« フランスの勝手? | トップページ | 公明、憲法に新方針 »

2015年3月21日 (土)

安保法制、判る人の頭を疑う

 集団的自衛権容認などによる安保関連法の法整備について、自公が基本方針で一致したという記事が大きく報じられ、一斉に社説に取り上げられている。また街の声を拾っているところもあるが、「頭が痛くなる」「何がわからないのかすらもわらない」など、理解できている人は限りなくゼロに近いようだ。

 「反戦塾」だから、何か書かなくては、と思うが「マッしらけ」で書く気が起きない。これからの国会も、国の基本路線という的が示されないままだから「ああ言えばこう言う」の「的」はずれ応酬になるのに決まっている。

 公明党の北側さんも、そんなに目を細めてないで、せめて高村さん並みにかっと見開いて見てほしい。そう言わなければならないほど野党はあてにできない。公明党の注文で変えたところもあるようだ。

 それを最大限評価して善意に受け取りたくても、法文を解釈し利用するのは総理大臣だ。原発問題なんかもそう。それが安倍晋三だから信用できないのだ。当塾は今月に入って13本の記事を書いているが、そのうち8本に「安倍」という文字がでてくる。

 すくなくともわが日本国の総理。前にも書いたがもっと尊敬し、信用したいのはやまやま。読売・産経などの賛成意見の中味はこれしかない。しかしご本人の本意は国会答弁でなく、著書やお友達の女性議員・閣僚、NHK会長などの不用意発言で見え見えなのだ。

 塾頭の長い経験で、これが危険極まりないことの第一歩になることを察知している。その危険を感じず、または目をつむって、あのわかりにくい合意でよしとする人達は、よほど庶民を越えた超能力の頭脳の持ち主に違いない。

|

« フランスの勝手? | トップページ | 公明、憲法に新方針 »

安保」カテゴリの記事

憲法」カテゴリの記事

コメント

自民党の高村副総裁ですが、地球の裏がわでも戦うのかとの疑問(ツッコミ)に対して、『地球の外側でも戦う』と答えている。漫才のボケでここまではいえないでしょう。
我が日本国ですが、残念ですが、もう終わっています。

投稿: 宗純 | 2015年3月21日 (土) 11時54分

宗純 さま

三木鶏郎のいた頃が懐かしいですね。

牧歌的で……。

投稿: ましま | 2015年3月21日 (土) 13時21分

初めてコメントさせていただきます。
今の議論は集団的自衛権を認めた上で更に攻撃性を高めるための議論、9条を無視、遠ざかるための議論で、こんなことで議論するのなら一層のこと9条なんて早く削除したほうがスッキリすると思います。純真な子どもに対して(子どもが9条を読めば正しい解釈をすると思うから)、他国に対して失礼だと思います。

投稿: | 2015年3月23日 (月) 12時40分

茸 さま

ようこそ

今の議論。
一般国民がわからなければ、当然子供もわからない。

外国人はもっとわからない。わからないから用心して近づかない。

政府与党はこれに気が付かない。

以上、今日版ナイナイ尽くし。

投稿: ましま | 2015年3月23日 (月) 13時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/59345432

この記事へのトラックバック一覧です: 安保法制、判る人の頭を疑う:

« フランスの勝手? | トップページ | 公明、憲法に新方針 »