« 梅の開花宣言 | トップページ | 「アベが殺した」 »

2015年1月24日 (土)

イスラム国&『風俗』

 この題をとりあげたのは、ブログ「悲しき世の面影」の最新記事を見たからである。

 それによると、フジテレビ系のニュースワイドショー「めざましテレビ」の画面に、イスラム国の人質殺害予告の指定時間までのカウントダウンを字幕で入れていたということだ。 また、ネット上に例のイスラム国が流した人質脅迫画面を戯画化した画像がツイッターなどに流れているという。

 ひどいものだ。塾頭は、1月8日付で「イスラム敵視の恐怖」を書いたが、そのコメント欄に、フランスの週刊紙・シャルリー・エブドの諷刺画に対して、日本では、「言っていいことと悪いことがある」 「さわらぬ神にたたりなし」といって、いずれも、日本の公序良俗です。――と書いた。

 もう一つ、付け足しておこう。「人の生き死ににかかわることは言ってはならない」。これも醇風美俗である。ところが驚くことなかれ。塾頭のパソコンが安物のせいか「公序良俗」、「醇風美俗」の両方とも漢字転換してもでてこないのだ。

 日本の風俗はここまで変わってしまったのだろうか、視聴者に受けそうなことは何でもする。つまり、文化の新自由主義だ。ようやく探し当てたブリタニカ国際大百科事典から次の文を引用を引用しておこう。

醇風美俗
じゅんぷうびぞく
人情に厚く美しい生活態度,風俗習慣をいう。特に家制度を前提とする日本の社会生活において,人々の守るべき規範,慣習の理念型として長く持続されてきたもので,明治以後の近代国家の指導者は,この観念を国民教育の指導理念の一つとして政治支配体系にまで導入していた。

 醇(風)美(俗)。つまり、風俗なのだ。ところが最近では、風俗というと「風俗嬢」とか「風俗産業」など、いい意味では使われない。塾頭の記憶からすると、かつてはむしろいい意味で使われることが多かった。

 それを変えた犯人は、きっと不粋な法務官僚であろう。講和後まもなくだと思う。「風俗営業取締法」として、「風俗」を取締りの対象にしてしまったのだ。バーやパチンコがどうして「風俗」なのか、そういった連中が「特定秘密法案」を作るのでは、空恐ろしい。

 さらに付け加えるならば、「美しい日本」は、明治憲法でも集団的自衛権でもないのだ。わかってるのかな?――安倍くん。

|

« 梅の開花宣言 | トップページ | 「アベが殺した」 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/58686923

この記事へのトラックバック一覧です: イスラム国&『風俗』:

» 「日本人人質事件」、、、どうも奥歯にモノが挟まった [岩下俊三のブログ]
ネット上では様々な流言蜚語が飛び交っており中にはアラビア語に翻訳されたり、イスラム国関係者とみられるSNSに対して位置情報で特定されることにも配慮せず挑戦的な折り返しの書 ... [続きを読む]

受信: 2015年1月24日 (土) 12時53分

« 梅の開花宣言 | トップページ | 「アベが殺した」 »