« 変身し続ける核武装 | トップページ | 民主党の顔 »

2015年1月 4日 (日)

核廃絶⇒正念場

 日本では、原発再開や輸出に固執する勢力がある。これは、アメリカの核武装堅持を意図するタカ派への無条件追随か、世界の動向に無知なためと思われる。

 塾頭自身、復習の意味を含め、”核武装という「マナ」”、”核武装の変身”と書きすすめ、最後は、核廃絶に向けてアメリカなどを追い詰めている「新アジェンダ連合*」や、国連で発言力を増している各国NGOにスポットを当てたいと思った。 (*ブラジル、エジプト、アイルランド、メキシコ、ニュージーランド、南アフリカ、スウェーデン)

 その前に、今日の毎日新聞記事にご注目、である。

 原爆投下から70年となる2015年夏、広島、長崎の両市が米国の首都ワシントンで「ヒロシマ・ナガサキ原爆展」を共催する見通しになった。ワシントンでの開催は1995年以来。会場は20年前と同じ私立大の予定で、遺品・資料の展示や被爆者の証言を検討している。関係者は「被爆の実相を節目の年に首都で伝えることに意義がある」と強調する。

   両市は95年以降、核兵器廃絶の国際的な機運を盛り上げるため、海外で原爆展を積極的に開催。核保有国の米国、ロシア、英国、フランス、インドの他、核廃絶に熱心に取り組んでいる国を中心に毎年1〜2都市で開き、15カ国43都市で実現した。

 広島市などによると、20年ぶりとなるワシントン展は6〜8月を予定し、会場はアメリカン大を軸に調整。被爆者が渡米して証言する他、志賀賢治・広島原爆資料館長らの派遣も検討している。

 95年は当初、米スミソニアン航空宇宙博物館(ワシントン)で企画された「原爆展」に被爆資料を貸し出す予定だったが、米国の退役軍人団体が強く反発。事実上の中止に追い込まれた。

 今夏は両市の原爆展と同時に、丸木美術館(埼玉県東松山市)とアメリカン大の共催で、画家の故丸木位里(いり)・俊(とし)夫妻が爆心直下の惨状を中心に50年から32年間かけて描いた「原爆の図」を展示することも内定。シリーズ15作のうち「米兵捕虜の死」や朝鮮人被爆者への差別が主題の「からす」など6作品が出品される。

 丸木美術館の小寺隆幸理事長は「国際社会で核兵器の非人道性が注目を集めており、原爆投下による惨状を伝えることは重要だ」と話している。【高橋咲子】

 この記事は、先月13日のエントリー”世界に牙をむけるアメリカ”で書いた時事電のアメリカの顔とまるっきり反対なのだ。

 【ワシントン時事】12日に米議会を通過した国防権限法案に、米国が第2次世界大戦中に進めた原爆開発計画「マンハッタン計画」の関連施設を国立公園に指定する条項が盛り込まれた。近くオバマ大統領が署名して成立し、戦後70年の来年中に「マンハッタン計画国立歴史公園」が誕生する。

 マンハッタン計画は1942年、当時のフランクリン・ルーズベルト大統領の承認を得て始まった極秘プロジェクト。45年7月に世界初の核実験が行われ、翌8月に広島、長崎に原爆が投下された。  法案は「将来の世代のために重要な歴史資源を保存・保護する」と明記。開発の中心地となったニューメキシコ州ロスアラモス、ウラン濃縮が行われたテネシー州オークリッジ、プルトニウムが製造されたワシントン州ハンフォードの関連施設について、1年以内に国立公園に指定すると定めている。

 国立公園化の動きは2003年に本格化したが、被爆地を中心に「核廃絶の願いに背く」(広島市)との懸念が強く、法整備がずれ込んできた経緯がある。法案の議会通過が迫った9日、長崎市は「決して核兵器を賛美せず、恐ろしさを伝える」施設とするよう、ケネディ駐日米大使に要請した。

 民間と国の違いはあるが、どちらもアメリカの顔である。一国主義と多国主義、アメリカの歴史は気づかぬままこの繰り返しである。ブッシュの時代一国主義は最高潮に達した。それを他国主義に振り向けるためには、政治の高度な指導力が必要である。

 新アジェンダ連合などが中心となって、国連総会には核軍縮など多くの決議案が上程される。川崎哲『核拡散』によると、2002年の主な関連決議10件のうち、エジプトとモンゴルの非核地帯設定の全会一致2件を除いて、アメリカは8件にすべて反対、日本は棄権5件、賛成3件だった。

 最近では、日本、NATOなど同盟国でもアメリカと異なる意思表示がされるようにもなった(過去記事”「名誉ある地位」今がチャンス”参照)。戦後70年は、人類の核被爆70年でもある。オバマが来日した際、広島をおとずれるかどうか。世界の潮流に従うか背を向けるかの分水嶺になるかもしれない。

|

« 変身し続ける核武装 | トップページ | 民主党の顔 »

反戦・軍縮」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。今年も宜しくおねがい申し上げます。

以前、「リトルボーイ・アンド・ファットマン」と英字でプリントされたパーカーを持っていまして、これを着てアメリカへ行ったら危ないかな、行ってみようかなと考えてみたことがあります。同じ物を見つけたら買って、「サンクス」の印字を足してみようかと考えております。

いや、やめた方がいいですね…。どちらも無駄に政治的な行動です。

投稿: 元谷駅前 | 2015年1月 6日 (火) 04時19分

元谷駅前 さま
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

塾頭は毎日の回し者ではないが、今日の社説が「人類の悲劇を見据えよ」の題で、結論が「なにより有意義なのはオバマ大統領による広島、長崎訪問ではなかろうか」でした。

鎌倉で抹茶アイスでは歴史に残りませんね。

投稿: ましま | 2015年1月 6日 (火) 07時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/58470822

この記事へのトラックバック一覧です: 核廃絶⇒正念場:

» なんちゃって「日本人論」 [岩下俊三のブログ]
いくら学校で時間切れで教わらなかったといっても彼は紅白の桑田圭祐ではない。このモノクロの古い写真の方は彼とは正反対で「どちらかといえば」現代日本の某晋三総理大臣の方が ... [続きを読む]

受信: 2015年1月 4日 (日) 16時42分

« 変身し続ける核武装 | トップページ | 民主党の顔 »