« 中国はどこまで脅威か | トップページ | 白々しい例2つ »

2015年4月 2日 (木)

70年前の《今》⑦

4・1 米軍、沖縄本島に上陸開始。戦闘用艦船318隻・補助艦艇1139隻・参加兵力約50万人・上陸兵力18万3000人(6・23 日本軍全滅。軍人軍属の死者約12万人、一般県民の死者約17万人)。
 米潜水艦、台湾海峡で貨客船阿波丸(船体に緑十字)を撃沈、死者2044名、生存者1名。

4.5 繆斌工作につき閣内対立、小磯内閣総辞職。 4.7 鈴木貫太郎(海軍大将)内閣成立。ソ連外相モロトフ、日ソ中立条約の不延長を通告。
4.11 森本薫『女の一生』初演(渋谷東横劇場。主演杉村春子が評判)。

4.12 ローズベルト(戦時中はなぜかルーズベルトと言った:塾頭)米大統領死去(63)、後任にトルーマン副大統領昇格。
4.23 ソ連軍、ベルリンに突入。

4.25 連合国全体会議、サンフランシスコで開催(~6.26、50カ国が参加)。6.26 国連憲章調印(10.24 発効)。
4.28 ムッソリーニ、逮捕のすえ銃殺(61)。
4.30 ヒトラー、ベルリンの地下壕で自殺(56)。 5.7 独軍、連合国に無条件降伏。

5.8 トルーマン米大統領、日本に無条件降伏を勧告する声明。
5.14 最高戦争指導会議構成員、対ソ交渉方針を決定。7.13 近衛文麿派遣をソ連に申し入れ。 7.18 ソ連拒否。

高見順『敗戦日記』より

四月五日 (前略)敵の上陸地は九十九里と相模湾のどこかだろうという専らの噂だ。
 久米さんは、しかし、相模湾は絶対に入れないという説だった。琉球の次はどこへ敵がやっててくるか。四国辺という説と、すぐさま東京へ迫るという説の二つある。久米さんは支那へ出るだろうという説だった。

四月七日 小田のおばさん来る。世間話のなかで、スパイが火あぶりの刑に処せられたという。火あぶりなんて刑罰はないでしょうと妻が言うが、いいえ、火あぶりだそうですとおばさんは断乎としていう。東京には、そういった噂が流布しているらしい。(後略)

|

« 中国はどこまで脅威か | トップページ | 白々しい例2つ »

歴史」カテゴリの記事

コメント

ルーズベルト表記が今でも定番の良いですよ。

一部でオランダ発音の「ローズヴェルト」とご本人が言っていたとういう話があるようです。

記事によるとアメリカにはRooseveltと言う同じ文字の名の大統領が2人いて発音がそれぞれ違ったそうです。
その中の昔の大統領はルーズベルトと言っていたそうで、それに習ったカタカナ表記のようです。

投稿: 玉井人ひろた | 2015年4月 5日 (日) 20時58分

玉井人ひろた さま

またまた新知識、ありがとうございました。
そうだったのですか。

ルーズ、ベルトつまり「ゆるふん」だなどと茶化していたように思います。アメリカは個々のルーツとなると複雑多岐なことと、日本のカタカナ表記安直さ。

いずれもそれぞれの文化ですね。

投稿: ましま | 2015年4月 6日 (月) 07時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/59496096

この記事へのトラックバック一覧です: 70年前の《今》⑦:

« 中国はどこまで脅威か | トップページ | 白々しい例2つ »