« マンガと戦争 | トップページ | 変身し続ける核武装 »

2015年1月 1日 (木)

70年前の《今》④

Dscf4307 

一月一日
 遅い朝食(雑煮)をとっていると、平野徹君(平野謙君令弟)来訪。海軍少尉の服装なり。

 やがてまた海軍少尉来る、河出書房にいた飯山君である。聞けば同期の予備学生である。吉川誠一君来る、海軍報道部勤務、海軍ばやりである。

 三君とも夜までいる。平野君ひとり朝まで残る。しきりに死を口にする。フィリピンに赴任するのである。冗談半分で死のことを言っているのかと思っているのかとおもったら、ほんとうに悩んでいるらしい。

 以上、高見順による昭和20年元旦の日記は、文芸春秋社の『敗戦日記』に収録されている。そのもとは、雑誌「文芸春秋」に昭和33年7月号・8月号に掲載されたものである。

 原題は「暗黒時代の鎌倉文士」と「敗戦日記・日本0(ゼロ)年」であった。その分かれ目がこのさき、8月15日にやってくる。

【追記】塾頭がブログを始めてから今年は10年目に当たります。これを機に、当塾副題を「戦争をしたい国よりしない国と組もう! 」に変更します。

|

« マンガと戦争 | トップページ | 変身し続ける核武装 »

戦中・戦後」カテゴリの記事

コメント

サブタイトル変更でございますか?

今年もよろしくお願い致しますhappy01

投稿: 玉井人ひろた | 2015年1月 2日 (金) 16時45分

玉井人ひろた さま
 昨年はおせわになりました。
 ことしもよろしく。

 元旦記事は、あらかじめ作っておいたものを時間指定で投稿したものです。

 いま、孫たち4人と1匹を送り出したところです。

 さあ!、頑張りましょう。

投稿: ましま | 2015年1月 2日 (金) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/57844293

この記事へのトラックバック一覧です: 70年前の《今》④:

» 年頭所感*初夢 [岩下俊三のブログ]
箱根駅伝といえば、、、お馴染みの函嶺洞門が通れなくなったから「参考」新記録というしかないけれど、前人未到と思われていた「あの」東洋大の柏原竜二をこえるような新しい「山 ... [続きを読む]

受信: 2015年1月 2日 (金) 17時58分

« マンガと戦争 | トップページ | 変身し続ける核武装 »