本では、あえて「大東亜戦争」といった太平洋戦争があり、直近では天皇・皇后のパラオ諸島訪問があった。

 太平洋戦争は、戦史としてのまめられたものはあるだろうが、太平洋という面としての観察はあまりないように思える。沖縄戦の位置づけを含め、自虐史観だとか東京裁判史観などを越えた巨視的な史観が有ってもいいのではないか。

 最初に年表を手繰っていて気がついたのだが、アメリカのハワイ併合(1898)から、日韓併合(1910)まで、わずか12年しか隔たっていない。日本の東と西でおきたことを対比する議論はあまり聞いたことがないが、その結果をどう評価するのか。韓国以上に露骨な「植民地支配」だつたハワイは、今でもアメリカ領が続く地上の楽園だ。戦争に勝ったか負けたかでこれだけの差がある。

|

« 日米ガイドラインが曲者 | トップページ | 大平洋のない日本史② »

歴史」カテゴリの記事

コメント

「GW明けにモサドCIA日本国内テロ準備中」

ゴールデンウィーク明けまでに、ドローンの「重要施設の警備強化」と「運用ルール作りや関係法令の見直し」をする方針。~なぜそんなに急ぐのか?
sayuflatmound.com/?p=11040

これは在日米軍基地上空やイスラエルアメリカ大使館上空をドローンが空撮飛行することを防ぐために急いでいる。
つまり今現在イスラエルアメリカ大使館内や米軍基地内でテロの準備が行われている真っ最中だと言うこと。偶然の露見を厳しく防がねばならない、それほど重大な犯罪行為がそれらの場所で治外法権をたてにいままさに行われている証拠である。

_________________

憲法を知らずして正論なし

「フリーメーソン政府は全身全霊日本国憲法違反である」

ヒロヒト発言記録(1946・4~6)
nueq.exblog.jp/20875307/

皇紀始まって以来最もたくさんの大和民族を戦争で殺した極悪非道戦争犯罪者似而非天皇ヒロヒトは皇太子時代にイギリスへ行ってフリーメーソンになって帰ってきた。同じくイギリスフリーメーソン長州ファイブ非人明治政府伊藤博文以来の田布施システムど真ん中の鬼畜外道である。

第二次世界大戦終結後ユダヤフリーメーソンマッカーサーが温存したのは天皇制じゃなくて田布施システムであり、田布施システムを日本国憲法に規定がない非合憲行政庁宮内庁として日本政府の奥深くに隠匿温存したのである。つまり日本の泥棒官僚田布施エタ非人システムの中枢は宮内省にほかならない。宮内省の詐欺道具が憲法違反放送法フリーメーソン放送局NHKである。

沖縄をいまも虐げている日米安全保障会議は、ヒロヒトと吉田茂が国際法違反で単独密約した日米安全保障条約に基づいて設置されている。日米安保条約は国際法違反の二国間密約であるから、日本国憲法最高法規第98条2の対象外である。

第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。

投稿: 通りがけ | 2015年4月25日 (土) 17時32分

太平洋行進曲」・・・知りませんでした。

私の知っているのは、それより作られたのが古い「♫見よ東海の空明けて・・♪の「愛国行進曲」(昭和12年)のほうです。

ここで面白いことを発見しました。

昭和12年では「東海」と言っていたのが、2年後には「太平洋」に変化していることです。面白いです。
(※「東海」とは「日本海」と「太平洋」の両方を指す)

投稿: 玉井人ひろた | 2015年4月28日 (火) 21時46分

玉井人ひろた さま

「見よ東海の」の東海は太平洋の事でしょう。朝鮮半島から見れば東海から空が明けますが……。

だが「旭日高く」というのは朝鮮向けではありませんね。韓国人はあの旗が大嫌いですから。

いずれにしても太平洋戦争2年前にこういう歌ができたというのは微妙ですね。

投稿: ましま | 2015年4月29日 (水) 07時57分

ましまさんへ

ヨーロッパ人が日本海と(勝手に)名づける以前は、「東海」と言っていたそうですよ。

外務省が調べた公式調書がホームページにございます。

投稿: 玉井人ひろた | 2015年4月30日 (木) 20時45分

失礼!

歌の内容の話しでしたね

投稿: 玉井人ひろた | 2015年4月30日 (木) 20時52分

玉井人ひろた さま

ああそうですか。そういえば黄海だったか東シナ海だったかも中国では東海と言ってたようですね。

日本でも古くから東海道という名があるので太平洋はやはり東海だったのでしょう。

いずれにしても東海を独占するのはあまり感じよくありませんね。

投稿: ましま | 2015年4月30日 (木) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/59767931

この記事へのトラックバック一覧です: 太平洋のない日本史①:

« 日米ガイドラインが曲者 | トップページ | 大平洋のない日本史② »