« 井の中の蛙外交 | トップページ | 腹腔鏡手術と医の倫理 »

2015年4月 8日 (水)

政治家劣化は末期的

 毎日新聞の今日の社説に「国会議員の深刻な劣化」があった。本会議をズル休みして飲み歩いていたとか京都に旅行していたと言われ、維新から除名された女性議員。それに、不倫交際や病院でタバコを吸っていた現場を見咎められという、自民党農林政務官のあきれた非常識を取り上げたものである。

 今日、新聞と共に県議選の選挙公報が配達されてきた。塾頭の選挙区では、自民2人、公明、共産、維新、無所属各1の現役が立候補、民主党だけが新人を立てた。落選するのは1人だけである。

 自民の現役は、森田健作知事が音頭をとったのか全員日本会議の会員だそうだ。反戦を公報で触れたのは共産だけ。公明・共産は組織票もあり当確だろうから、新人の民主が当選し、自民のうち1人がはじき出されれば、塾頭としては最善である。

 ところが、民主党にもこんな(とんでも)記事が出た(前掲紙4/7県西北版)。

 安倍首相とのツーショット写真をビラに使ったとして、県議選の民主党公認候補を、同党県連が口頭で厳重注意したことがわかった。
 
 県連や候補者によると、ビラは県議選告示前の3月に発行。民主の公認を得たなどと記載し、安倍首相と握手している写真が載っている。支援者向けに数十部が配られたという。候補者は県内の元市議で、市議会議長を務めていた時に首相官邸を訪れ、撮影した。

 候補者は「議長という所属党派を超えた立場で仕事をしていた際の活動報告として載せたが、自民党政権に賛同しているように受け取られかねないと反省した」と述べた。

 いいわけも、省略しないよう全文を引用したが、握手はいい。それを選挙に利用できると考えた神経だ。幸い塾頭の地元候補ではなさそうだが、今日は、収賄罪で摘発され被選挙権がない無所属候補を千葉選管が受け付けてしまい、立候補取り消しになるなどのニュースがある。

 ッタク~bearing。さすがの塾頭も選挙をボイコットしたくなるよ!!。

|

« 井の中の蛙外交 | トップページ | 腹腔鏡手術と医の倫理 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

当選するには、なりふり構わず、ですね

投稿: 玉井人ひろた | 2015年4月 8日 (水) 18時47分

投票所に行くということは、こういった人たちを選んでしまう一味、ということになってしまうのが悔しい――わけです。

投稿: ましま | 2015年4月 8日 (水) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/59566860

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家劣化は末期的:

« 井の中の蛙外交 | トップページ | 腹腔鏡手術と医の倫理 »