« 安保法制、判る人の頭を疑う | トップページ | 「積極的平和主義」 »

2015年3月23日 (月)

公明、憲法に新方針

 かねての公明党の公約である加憲論で環境権をひっこめ、9条を中心に第3項を加えて強化するという方針が出たというのが、今日の毎日新聞(東京)の1面トップだ。

  「エエッ、それなら塾頭の考えと同じだ!!」。ただし上述の方針の後半部分が電子版ではそっくり欠け落ちているので、その部分を新聞から書き写す。塾頭はこれを「意図的なカット」であると邪推する。このままでは、集団的自衛権容認反対、ということになるからだ。

【カットされている後半部分】
公明党は今後、加憲対象の柱として、地方自治の拡充や、衆院解散時に大規模災害化起きた場合の緊急事態条項の創設を訴える方針だ。

 9条は、1項(戦争放棄)と2項(戦力の不保持)を堅持した上で、「自衛隊の存在と国際貢献」を明記する3項を提唱し、海外での武力行使は認めない姿勢だ。同党幹部は「加憲は本来、9条を想定している。堂々と9条の議論をすればいい」と語った。

 ちなみに当塾の改憲案は以下の通り。

【現行9条の2項を改め、3項を追加する】
②前項の目的を達するため、外国の領土・領域における武力行使を目的とする軍隊は、これを保持しない。国の交戦権はこれを認めない。

③自衛隊・海上保安隊・警察隊・消防隊その他名称の如何を問わず、公務員が外国の領土・領域内で平和維持その他の国際協力を行う場合の手続きならびに装備等は、法律によりこれを定める。
http://hansenjuku.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-3c61.html

 本塾はかねがね自民党の改憲志向に対抗するには、ただ「改憲反対」と叫ぶだけではだめで、野党が別の改憲案を示し、「どっちがいい憲法か」を問わなければ選挙でも押し切られてしまう、と主張してきた。

 公明党案はまだ日の目を見ていない。毎日記事のような改憲案は、与党である限りおそらく闇に葬られるだろう。かりにそんなものがでてくれば、連立解消を条件に断然公明党を支持する。(……創価学会には入らないが)。野党第1党の民主党には、そうした腕力もない。゚゚(´O`)°

|

« 安保法制、判る人の頭を疑う | トップページ | 「積極的平和主義」 »

憲法」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

だから、創価学会の息のかかった公明党なんかと組んじゃいけないんですよね、自民党は。

公明党って、外国人参政権にも賛成で、河野談話を継承すべしっていうろくでもない考え方の政党ですしね。

投稿: makoto | 2015年3月23日 (月) 18時37分

makoto さま

創価学会と統一教会なら、創価学会の方をとる。

税金はとるけど参政権は与えない。ケチですねえ。

投稿: ましま | 2015年3月23日 (月) 19時25分

なんで統一教会なんかを出してきたんです?
めちゃくちゃ悪い例をだして、あたかも二者択一しかないように誘導し、それより多少ましでしょう、という論法ですか?


納税と参政権(選挙権)は、まったく別物です。
ほんと、めちゃくちゃな論ですね。

じゃあ、納税していない外国人には与えなくていいんですか。
納税している外国人だけ選挙権があるんですか。

もしも納税と選挙権をリンクさせるのであれば、納税していない学生、ニート、生活保護受給者者には選挙権を与えてはいけませんね。

投稿: makoto | 2015年3月24日 (火) 15時43分

本文の論点に関係ないのでめちゃくちゃに書きました。すみませんでした。

投稿: ましま | 2015年3月24日 (火) 17時01分

いえいえ。
こちらも言いすぎました。

投稿: makoto | 2015年3月24日 (火) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/59375881

この記事へのトラックバック一覧です: 公明、憲法に新方針:

« 安保法制、判る人の頭を疑う | トップページ | 「積極的平和主義」 »