« 瑞穂ちゃん、頑張れ!! | トップページ | 日米ガイドラインが曲者 »

2015年4月23日 (木)

安倍つぎはぎ語録

 このところずーっと首相発言をくさし続けている。決していい気分はしないので、そろそろ打ち止めにしたいのだが、国の将来にもかかわりかねないと思うと、詮索しつづけるしかない。しかし、褒めておきたいこともある。

 「過去の首相談話をそのまま繰り返す考えはない」、当然だ。 まして、外国の注文通りに首相談話を出す国がどこにあるだろうか。韓国の駐日大使は、村山談話なある「侵略」「植民地支配」「反省」3つのキーワードが必要だとし、韓国外交部も、今回おわびの言葉がないと批判しているようだ。

 中国の習主席とは、22日のアジア・アフリカ会議(バンドン会議)60修記念首脳会議を機会にやっと会談にこぎつけた。そこで首相が行った演説の中味に触れ、1955年のバンドン会議で採択された国際紛争に関する2原則「侵略または侵略の脅威、武力行使によって他国の領土保全や政治的独立をおかさない」という点と、第2次大戦への「深い反省」を表明したようだ。

 首相は、かねて「侵略の定義は国際的にも学問上も定まっていない」という主張だったはずだ。だから自分の言葉としてではまずいから、60年も前のバンドン会議で定めた原則から引用し、つくろったのだろうか。そして大戦への反省も言っているが、なにを反省するのかもはっきりしない。

 お詫びをしないので、もしかして「戦争に負けたことを」反省しているのかも知れない。これを福田元首相や山口公明党党首が言ったのなら、まだ素直に受けとられるだろう。靖国神社の春の例祭に、「内閣総理大臣安倍晋三」とでかでかと書かれた真榊献納し「あれは私費によるもの」というが、それなら肩書は外すべきなのだ。

 そういつた、つぎはぎだらけの安倍語録は、いずれ破たんする。中国は韓国より大人だからそこまでは言わないかもしれない。しかし、日本国民は憲法のためにも、破たんさせなくてはならない。

|

« 瑞穂ちゃん、頑張れ!! | トップページ | 日米ガイドラインが曲者 »

東アジア共同体」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

韓国の国内での問題は、河野談話、村山談話の内容というより、両談話が日本から有ったことを韓国政府は国内に知らせていないことです。

NHKのある番組で、韓国の若者が村山談話や河野談話が有ったことを知らされ、「知らなかった」と唖然としていたことが未だにわたしの脳裏から離れません。

韓国政府は、マスコミまで巻き込み意図的に隠ぺいしているとしか思えませんでした。

投稿: 玉井人ひろた | 2015年4月23日 (木) 19時03分

玉井人ひろた さま

少なくとも盧武鉉(ノ・ムヒョン)の頃より前には、河野談話は突っ込み過ぎるとやぶへび、村山談話は中国、アジア向けで韓国を歴史的に植民地というのはおかしい、という雰囲気もあったのではないでしょうか。

そんな気もします。

投稿: ましま | 2015年4月23日 (木) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/59743955

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍つぎはぎ語録:

« 瑞穂ちゃん、頑張れ!! | トップページ | 日米ガイドラインが曲者 »