« 終末高高度防衛ミサイル | トップページ | 米、イスラエル関係悪化 »

2015年2月27日 (金)

改憲のしたじづくり

 政府が進めている安全保障法制整備は、いよいよ「戦争」に手がとどく範囲に迫ってきた。ひとつが「船舶検査」である。これまでも、周辺事態法のの関連法で船舶検査関連法による朝鮮半島有事や台湾海峡有事の際、国連安保理の決議か「旗国」の同意を前提に、我が国領海や我が国周辺の公海で、積荷などの検査ができた。

 軍隊が行う戦時の強制的な船舶検査(臨検)は、国際法上武力行使と見なされる。したがってこれですら自衛隊の行為として憲法違反すれすれの線だと思えるが、今回は、日本周辺の有事という活動範囲を無くしようとしているのだ。

 自民党では「任意検査だけでは実効性が担保されない、船長の承諾のない強制検査も認めるべきだ」としいてる。塾頭が現役の時代、商品の「舷側渡し」というルールがあり、岸壁から一歩その船に踏み込めば、そこは旗国の主権の範囲であると教えられていた。

 臨検などして、本格的な軍事的反撃を受けたらどうするんだろう。やはり、機雷除去同様逃げてくるのだろうか。

 次が邦人救出である。日清戦争に始まって満州、北支その他「邦人救出」を口実に何回出兵し、何人の人命が奪われたことか。中には上海事件のように、関東軍の陰謀で日本山妙法寺系の行者を襲わせ、軍事行動発動のきっかけにしたこともある。

 昨年7月の安保法制に関する閣議決定で「領域国の受入れ同意がある場合は、武器を使用して邦人救出に対応できるようにする必要がある」としていることである。公明党は、武器使用が武力の行使に当たらない担保として「受入れ同意が安定的に維持されている」ことを重視する、といっている。

 そこにある国が、自力で解決できず他国軍の介入を許すということは、すでにそこに一帯を支配する軍事勢力存在するということである。政府軍であろうとなかろうと、どうみてもそこでは戦争になる。公明党の話は気休めにもならない。

 たとえば、ウクライナに当てはめてみよう。ウクライナ政府がそれを認めても、親ロ派軍の支配地区の邦人を救出に行けるかどうかを考えればいい。政府の考える前提などは、ありえない架空の論議ではないか。

 一般の人には「邦人を救出するのは当然だが、なんだかよくわからない」というのが正直な印象だろう。こうやって、憲法改正の下地を作っておこうというのである。

 反戦塾がこんなことを言っても始まらない。野党やマスコミが詳細を掘り下げ、戦争に向けた法制化を阻止しててほしいのだ。

|

« 終末高高度防衛ミサイル | トップページ | 米、イスラエル関係悪化 »

安保」カテゴリの記事

憲法」カテゴリの記事

コメント

改憲、良いじゃないですか。

あなたは、日本にいるからまったく問題ないでしょう。
私も海外に住んでいるとは言え、危険なところではないので大丈夫です。
しかし、世界にはとんでもない辺境の地、危険地帯にも日本人はいるんです。

彼らになにかあった場合、見殺しにするんですか。
それとも、お得意の「話し合い」ですか。
「話し合い」なんかでものごとが通用しないことは、アメリカやイスラエル、ISの連中を見てもわかるでしょう。

投稿: makoto | 2015年2月28日 (土) 03時11分

makoto さま

見殺しにしていいなどとは一度も言っていません。

だから戦争できるようにしろという意見に反対しているのです。

海外にいるあなたは、何かあった場合日本の官憲が助けに来れるようにしたいのですか。そんな甘い考えで海外にいてはいけません。

投稿: ましま | 2015年2月28日 (土) 08時27分

ましまさん

どうして、人の意見をそうやって悪意を持って捻じ曲げますかね。
私は、自分は大丈夫だと言っているんです。
海外にいる日本人が世界のどこであっても危機にあったら、日本はいつでも助けに来るべきだ、
なんて私がこれっぽっちも思っていないことは、あなたもわかっているでしょうに。

しかし、世界には、中東やアフリカなど、とんでもなく危険な地区で働いていらっしゃるビジネスマンなどが大勢いらっしゃるんです。
その人たちが、テロリストなどにとらえられた時、キチガイ国家に捕えられた時、クーデターに巻き込まれた時、災害に遭った時、救出に軍隊を派遣するのになぜ反対するのですか、と言っているのです。

結局、ましまさんには案などないのでしょう。
「話し合い」以外は。

投稿: makoto | 2015年2月28日 (土) 16時57分

自衛隊が行けば人質の命が助かりそれ以外にも犠牲者が出ず、敵国としての恨みを買わない方法があればmakoto さんに賛成します。

投稿: ましま | 2015年3月 2日 (月) 09時08分

そんなお花畑みたいな方法があるわけないのは、ご存知でしょう。
だから、結局、「見殺し」にするんですね。

あー、一つ方法がありましたね。
人質の命が助かり、
犠牲者が出ず、
敵国として恨みを買わない方法が。
それは、相手の言うままにお金でも何でも、
要求を飲むことですね。
今回のケースで言えば、2億ドル払っておけばよかったんですね。

まあ、その後、日本人を拉致すれば金になる、
と評判が立ち、日本人拉致が増えるでしょうが、
その都度要求に従えばいいんでしょう。

投稿: makoto | 2015年3月 2日 (月) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/59084219

この記事へのトラックバック一覧です: 改憲のしたじづくり:

« 終末高高度防衛ミサイル | トップページ | 米、イスラエル関係悪化 »