« 腹腔鏡手術と医の倫理 | トップページ | ブログ開設10年目 »

2015年4月10日 (金)

監督責任裁判

♪1 てんてんてんまり てん手まり
  てんてん手まりの 手がそれて
  どこからどこまで とんでった
  垣根をこえて 屋根こえて
  表の通りへとんでった 
  とんでった

 2 表の行列 なんじゃいな
  紀州の殿さまお国入り……

 放課後の小学校校庭でサッカーの練習をしていた少年のけったボールが裁判になった件。
 無罪にはなったが、少年の親の監督責任が問われ、1000万を超える賠償請求で最高裁まで行った。

 西条八十作詞の上の童謡の続き(因果関係)はそんな野暮なことにはならない。殿さまに抱かれた手まりは、豊かで美しく実る紀州のみかんになったらしい、というほのぼのとした結末だ。

 サッカーボールの因果関係は次のようなものである。

1、少年のけったボールはゴールの上を越え、校庭の閉じられた約1.3mの門扉を越え、幅約2mの側溝の橋をころがって、公道に出た。

2、そこへ80代の男性が運転するバイクが通りがかり、よろけて転倒した。

3、骨折した男性は、寝たきりとなり、約1年半弱で死亡した。

 ここまでは新聞にでている。前回は腹腔鏡手術と死亡者の因果関係を書いたが、この件についても突っ込んだ情報がなく、やや疑問を感じたままだった。ところが、今日の昼前のテレビ・ワイドショーの弁護士コメンテーターが次のようなことを追加した。

4、男は入院後認知症にかかった。

5、死因はのどをつまらせて起こした肺炎による。

  現場にはいなかった少年の親との因果関係は、ますます遠い。塾頭は、70歳代で自動車の運転免許を返上した。車検や車の買い替え時期などという事情はあったが、視野がわずかに狭くなったことと、とっさの動作がややにぶくなったという自覚はあった。

 個人差や車の必要性など、一様には言えないが加害者の親の監督責任もさることながら、被害者周辺の安全運転勧告責任、加療責任、介護責任もあるのではないかと思った。被害者の正確な年齢や上の4、5が報じられないのは、個人情報ということなのだろう。

 半端な情報秘匿が、国民の判断を誤まらせることになりかねない、ということの一例になるかも知れない。

|

« 腹腔鏡手術と医の倫理 | トップページ | ブログ開設10年目 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

報道などをみると、判決が出た今でも当時少年だった当人も親も「蹴ったボールで人が死んだ」という罪の意識は変わらないと言っています。
別な角度から裁判が始まったら、また双方が大変でしょうね。

投稿: 玉井人ひろた | 2015年4月11日 (土) 11時48分

玉井人ひろた さま

近所に公園があります。日頃子供がのびのびとゴルフごっこをやっており、公道に玉が道に飛び出すこともたびたび。

天気の悪いせいもあるが、その後は一度も見かけません。マスコミじゃないが、自主規制してるのかな?。(-゛-メ)

投稿: ましま | 2015年4月11日 (土) 13時07分

この損害賠償で、当人も親も謝罪の気持ちを表明した事実ですが、これは単に日本人だからですよ。
日本人では相手がエライ剣幕で怒っていれば当然謝罪して丸く収めようとする。

ところが、世界基準では謝罪すれば自動的に『責任を認めた』事になり、それなら損害賠償は当然なのです。
謝罪と賠償は二つで一つのセットだから外国人では日本人のように軽々しくは絶対に謝らない。
また隣の家に遊びに行き自分の不注意で転んで怪我をしたら、莫大な損害賠償を請求して裁判に訴えるのもアメリカでは常識でも、日本人は行わない。

小学生のボールと死亡との因果関係は『風が吹けば桶屋が儲かる』ほどではないが、可也低い。
元外科医の渡辺諄一が昔『植物状態での患者の寿命は2年程度だが、これは患者の体力が2年で尽きるのと意味では無くて、看護する家族の体力とか気力が2年程度で尽きるから』との恐るべき裏側を指摘していた。
痴呆で寝たきりの80歳の介護も同じ意味で、最大2年程度だったと考えられるのです。

それに、今回一番違和感が有るのは、もしもボールと死亡に因果関係が有るとして、問われるべきは、
サッカーゴールにボールを蹴った過失も違法性も無い子供では無くて、1メートル程度の低いフェンスしかない学校の設備ですよ。
何故損害賠償を学校側の管理責任を問わなかったのかが不思議です。
多分、学校側は謝罪しなかったが、小学生側は謝ったので、それで子供とその親に莫大な額の損害補償を要求したのでしょう。

投稿: 宗純 | 2015年4月11日 (土) 14時02分

宗純 さま
謝罪会見というのがある。幹部数人が折りたたみテーブルをまえに横一列に並ぶ。ダークスーツに地味なネクタイ。

一斉にするお辞儀の角度は90度以上。お詫びの口上は「世間をお騒がせしたこと」。真偽はわからぬが、電通の危機管理マニュアルにあるそうだ。

決して損害を与えた相手にはお詫びしない。世間が騒いでいなくとも、これが決まり文句。

画一的なことが、恥ずかしくはないのかなあ。

投稿: ましま | 2015年4月11日 (土) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/59593242

この記事へのトラックバック一覧です: 監督責任裁判:

« 腹腔鏡手術と医の倫理 | トップページ | ブログ開設10年目 »