« 岡田克也という人 | トップページ | 核武装という「マナ」 »

2014年12月27日 (土)

官邸の陰湿さ

 翁長雄志沖縄県知事が就任あいさつのため上京し、首相や官房長官に面会を求めていたが応じてもらえず、ホテル滞在を続けていた。しかし「年内は会わない」という門前払い同様な仕打ちを受け、26日夜に帰任した。

 仲井間知事の頃は、ホットラインが通じており、今年度予算は要求額を上回る配布があった(琉球新報)のに対し、菅官房長官はもう、県の来年度概算要求削減を匂わしている。

 これが、圧倒的な民意を背負った沖縄県新知事への対応姿勢だ。安倍首相の「沖縄には丁寧に説明していく」が選挙向けのリップサービスで、「意地悪してしめあげよう」という陰湿さが見え見えだ。

 これが「地方重視」や「美しい日本」の本性かと思うと、がっかりする。

|

« 岡田克也という人 | トップページ | 核武装という「マナ」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

沖縄の地元紙によると、
11月の知事選の約2週間後に、大差で落選した仲井真氏が上京。安倍首相や菅氏らが面談。首相は仲井真氏を「よく仕事しましたね」とねぎらった。
対照的に、翁長氏滞在中の記者会見で沖縄基地負担軽減担当相を兼ねる菅氏は「年内は会うつもりはない」と突き放した。
琉球新報は、『今回「名刺だけでも渡したい」との要望に応じなかったのは、移設反対の新知事に対する意趣返しにしか見えない。』と批判する。
沖縄の小選挙区で落選したが比例で復活した4人の自民議員ですが、
『翁長知事の上京に際し、地元の自民党議員らは政権とのつなぎ役にはならなかった。「敵(翁長県政)に協力する必要はない」との声があるというから、極めて残念でならない。』と報じている。
これだけ沖縄を無視しては、解決は不可能です。

投稿: 宗純 | 2014年12月28日 (日) 15時13分

宗純 さま
追加情報ありがとうございました。

沖縄の人は私が知る限りでは芯が強い。この程度のことで節を曲げるようなことはありえません。

おとなしいことをいいことに、官邸や保守層は、「うちんちゅう」をあきらかになめています。

民主主義破壊は全国民の肩にかかってくる問題です。よってくる結果について、責任はだれがとるつもりなんでしょうか。

投稿: ましま | 2014年12月28日 (日) 15時59分

どんなことになっても“日本国内では暴動は起らない”と、たかをくくっていると大変なことになると思います。

福島県民の私には、なんとなくわが身を見ているような政府の対応に見えます。

安倍(おぼっちゃま)総理、大きな勘違いをしていると、沖縄以外でも来年は大変だと思います。もしかするとまたもや解散もあり得るか?

投稿: 玉井人ひろた | 2014年12月29日 (月) 09時19分

『日米<核>同盟・原爆、核の傘、フクシマ』という本を正月用に買ってきました。¥800+税。それだけの価値があるかどうかまだわかりません。

正月、誰かさんの顔だけはあまり見たくないのだけど、そうはいかないでしょうね。(-_-X)

投稿: ましま | 2014年12月29日 (月) 15時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/58390631

この記事へのトラックバック一覧です: 官邸の陰湿さ:

« 岡田克也という人 | トップページ | 核武装という「マナ」 »