« 公明、憲法に新方針 | トップページ | 新興住宅街の変化 »

2015年3月24日 (火)

「積極的平和主義」

 朝日新聞デジタルによると、安倍首相は20日の参院予算委員会で、自衛隊を「我が軍」と言ってしまったようだが、衣の下から鎧が見えた図であろう。日中韓の間で外相会議など関係改善にむけた動きが活発になっている中でのフライングだ。

 戦後70年に向け、村山・河野談話をどう扱うか注目される。集団的自衛権容認で、衣の下からチラリどころか、片肌脱いだ形が現在だ。安倍首相の目標は改憲というもろ肌脱いだ姿にしたいらしい。

 日本が改憲して自衛軍を持つこと自体、中韓ともに戦闘経験のある正規軍を持っているのだから、それに対して文句は言えない。ずばり「歴史認識」なのだ。ドイツは軍隊があっても周辺各国や旧敵国から難詰されるようなことはない。

 問題なのは、やはり安倍首相のロジックなのだ。歴史認識と改憲が切り放せないものになっている。だから、塾頭はその一方が他の一方に結び付く戦前指向の地下水脈が存在する限り、自民の再軍備改憲案に猛反対する。

 安倍首相のいう「積極的平和主義」は、依然として正体不明だ。国会はその国民の不安を徹底的に追及しなくてはならない。首相は、国連とか、国際貢献、テロとの戦いなどを持ち出していいくるめるだろう。

 野党は、国連加盟国の多くから「アメリカの代弁者」とされている実例をあげ、日本外交不在の実態を明らかにしてほしい。そして、そのこと自体が世界平和にどう貢献したか、その結果について証明を求めるべきだ。

 平和を口にするのは簡単だ。ヒトラーでさえ、ドイツの敗色が濃くなった頃、総統府地下室で、日頃平和主義者であったとか、平和共存が可能であったがユダヤの謀略で戦争を招いたなどと、責任転嫁をしている。

 積極的平和主義の正体を安倍首相自身が明らかにできないようなら、さっさと引退すべきだ。

|

« 公明、憲法に新方針 | トップページ | 新興住宅街の変化 »

憲法」カテゴリの記事

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

正体はもうとっくに分かっているのではないでしょうか?
だから自然に「軍」という言葉も出てくるし、沖縄民意完全否定も出来る。
そして国民のほとんども分かっている(無関心)からこれらを許す。
(首相が変心しないということを)分かっていないのは先生だけかも?
大変な失礼お許しください。

投稿: | 2015年3月25日 (水) 17時44分

戦中は「皇軍」と言った。「わが軍」と言えるのは天皇だけ。

庶民は「わが兵」という。どう考えても首相が「わが軍」というのは不適切。

投稿: ましま | 2015年3月25日 (水) 20時25分

「積極的平和主義」、どこかで聞いたような言い回しだと感じ検索したら、防衛省が募集したスローガンにありました。

『積極的抑止体制の構築』

投稿: 玉井人ひろた | 2015年3月25日 (水) 21時03分

玉井人ひろた さま

選考に苦労したでしょうね。
日本語ではとても表現できない事柄ですから。

投稿: ましま | 2015年3月25日 (水) 21時19分

知識とか教養、経験が有る有識者ほど判らない不思議な安倍晋三首相の主張する積極平和主義ですが、
この造語ですすが、実は、
参議院予算委員会での三原じゅん子自民党女性局長と麻生太郎副総理と質疑答弁(ボケとツッコミの掛け合い漫才)で判明したように、
安倍の『積極平和主義』とは、ズバリ『八紘一宇』だったのですよ。
19世紀のパックス・ブリタニカや、20世紀のパックス・アメリカーナの劣化コピーが大日本帝国の掲げた八紘一宇だった。
失敗した八紘一宇ですが、大成功したパックス・ブリタニカや、パックス・アメリカーナの真似なのですが、これと正面衝突して崩壊する。
それで今度は安倍晋三の積極平和主義では、パックス・アメリカーナとセット(二人三脚)で八紘一宇を実行するとの話なのでしょうが、アフガンとか『イラク戦争』での失敗で、始める前からもう寿命が尽きています。
賞味期限が、とっくの昔に終わっている。

投稿: 宗純 | 2015年3月26日 (木) 11時18分

見事な解説ですね。しかしそれがわかる日本人がどれほどいるか。その点は悲観的です。

イエメンがやばくなってきました。イラン・サウジ戦争が起きたらどうなるでしょう。アメリカはどっちを助けるわけにもいかず、お手上げです。

安倍チャンの出る幕は全くありません。

投稿: ましま | 2015年3月26日 (木) 11時30分

安倍首相の「積極的平和主義」なるものは
「積極的『暴力』平和主義」、なのであって、日本国憲法の「積極的『非暴力』平和主義」に反するものです。 
憲法遵守義務が最も重い最高責任者の立場で「私は憲法に従うつもりはサラサラ無い」と公言するのは、米国から金を貰い米国に隷属する事を選択した祖父の血を引き継いでいるからでしょう。
これに与党の自民党、さらには平和の党たる公明党も反論せず大多数のメデイアも批判しない。
原発推進者達のように「俺には生活がある、家族が居る」と呟く似非日本人が多いからなのでしょう。
JRの駅に「暴力は犯罪です」というポスターが貼られてましたが、安倍首相はこの事についてどうお考えなのか伺ってみたいものです。 

投稿: PON | 2015年4月 6日 (月) 02時07分

PON さま

コメントありがとうございました。

「積極的『暴力』平和主義」というご指摘から、かつて仙石官房長官が自衛隊を「暴力装置」と呼んで辞任させられたことを思い出しました。

一般市民が持たない強制力を持った機構、軍であろうが警察であろうが「暴力装置(ゲバルト)」という言葉はごく普通の用語で、勉強してない人が知らないだけ。辞める必要はなかった。

 また、それを受け入れた民主党も民主党。今度の地方選も当地で民主党が一人出ていますが、憲法・原発への態度がわからないので他の候補にします。

投稿: ましま | 2015年4月 6日 (月) 07時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/59386754

この記事へのトラックバック一覧です: 「積極的平和主義」:

« 公明、憲法に新方針 | トップページ | 新興住宅街の変化 »